晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:とろ
確かに自公も野合かもしれませんね。

でもどっちがいいかと言われれば、
自公の方が共産民主の野合よりはましでしょうね。
投稿者:マイク
サイモン様
安倍政権が推進する現実的な経済政策とやらで
今現在国内の消費という重要な経済指標が改善されましたでしょうか?安全保障ももはや
米国の中東政策が破綻した結果テロの脅威が拡散しその結果米国が「世界の警察」(まあこれは建前だが)から降りようとしているのが
現実であって日本の「安保法」は米国の補完
或いは残務整理をさせられるというのが実際の所。だから国会の参院委員会でもああいう
見苦しい採決とならざるを得なかった。
論理的整合性がないのを共産党他の野党に突っ込まれ世論調査でも多くが疑問を持つという
状況下でのね。
野合というのはそもそも本質的に違う自公が
政権の旨みを共有する為だけに結びついてる姿を言うのでは?
投稿者:サイモン

 ただ反基地・反安保と叫ぶだけでは生活できない。それが宜野湾市民の民意。
 反安倍政権・反安全保障法制だけで ただ反基地・反安保と叫ぶだけでは生活できない。それが宜野湾市民の民意。
≫まず 普天間撤去が、宜野湾市民の民意では?

 反安倍政権・反安全保障法制だけで共産党と野合すれば、国民はそっぽ向く。
本気で参院選に勝つ気があるなら、現実的な安全保障政策と経済対策を立てろよ。共産党と野合すれば、国民はそっぽ向く。
≫「共産党と連携は無理」と国民が発信してましたか?

参院選に勝つ気があるなら、現実的な安全保障政策と経済対策を立てろよ。
≫安保下で 侵略があれば 米軍が 守ってくれる?
≫野坂参三法師様は 今も『バイマイアベノミクス』ですか?
投稿者:にいのり
甘利氏の問題は重大な問題だと思いますが、捜査権のある組織がそれこそ粛々と捜査し、司法に委ねるべき問題だと思います。
だが民主党を始めとする野党は結局「予算やTPPをうやむやの内に通すかわりに甘利の首をとる」みたいなことをやろうとしているわけです。
いったい、なぜ、特捜部は、小沢の時みたいに電撃的な強制捜査を甘利の事務所にかけないのですか?
もう、これだけでおかしいでしょう。
ネットの口さがない連中は、「甘利が辞任したところで民主党の支持率は上がらない」などと言っておりますが、事実その通りだろうとしか思えない。
甘利など交渉人役を言い付け通りにやっていただけだ。
何もかもが目眩ましだと思っていた方が良い。
国民からの信頼が篤い訳でも無ければ、何の政治的実績もなく、発言からも何の知性も徳も感じられない前原や細野などといった人間が、なぜ妙な力を持っているのか。「誰か」にとっての「便利屋」として重宝だからでしょう。その「誰か」が実際のところ「誰なのか」、情報がなければ特定は不可能だが。
「甘利スキャンダル」に目眩ましされて、またぞろ様々な事がいつの間にか決定されていく。
顕教型翼賛に対する密教型翼賛なんですよ、結局。
投稿者:野坂三蔵法師
 ただ反基地・反安保と叫ぶだけでは生活できない。それが宜野湾市民の民意。
 反安倍政権・反安全保障法制だけで共産党と野合すれば、国民はそっぽ向く。本気で参院選に勝つ気があるなら、現実的な安全保障政策と経済対策を立てろよ。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ