晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
がーくー様

いえいえ、他国の内情はいざ知らず、日本の場合は、実に異常で特殊な事情を抱えてしまっている事を考慮しなければ、下手な審議に応じる訳にはいかなくなっていると思います。
野党が私と同じ論理を用いてくれるかどうか分からないものの、TPP交渉の実質的な責任者たる甘利ナニガシという人物が、あっせん利得絡みの事案で、いとも安易に"はした金"をポケットに入れてウホウホするような極めて怪しい、交渉事で簡単に転ぶタイプの人物である事を示す濃厚な疑惑が持ち上がっているのですから。
そういう人物の前に、大金あるいは巨大利権などが示されたなら、正常者には到底理解できないような「国売り」行為ですらやりかねない。
これは、実に当たり前のレベルの推論ではないでしょうか。
よって私は、甘利氏が成果を勝ち得た部分だけでも示せるのではないかと一人の国民の意見として提起してみました。
仮に交渉の経緯に守秘義務があろうとも、最低限そういう形でも出せないのであれば、(私は国際法のコの字も知らない無知な人間ですが)国際司法裁判所に各国国民連名で訴えるとか、手段はどうあれ、国際交渉の公正なあり方について問題提起すべきではないでしょうか。
投稿者:がーくー
交渉結果の資料は公開されていますよ。審議する内容は交渉過程ではなく、協定の内容です。協定の内容が詳しく開示されているんですから、審議できないという方がおかしいですよ。

http://www.cas.go.jp/jp/tpp/naiyou/index.html
投稿者:北斗七星
>「パナマ文書」の衝撃

そして、まっ黒けのTPP死霊、いや資料。折りしも前ウルグアイ大統領の来日。

そして、書籍広告
フリードリヒ・ニーチェ「人類は滅びるかもしれない」福永宣動 一粒書房

希望の光だ!。

i

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ