晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:豆かん
にいのり様
私の様な者に毎度ご丁寧にレスして頂き有難うございます。投稿コメントは欠かさず拝見しておりますが、その所為かこの頃は私の考え方や文体も感化されてしまったようで、以下はにいのり様の二番煎じのような内容かもしれませんがご容赦下さい。

http://sun.ap.teacup.com/souun/19309.html

公述人が呼ばれた相手により言を左右するという話で、こちらの記事の豚猿河童氏のコメントを思い出しました。仰るような「公平中立型詭弁術」の指南役として当てはまりそうなのは、この証券会社の詐欺的手法を実践あるいは奨励している新自由主義信奉者、御用経済学者辺りでしょうか?

彼らも「お客様」の前では公平中立な立場にあるかの如く振舞うわけですが、実質との乖離、社会的責任や影響力の意味において、公職たる国会議員がそれを手本にして真似る事の悪質さが比べ物にならないのは、彼らの本音を豚猿河童氏のコメント風に表してみれば判る。

「五千万円以下の納税者はゴミ」

「乳児にも等しい議員不適格者」で笑ってしまいましたが、お仲間がこの手の連中なら足立などはもはや不適格どころか我々国民の敵対存在と見ていいレベルで、「大人への明確な敵意を持ってむずかる赤ん坊」(笑)ほど手に負えない存在は居ないでしょうね。本当に笑い事ではなく。
投稿者:にいのり
豆かん様

スミマセン、追記させてください。
豆かん様の強調されている事、つまり「詭弁術の一つとみなせる政治的公平性の要求」(に警戒すべき)というご意見、おっしゃる通りかと思います。
別のサイトで、足立なる議員の全発言を書き起こしたものを読みましたが、要するに「公述人は政治的に公平中立たるべきだ」みたいな事を言いたかったようですね。
仮に公述人が、民主党に呼ばれたら民主党の喜びそうな意見を、おおさか維新に呼ばれたら、おおさか維新の喜びそうな意見をと、その都度、言を左右するような事を言うのであれば、「公述人としてどうか」という批判はあり得るかとは思いますが、郷原氏のように自頭で構築したプリンシプルをきちんと持っている人物をつかまえて、妙な詭弁を用いても(誹謗中傷語を削除したところで)全く効果的ではないという点に気付いていないらしい姿がかなり恥ずかしいですね。
高市なる総務大臣も同じような詭弁で恥さらしをしていましたが、"お仲間"に詭弁術を指南するような背後の存在を推測させますね。
総務大臣にあっては、「電波の停止」などという威嚇をしてる暇があるなら、「マイナンバーを停止するか否か」で頭を悩ますべき局面でしょうに。
投稿者:にいのり
豆かん様

私も以下の投稿をしてから、いろいろ調べてみましたところ、どうやら、そういう経緯もあるようですね。
だが、そういう事は、わざわざこちら側が親切に調べてやりでもしなければ見えて来ない訳で、まぁ、とにかく表現が稚拙過ぎてどうにもならないんですね。
例えば、私たちが乳児と向かい合った時、どうにもむずかって手に負えないような時ってありますよね。
そういう場合、大人の方が「どうした、どうした」と大騒ぎして原因を探ろうとするのですが、日頃、その赤ちゃんとコミュニケーションをとっている母親なら「あら、おむつが濡れて気持ち悪かっただけよ」みたいなオチになったりする。
赤ちゃんは、まだコミュニケーション能力が発達していないから「事情に疎い人には理解不能のむずかり」も許容される。
だが、普通の大人社会では、それでは通用しない事は多々ある。ましてや、国会議員においてをや。
この足立なる議員、「言い過ぎだった部分は削除させてもらう」みたいな事を言ったらしいが「発言の削除」という事がどれほど重大で不名誉な事か、そんな事すら自覚していなさそうだ。
乳児にも等しい議員不適格者なわけですよ。
遅過ぎる懲罰動議が出された由。
投稿者:豆かん
>何がにくらしくて

どうも九州電力のやらせメール問題絡みで郷原氏は経産省と因縁がある様ですね。で、足立議員の前職は経産省の役人と(多分に漏れず日本会議系)

詭弁術の一つとして「公平中立・両論併記が大前提だと言い張って議論自体から逃げる」というのも付け加えるべきかと思います。私の知る限り、TVなど公の場でこういう事を声高に訴える輩が悪党でなかった試しがない。植民地右翼(この言葉気に入ってます)のチンピラ小役人に法理を説いても馬の耳に何とやらだ。

郷原氏の言われる司法と国会の関係の在り方含めこの件は広く問題化すべきでしょうが、その前にまず「両論併記」に何となく同調してしまう国民性から脱却しないと始まりませんね。
投稿者:にいのり
この、おおさか維新の足立なる議員は、何がにくらしくて郷原氏に暴言を吐いたのか、全く理解不能です。
しかも、表現が稚拙過ぎてお話にならない。
郷原氏相手に「政治家だ、政治屋だ、売名行為だ」って。
「はぁ??では、おおさか維新で議員やってるあんたは何なんだ」という話なんで。自党の創立者の一人である前大阪市長が、TV朝日系列の番組のレギュラー出演者に決定したようだが、その人物に向かって言った方がはるかに効果的な罵倒になったのではなかろうか。
「自分達に向けられるべき罵倒語を、先回りして辺り構わずぶつけまくる」…これ、詭弁テクニックの一つなんでしょうかね。
まぁ、それはそれとして、「おおさか維新」なるものにとって本当に深刻なのは、本日(2/26)発表された「国勢調査」の結果なのでは?
大都市圏で唯一、人口減少に転じているのが大阪だそうだ。
これは私の想像だが(誤っていれば訂正していただきたいが)、自然減もさることながら、転出の結果でもあるのでは?
仮に私の想像が事実だとすれば、それこそが「ふわっとした民意」なるものとは無縁の「賢明な民意」の出した結論とみなすべきではなかろうか。
大阪の皆さんには是非現実を直視していただきたい。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ