晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:LAN
個人の善徳は、全体の悪徳にもなりうる。全体の善徳は、個人の悪徳とも言う。

「金持ち」とは何か、を考えれば
《使われない利潤を抱えているのは、中流層とエセ金持ち(小金持ち)》と、思えてくる。
使われない利潤を吐き出させるには、預貯金やタンス預金への攻撃が最も効果的と思える。
一方、投機等への増税や規制は、さほど効果は出ないと近頃思えてくる。
何故か?、その答えは複数あるが、あえて絞れば
《投機をする理由は、投機的》だ。

さて、‘使われない利潤’を吐き出させるには、他にも方法がある。
それは‘貯蓄から投資’の精神だ。これは単なる金儲けの話だけでない。

この少子高齢化の時代、限られた人的資源を有効活用する為には、‘淘汰’がより重要になってくる。
その淘汰を担うのが、“投資”だ。
できれば個人の金融政策(資本政策)が、間接投資(銀行への預貯金)から、次代を担う資格ある優良企業への「直接投資」に変わっていけば、と願う。
直接投資の普及は、国民全体の(‘選別と淘汰’に必要な)知性の底上げを伴うものだからだ。
そして直接投資が根付くには、素人的失敗を減らしていく必要がある(底上げ)。
その為に「お金に関する知性」を、早期に学ばせるべきだ。
その点、ぎったんばったんさんが言う‘ファイナンシャルプランナー必修化’も1つの手と言えよう。
投稿者:早雲
ぎったんばったん さま、こんばんは。

>「学校でファイナンシャルプランナーの資格を取る事を義務化させなければいけない。」

意味が理解できません。
投稿者:ぎったんばったん
「学校でファイナンシャルプランナーの資格を取る事を義務化させなければいけない。」

紙切れであるお金をタンス貯金にしてほくそ笑むのは、紙幣が金融商品の『保険』として機能しているからである。
貯めているお金は世に出回らず個人の為に立派に機能している。しかし、当の本人はいくら保険であるお金を残しておけばいいのか多分知らない。
発生しいている元が『不安』なのだから、インフレでもデフレでもまったく関係がない。
貯めれる者は貯め、使わざるを得ない者は使うのだろう。
ただ、保険を掛ける(残す)上限の計算は知るべきだ。
でなければ、タンス貯金の問題から解放される国はない。
投稿者:早雲
hontinoさま、こんばんは。

>痛みはほとんどありませんでした。

それは幸いでした、昔、親父が苦しんだのを見たものですから気になりました。
体力が落ちたりすると再発するようなので無理なさらずご自愛ください。
投稿者:hontino
お見舞いコメントありがとう。私は痛みはほとんどありませんでした。
投稿者:早雲
愚樵様こんばんは。

>価値観の転換は、ひょっとしたら右側の方が早いかもしれませんね。

私もそう思っています。
いわゆる、左翼には残念ながら「身体性」が希薄で観念論に終わってしまう傾向が有るように感じています。

>格差社会に反対する左翼にこそ

私も期待するのですが。
投稿者:愚樵
改めて読んで、改めて納得。
価値観の転換こそ、必須。

早雲さん、そしてあっしらさんはずいぶんと前からそれを指摘されていますが、「価値観」というものは存外根が深いものですね。最近、しみじみと実感です。
格差社会に反対する左翼にこそ、そうしたパラダイム転換を期待するのですが、観念論で片付けられてしまう。残念です。
価値観の転換は、ひょっとしたら右側の方が早いかもしれませんね。

http://gushou.blog51.fc2.com/
投稿者:早雲
ナルトさま、こんばんは。
はじめまして。
こちらこそよろしくお願いします。
投稿者:ナルト
早雲さま、始めまして。TBありがとうございました。三輪さまのエントリで紹介いただき、貴エントリ読ませていただいておりました。
貴殿の説かれる発想の転換ができない限り、富は上層部に集中しながら、より先鋭化し、最後は地球を蝕んで終わりますね。
先が見えているにもかかわらず、日々の生活に追われている自分自身に歯がゆさを感じます。
ブログを始めて以来、政治系エントリが多い私ですが、学生時代から資本主義の行き着く先には興味を持っておりましたので、貴殿の主張されていることが良く分かります。
貴殿と同様の「視点」を我が物とするため、これからも勉強させていただきますので、よろしくお願い致します。


http://dnalt.iza.ne.jp/
投稿者:早雲
ニケさま、こんばんは。
お手数おかけします。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ