晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:
>三浦半島ガス異臭・・・南海トラフ地震前兆?
http://matome.naver.jp/odai/2159798963434767201
http://www.youtube.com/watch?v=qgjZHORXf50
投稿者:野坂三蔵法師
本家ドイツでは移民反対運動が次第に先鋭化。このままでは、メルケル首相がガス室送りになりそうだ。
投稿者:にいのり
北斗七星さま

おっしゃるとおりかと。

逆に言えば、私のような法だの政治だのがそもそものはじめから大嫌いな人間が、一生懸命何かを語らなければならないと思ってしまっている時点で、この国は危機的状況にあるんだという事だと思います。


(個人的で個別的な人生として我が身を振り返るなら、私のようなものは、若い頃は法に無関心どころか、法文というようなものを軽視、軽蔑していたような種類の人間で、こういう状況に一人の国民として自分自身も含まれる事態になってみると、若い頃は、とにかく何でも一通りは目を通しておくべきだったなと、つくづく思いますね)
投稿者:北斗七星
>普通に生きている限り

にいのり様、おひさしぶりです。

彼らにとってはあの所業が普通であり、我らには異常と映るということなのでしょうね。
異常の日常化が進み、狂気が正気に映り、正気が狂気に映る時代の再来というよりは、狂気が平和と戦乱というコサインカーブを描いているのではないかと思います。

10/3東京新聞(今週のことば 松本彰男)
より抜粋
「人間とその仕事全ての中で、最も人を不安にさせる政治が、風景の中でほとんど場所を占めていないのを知ると、わたしは嬉しくなります。」(H・D・ソロー)

注:風景=自然の風景

『森の生活』で知られるこの思想家は、アメリカの奴隷制度廃止のために挺身した市民主義者でもあった。提示文は晩年の講演集『歩く』より。
投稿者:にいのり
普通に生きている限り、こういう議事録改竄などという事は、それが国会であろうが民間のヘボ会議であろうが、やらないのが余りにも当たり前であり、その意味で、想像を絶している部分がある。
映画やドラマなどで、良く目の前で余りにも堂々と犯罪行為が行われると、一瞬事態を呑み込めず立ち尽くす、茫然と犯人を見送ってしまうなどという描写がなされるが、まさにそんな感じだ。
「うわっ、で、オレはどうすればいい?」という感じ。
いったいこういう行為について、我が国の法が、そして司法権限が及ばないとするなら、他国ではいざ知らず、少なくとも我が国は法的な欠陥国家と言えるのではないだろうか。

国会法や関連しそうな法文など、私など読んだこともない痴れ者だが、皆さんのおっしゃる通り、これは犯罪要件を構成しているのではないですか?
少なくとも、国民全般が知らぬままに捨て置かれるのは許されないはずだ。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ