晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:豚猿河童
寿司屋でなくて安心しましたか?投稿者:ut
さま。
恐らく被害者が日本人でも在日ダ〜!背乗りなりすましダ〜!で片付けたいんでしょうネ!?
もしかして東京で『テロ』発生してもリトル東京ダ〜!ってか。



投稿者:ut
結局寿司屋だってのは嘘だったね。
投稿者:北斗七星
マジで頭のおかしいテロリスト

それを言うなら、マジで頭のおかしいテロリストとマジで頭のおかしい反テロリスト勢力の対立なのでしょうね。

ところが、片方は「まとも」と見られている。

法華取要抄(日蓮)
涅槃経に云く「譬へば七子あり。父母平等ならざるに非ざれども、然も病者に於て心即ち偏に重きが如し」等云云。七子の中の第一第二は一闡提謗法の衆生なり。諸病の中には法華経を謗ずるが第一の重病なり。
投稿者:通りすがりの
海外の目を気にするのもいいですが流石にマジで頭のおかしいテロリストからの好感度とかは除外しましょうよ。
ISISはイスラムの代表でも何でもないんで彼らの一方的すぎる価値観を基準に
「イスラム社会にとって日本は〜」と語るのは寧ろ迷惑でしょ。
投稿者:加藤 貴史
>今後、全世界のイスラム勢力がアッラーの下に団結して行き…

国民国家の前の段階である「宗教」という大きな物語の復活ですね。国民国家が急速に解体過程に入り、サイクス・ピコ協定の効力が消滅しつつある今、より大きい拠り所となると宗教しかない。となると有力なのはイスラム教だろう(キリスト教は神道化してダメ)。これに現在のグローバリズムを先導している多国籍企業及び金融市場、日米を主にした軍産複合体なる「利益追求型中間集団」(=疑似国家、ただし利益追求そのものが目的の為、国家どころか宗教の代わりにすらならないシロモノ)が抵抗するという構図だろう。イスラム過激派はイスラム教潰しの刺客的存在であり、現自民公明政権は明らかに利益追求型中間集団寄りだ。
投稿者:通りすがり
同じハンドルネーム使われると非常に迷惑ですね
そろそろ変えようかな
それは兎も角

安保改悪の危険性と今回の事件がダイレクトにリンクしてるのは
このサイトの一連の記事をよく読まれてる方なら誰でも御存じかと
最近やけに増えた脊髄反射が御得意の方々は先ず過去の記事を読んでください
話はそれからだ

とはいえ読みゃしないでしょうね
「安倍政権を持ち上げるためならXXのテロも引き合いにする」なんて
まさにあちらさんの常套手段のように思えてならないんですが

それどころかこういうテロが日本で起こったらいけないから
緊急事態条項を云々なんて話に諸手を上げて賛成しちゃうんだろうなと
オレオレ詐欺と同様で無知で騙されやすいからて同情に値する段階などとっくに過ぎましたよ
投稿者:にいのり
エリック氏は、日本のネトウヨにツイッターを炎上させられたらしく、心中お察しします。
彼らネトウヨが擁護したくてたまらないらしい安倍晋三氏ですが、彼はどうやら欧米諸国と共通の価値観を有しているらしいのだが、果たしてどういう「共通の価値観」なのか、少なくとも特殊な日本国民以外にはさっぱり分からないというのが実情でしょう。ましてや外国人においてをや。
事実、彼は、日本国憲法の事を「お粗末」だか「ふざけた」だか忘れてしまいましたが、そういう憲法だと確か公の場で口走っていた。
どういう事なのかと、呆れる思いで「自民党憲法草案」なるものを見ると、「立憲主義」を蔑ろにし「人権」を極力制限するような内容になっている事に二重に驚かざるを得ない。
現在のフランスが、自らの理想として高く掲げた人権思想に相応しい国になっているとは、とても思われないが、それでも、仮にオランドがフランス共和国史における一流の大統領ではなかったとしても、彼が「フランス人権宣言」や「フランス憲法」を「ふざけたものだ」などと言い出す事は想像出来ない。
自民党憲法草案の起草者は、どうも「自由・平等・友愛」というフランスの基底的価値観に齟齬を抱いているようだが、どういう事なのか。説明が必要だろう。
投稿者:マイク
名無し様
支離滅裂な事を言われてるのは貴方ですよ。
「難民支援したから日本人が殺害された」とか言われてるんじゃなくISと交戦してる側に立って相手を挑発する様な発言を人質を取られてる国の首相がされるのは可笑しいという事でしょ?多くの唯テロとの戦いを口実にして国益を追求する欧米諸国とテロリストの戦いに巻き込まれた無辜の民を人道の立場から一定数受け入れる事が安倍氏の言われる本当の「積極的平和主義」そして今回日本の寿司店が狙われたならそれは安倍氏の年初の無思慮な発言に拠る物。何も支離滅裂じゃないでしょ?
投稿者:北斗七星
新帝国主義=グローバリズム

今後、全世界のイスラム勢力がアッラーの下に団結して行き、このグローバリズムの最大抵抗勢力に成長してゆく可能性を想像しています。

キリスト教トというのは、禁止されている侵略、報復、異端狩り、冨の過剰な蓄積等、出鱈目な教義を武器にして帝国主義路線を推進してきた訳ですが、新自由主義=新帝国主義=グローバリズムというのは、その路線の総仕上げ的な意味を持っているのだと考えます。

わたしが思うに、自由と言うのは「神による束縛」から逃れるという意味が強いのです。新自由主義は更にそれを強めているのですから、神の怒りも強くなるのは当然です。テロとの戦いは正義のように見えますが、その実は「神と敵対」する行為となると言えます。

そんな神など居ないと言うかもしれませんが、それこそ勝手です。

ユダヤ人は実際「神に背く」種族であることが窺えます。
イザヤ
28-15:お前たちは言った。「我々は死と契約を結び、陰府と協定している。洪水がみなぎり溢れても、我々には及ばない。我々は欺きを避け所とし、偽りを隠れがとする。」


30-01:災いだ、背く子らは、と主は言われる。彼らは謀を立てるが、わたしによるのではない。盟約の杯を交わすが、わたしの霊によるのではない。こうして、罪に罪を重ねている。
30:02彼らはわたしの託宣を求めず、エジプトへ下って行き、ファラオの砦に難を避け、エジプトの陰に身を寄せる。

31-01:災いだ、助けを求めてエジプトに下り、馬を支えとする者は。彼らは戦車の数が多く、騎兵の数がおびただしいことを頼りとし、イスラエルの聖なる方を仰がず、主を尋ね求めようとしない。

31-02:しかし、主は知恵に富む方。災いをもたらし、御言葉を無に帰されることはない。立って、災いをもたらす者の家、悪を行う者に味方する者を攻められる。

この31-02の言葉を重要視すれば、以前の「災いだ」とされる言葉が軽くなり、「災いだ」を重く受け取れば31-02の言葉はかるくなる。こうして争いが生じてしまう。

どの様に読むかといえば、

「立って、災いをもたらす者の家、悪を行う者に味方する者を攻められる。」

これは神の領域。人間が行う事では無いと読めばよいのではないでしょうか。
投稿者:通りすがり
安倍政権を叩く材料にできるならパリのテロも引き合いにするって最低な行為だと思いませんか?
安倍晋三がどうこうよりも一番批難されなければならないのはイスラム過激組織です。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ