晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
「き」様

この中西という方、お気の毒ですが、日常生活に支障を来していないだけマシといった状態の方ではないでしょうか?
もっとも、人間、これだけ“偉く”なってしまうと陰に日向にいろいろ面倒をみる方がいるのでしょうから、自覚されない事が多いのかも知れませんが、正直、ご家族はお気の毒と思います。
こういう他者に迷惑を描けたり傷付けたりしなければ自らのアイデンティティを維持出来ないタイプというのは、最も卑近な例としては、DVに走る人間ですね。少し負荷が掛かるだけで回りの人間に当たり散らす。
この中西という人物が日常生活において推測通りの人物かどうかは分かりませんが、自分が少なくとも理性的と思って発している言葉がこれですから。「推して知るべし」という状態かと思います。発する言葉をいちいちまともに相手にしていたらキリがないんですね。
この手の方々は、どこで認識違いをしたのか知りませんが、日本の過去に瑕疵があったと認めたからと言って、その反作用で米国のした事が免罪されるなどという事はあり得ないという発想を持てないんですね、きっと。
米国は歴史による断罪待ちですから慌てる事はないのだと達観するぐらいでないと。
投稿者:にいのり
こういうツイッターの纏めを読ませていただいていると、いろいろ言いたいことが出て来ますね。
まずは、我が国の宰相たるもののバカさ加減を教えていただいて、ありがとうということ。
続いては、だが、いくら驚き呆れ果てることであっても、それを批判する側も2chレベルに堕ちていたのではマズくないですか、ということ。
吉本隆明は、自身の発行していた『試行』誌において、べらんめぇ調の時事批評を連載していましたが、口喧嘩の文体というのを非常に意識していましたね。
どういうものが鑑賞や批評に耐え得る現代口語の文体とみなせるか、という点です。
彼が言うには、『ロッキングオン』という洋楽を中心としたロック雑誌があるのですが、そこで海外のいわゆるロックスターらがインタビューで語ったものの邦訳が文体的に優れていると。
さすがだと思いました。
申し訳ないのですが、皆さんのは、(三宅氏は別として)口語ふうに書くことを意識し過ぎてか、“敵”のレベルに合わせているのか、子供の口喧嘩レベルの文体にまで堕ちている。皆さん、優秀な方のはずなのに。
勿論このツイートばかりじゃありません。
要求過多かも知れませんが、優秀な方々にはその辺りも注意を払っていただきたい。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ