晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:shige
国際金融資本の「世界新秩序」とグーグルの「エレガントな秩序」との関連性について、ご見解をお聞かせ願いたく存じます。

『グーグル的思考』という本はご存じでしょうか。「グーグルだったらどうするか?」という問いかけをすることで現在の問題のほとんどは解決する、と主張する本です。

Googleはウェブ上に散らばるあらゆる情報に秩序をもたらしました。Facebookという世界最大のSNSは複雑な人間関係というものに秩序をもたらしました。彼らは自らが作りだしものを「エレガントな秩序」と言っています。

この根源にあるのは、リンク、透明性、オープン性、信頼、知恵、ニッチ、ネットワーク、スピードといった原則のようですが、彼らが標榜する秩序と、早雲さんが常々指摘される世界新秩序にはどこか似たようなものを感じるのですが、いかがでしょうか?

漠とした質問になりますが、なにかお気づきになる点がありましたらご見解を頂戴できますと幸いです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569708196/ref=s9_simx_gw_s0_p14_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-3&pf_rd_r=1GHBNZZYFNW7RQAWBNK3&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376776&pf_rd_i=489986
投稿者:早雲
戦費の捻出さま、こんばんは。

>エコシステムに基づいた「正気の文明」の可能性に言及しているからです

そのようにおもいます。
「正気の」というよりも人間の本源的な性質に根ざしたということでしょうか。
投稿者:戦費の捻出
石原莞爾は研究しなおさなければなりません。エコシステムに基づいた「正気の文明」の可能性に言及しているからです。満州国建国に続く流れはむしろ石原の理念が我利我利亡者にのっとられたものと見ています。あるいはドイツ時代にフリーメーソンと近接していたのかもしれません。構想に国際金融資本との近接も感じます。満州国は国際金融資本と話がついていたはずなのに、ずるずると中国との戦争に引きずり出されていったところをみると共産中国:ロックフェラー 中華民国:ヨーロッパロスチャイルドの世界闘争の中で引き裂かれていった可能性を感じます。それに気がついて敗戦後、絶対平和の未来文明を志したのかもしれません。彼の文章は読めばわかりますがきわめて高潔な調子で真摯に書かれた次元の高いものです。一度読まれることをお勧めします。こういう高級な、遠慮の無い文章を戦後の学者が書いた覚えはありません。彼らの文章には必ず「ここまでは大丈夫だろう」という自己抑制、つまり米国のトラの尾を踏んでいないかを絶えず慮りながら書いているので文章に誠意とリズムが無いのです。戦後の学者の文章をいくら読んでもなにもわからないのは他人の(米国の、金融資本の)正義をもとに書いているからです。
ご参考までに

http://www.aozora.gr.jp/cards/000230/card1154.html

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ