晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:宮地 達夫
アメリカに追随すれば破滅する
米国の戦後軍事戦略は 冷戦期は対ソ連 対中国 それに世界で多発した民事族自決運動(ベトナム戦争など)で ソ連崩壊後のポスト冷戦期では ソ連や米国で抑圧されてきた少数民族・アフリカ・中南米・中東での「解放闘争」を粉砕することにシフトした。しかし ベトナム解放闘争以来米国は外国での戦争や対ゲリラ・対テロ戦に勝った事は一度もない。ゲリラやテロリスト(実際は被抑圧者の階級闘争)の軍事戦略は 米国型の大型正規軍戦と違い 住民に溶け込み そこから自由に出撃するというスタイルで米国型の空爆やシリア応援では対応できないという事である。それに中東は利害が錯綜して 介入しても誰を支援しているのかさえわからない。米国の主な目的は石油だが どの勢力を支援すれば石油を確保できるのさえ米国自身にもわからない だから日本はこのような複雑な利権の絡む中東に米国に追随して介入しても 自国の利害がどこにあるのさえわからないだろう。いい加減米国に追随するのをやめて 独自の中東外交を形成すればいい。非武装のNGOやフリーランスは既に多数中東に入って活動している。彼らを支援することに限定した方がいいだろう。
投稿者:宮地 達夫
ニューヨークタイムズから
Shinzo Abe’s Bid to Redefine Japan and Its Military Has Echoes of Family History

http://www.nytimes.com/2015/08/14/world/asia/japan-military-shinzo-abe-family-history.html?ref=asia

岸の理念を復活することを目指しているという内容

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ