晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:名無し
ライフラインである琵琶湖の水がめを原発汚染水から守ることや地熱波力海洋発電小水力バイオマスバイオガス等代替えがあるのに福島原発事故のあった誰も責任取れない危険すぎる原発は人の手に負えず稼動させない方がよい。
それに原発再稼動すれば日本の核無力化の先制攻撃で日本守るはずの日米安保に日本が攻撃されて日本終わります。ゆえに日米安保も原発並みに危険だから日米安保や軍という犯罪装置も廃止した方が良い。
軍を持つのをやめ自衛隊を解散人命救助に特化したサンダバード化すれば平和主義の一つの再現となり侵略される理由は無くなる。
もう一つの侵略を防ぐ意味で核である原発をやめることで6ヶ国協議を主導し核なき世界をPDの敵対から友好への流れで武器を使わない人を殺さない人間の安全保障を確立すると日本は国際貢献で世界から感謝される。しかし安保法等自衛隊米兵を殺し民間人を虐殺する軍事的安全保障に依存したままだと歴史の反省の無い日本は中国民主化を進められず使えないと国際的地位が低下したままになるだろう。安部自公の独裁を許せばそれこそ日本は侵略されかねない。
だからこそ自公政権による改憲にNOを出す。
集団的自衛権を放棄し米中露の大国どちらにも付かない知恵が9条を活かした日本の友好国で軍を持たない集団安全保障を確立したコスタリカを見習った永世非武装中立による平和主義の体現であり民主主義の広告塔となる道である。
投稿者:ワイワイ
最高裁事務総局の判断も、東電福島福原発事故で変わる可能性があるのでしょうか。ないとしたら日本の司法司も絶望的です。
投稿者:武尊43
>行政庁の判断を尊重して審査にあたるべき
これが失敗だった事が証明されたのが、フクシマだ!最高裁も大いに反省しろよ、という話だわな(怒)
それにしても経産省の高級官僚辺りでは、今回の停止後にも、最高裁まで行けば動かせる、という話をしている連中が居るらしい。
これもチョッと勘違いかなぁ、と思うんだな。確かに滋賀県の分は動かせるようになってしまうかも知れない。しかし京都など他県が順番に訴訟を起こせば、また止められる可能性は有るんだよね。そうなりゃあまたゾロ停止させられる訳で。こんな状態を続けるのは、本当に危険だと思うよ。
又ムラの連中は裁判所に依って逆の判断が出るのは良くない、みたいな発言をしているのが居る。しかしそれは大いに間違いだ。裁判官は法律に則って判断しているだけ。その法に合わない証明をしている企業こそ間違いなのだ。そしてそれを許してしまっている規制庁こそ間違いの根源だということだ。
投稿者:にいのり
この記事は、本当に恐るべき記事だと思います。
日本の行政のみならず、司法や立法ですら歪める(非公式)権限を有する者たちが「匿名」であって良いとする(他国はいざ知らず)日本国の異様な慣習の決定的場面について述べているものだからです。
「保育園落ちた」ブログは、匿名の出処不明の資料だからとの理由で、国会におけるパネルとしての掲示を許諾されなかったとの事。
だが、日本の行政も司法も恐らく立法も、公式の権限など持たない(あっても極めて限定的かつ慎重に行使されるべき)匿名者たちによって専横、専断されて来たのだ。
その一断面が
>最高裁事務総局行政局担当官が「原発で排水管の破断などの事故が起こる確率は極めて少ない」
と言った事が司法判断全体に影響するなどという目を覆わんばかりの惨状だ。
どんな"エビデンス"に基づいて、奥の院だか何だか知らないが、こんな一般社会的には匿名の人間がそのような断言をし、並み居る裁判官を国民の知らない所で承服させ得るのか。
たかだか人事等に絡む事が出来る…その程度の事で非公式ながら実質的権限を掌握する…。国民とすれば、そういう連中こそ出処不明の匿名存在だろう。
国会議員が監視すべきなのだ。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ