晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:宮地 達夫
何故 報道の自由の問題が宗教の話になるのか了解できませんが

アトランティックに  Reilly Butler/Flickr が 風刺の乱用と題する記事を掲載し ワシントンポストが それに反論する論説を出した 風刺の乱用の要旨は Charlie Hebdo,が風刺したムハンマドに代表されるムスリムー世俗か過激に関係なくーは 社会から疎外され 無力化され発言を封じらた(サルコジのパリ郊外のムスリム居住区への弾圧を思い出せ)人々 ダウングレードされた人々であり 言論表現至上主義者達に利用されて 大規模な「表現の自由を守れ」のデモがすぐに 民族主義者・反移民主義者達に乗っ取られ フランス―ルペン―やドイツ デンマークなどでは極右政党がこのデモに勢いを得たのは当然だった 昨日のダラスでの預言者風刺画展での発砲は米国極右団体が主催する展示会への抵抗であり 被抑圧者の抵抗でしかない 主催者は普通の人の使う「表現の自由を守れ」と言っている
要するに オバマが言うように テロリストの大部分は 貧困と絶望と差別に苦しんでいる人々である。オバマのこの有名な反テロ演説は 続けて彼らに人権を与えるか鉄槌を下すしかないと結論しているが。
彼らの極端な行動は 換言すれば 失敗を運命つけられた一種の階級闘争でしかない。
 日本人も「憲法を守れ」と言っているが 右翼に利用されないように気を付けよう
それには 権力を縛るのは憲法というだけでなく 社会全体の闘争であるという事を忘れないように 沖縄の辺野古反対運動とか 原発再稼働拒否の判決は 社会が議会とか憲法に「縛られず」に続いている社会運動ではないか
投稿者:北斗七星
加藤貴史様

詩篇82-6

わたしは言う、あなた方は神だ、
あなた方は皆いと高き者の子だ。
(1955年改訳版 日本聖書協会)

こう言う記述がありますから、自分達が神であると妄想している人達がいろいろな陣営に居るはずですね。

より新しい新共同訳ではこの部分が

私は言った、「あなた達は神々なのか
皆、いと高き方の子らなのか。」

となっていますから、明らかに「おまえ達はそれでも神々なのか?」ですね。

83-12では
彼らは言います。「神の住まいを我らのものにしよう」と。

と書かれていますから、神の権威を乗っ取った輩が居て、互いに敵になって聖戦を主張している。更に想像すれば、それらをあやつる更なる偽神が居る。

投稿者:加藤 貴史
>私が、「自分の頭」で「聖書」を読めば、「IS」は「万軍の主」の手の内にあり、「主」に背く「主の民」に対して振るわれる「いましめのムチ」として残忍な殺戮を繰り返す事をゆるされていることが解る。

私なりに読み解けば、「万軍の主」はアメリカ(及び連合国)に巣食う軍産複合体であり、「主の民」とはジャーナリストや一般国民だと思う。少なくともISが服従しているのはイスラム教本流ではなさそうだ。
投稿者:北斗七星
自分の頭

自分の頭が真理の全てを把握していて、全知だと妄想する時、その人はファシストになるのでしょう。その狂人が全知でないことは、様々な質問を投げかけて答えを求めればすぐに解る。

その人間が正真の狂人であるか、そうでないかは質問に答えられなかったその後の態度で判断できる。
この種の狂人は、なにも右翼だけに特徴的に現れる現象では無く、全ての権力好き人間に現れる現象です。右であれ左であれ、中道であれ民主であれ、プロレタリアートであれ。

ファシズムは宗教的信条と結び付いた時に最も強固なものになると思う。日本には国家神道と偽日蓮主義が結び付いて猛威をふるった末に負けた過去があり、今また、極右自民と創価=偽日蓮の結び付きは知るところとなっている。一連の流れの行きつく果ては想像に難くない。

日本の右翼及び自称キリスト教国アメリカは反共主義に凝り固まっている。この点で極右翼日本とアメリカは価値観を共有しているのだろう。非暴力的に達成された理想としての共産社会ははたして悪だろうか?、話し合う価値はおおいにあるどころか、最重要な課題だと思う。

また、当面の敵である「IS」は真実の敵であるのか?という問題がある。
私が、「自分の頭」で「聖書」を読めば、「IS」は「万軍の主」の手の内にあり、「主」に背く「主の民」に対して振るわれる「いましめのムチ」として残忍な殺戮を繰り返す事をゆるされていることが解る。

世間一般の倫理道徳では計り知れない世界がそこにある。
投稿者:鎌田 徹
>石破茂「党内における言論は自由であり、それを弾圧すべきではありません・・・」
は、メディアを統制すべきという言論も自由ということ、逆に使っている。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ