晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:【自由貿易だのITだの、誰にとって、何にとって、それほど画期的なのか、中庸(中道)の精神を失えば、滅びの道に入るだけなのでは?】byにいのり
(昨今の、「国家」を巡る双方向からの…かつては左右で色分けされていたものの最近では若干複雑化している…極端な論調は、人間の幸福や、人権、人間の安全保障という事を意図的に忘れ、消去した上で論じるという類いのものが異様に増殖している。その辺の状況を考えてみたく、長文になってしまいました)


報道(スプートニク日本語版)によれば、オバマは「米国とEUの間で環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)を創り上げるためには『部分にこだわった国益』を克服すべきだ」との考えを示したという。
なるほど、聞きようによっては、もっともらしく聞こえる。米国自身、最も苦手にしているはずの「国家エゴの抑制」という課題に参加国全てが取り組むべきだとオバマは言っているように(も)解せる。
しかし、このもっともらしさとは、「西側社会は自由貿易によって発展して来た」という前提を一切懐疑することなくして初めてそうみなされてくる類いのものであり、同じ事を「民主的な政府相互による適切な管理貿易によって発展してきた」と換言してみれば、同じ事実を取り扱っていても全く異なった相貌を帯びてくるだろう。
(この項、何頁かに渡って続きます、御迷惑様です)
投稿者:【自由貿易だのITだの、誰にとって、何にとって、それほど画期的なのか、中庸(中道)の精神を失えば、滅びの道に入るだけなのでは?】byにいのり
(前からのつづき)
「互恵」という主として外交用語として用いられる言葉があるが、「互恵性」が機能するためには、各国各共同体がこだわる『部分』にどれほどの敬意や譲歩を示せるかが重要なのであり、また、『国益』とは必ずしも貨幣換算可能なものだけとは限らないという事も念頭に置かれるべきだろう。
オバマの言う『部分にこだわる国益』を克服するなら、用いている通貨も言語も違えば、歴史的・文化的背景も異なる共同体間にあって「互恵的関係」が成立するのか否か、その点に焦点をあてて冷静に検討してみなければ、主唱者の米国(及び米国に本社機能を持つ多国籍企業)自身は少しもエゴを抑制していないのに、その他の参加国は国民の知らないところでエゴどころか気付いてみたら主権すら放棄させられていたという事になりかねないのである。
強固な、あるいは強情なナショナリストを除けば、「国境」の敷居を低くする事は、もはや議論の余地すらなき「善」であるとみなされてきた。(つづく)
投稿者:【自由貿易だのITだの、誰にとって、何にとって、それほど画期的なのか、中庸(中道)の精神を失えば、滅びの道に入るだけなのでは?】byにいのり
(前からのつづき)
実際、国境の敷居が高ければ高いほど、国家間の軋轢は高まり、衝突の可能性も高まるのは当然であり、であれば、国境の敷居は極力低い方が良いのは一般的には当然の事だろう。
だが、現実に、コトはそう単純でもない事は、文化的共通性が高い域内で通貨まで統一し、域内を統括する行政府さえ作ってみせたEUにおいてさえ、共同体間における深刻な格差問題が発生してしまう事をみても明らかだ。
EUの先行事例に学ばず、誰もが反対しにくい「自由」という言葉を冠にしてなされる交渉事(あるいは人に有無を言わせぬ圧力としてしか働かない最新の経済理論の要請なる政治的詐言を背後に持つ交渉事)については、したがって十分な注意が払われる必要がある。
昨今の「公正さ(フェアネス)」を装う交渉事は、その殆んどが予めある非対称性を勘案せず(あるいは隠蔽または抑圧した上で)なされている。
これは共同体間のみならず、例えば雇用契約においてもそうだ。「多様な働き方」なる欺瞞語が駆使される事で、実際には非対称性の固定もしくは拡大でしかない契約内容をそうとは気付かせぬ内に締結してしまう。(つづく)
投稿者:【自由貿易だのITだの、誰にとって、何にとって、それほど画期的なのか、中庸(中道)の精神を失えば、滅びの道に入るだけなのでは?】byにいのり
(前からのつづき)
ことさらナショナリストでもない人々にも違和感を覚えさせたのが、「全ては商品(または証券)であり、繁栄もしくは好景気とは、その取引の極大化した円滑性である」といった類いの思想だろう。
「権利」ですらも「証券」となり「取引」の対象になる時、ナショナリストではない人にまで、「そのような事の一般化と極大化を容認する事は、ナショナリストであるか否かとは殆んど別の文脈であり得ない」と感じられたとしても、不自然な事とは言えないだろう。
「永続的経済成長」なる、まさにあり得ない観念に向けて組織化されたかのような思想が、「生命としての人間一般」に警戒感を催させると考える事の方が、「永続的経済成長はある」と考える事よりも圧倒的に合理的に違いない。
「永続的経済成長はある」あるいは「それを目指す」という事に固執する人々が、「経済成長」の失速、あるいは限界が見えて来た時、何に目をつけるのかと考えてみれば、TTPやTTIPに埋め込まれている思想というのは、案外シンプルに見えて来るだろう。
(つづく)
投稿者:【自由貿易だのITだの、誰にとって、何にとって、それほど画期的なのか、中庸(中道)の精神を失えば、滅びの道に入るだけなのでは?】byにいのり
(前からのつづき)
BSでNHKが輸入した恐らく米国製のIT多国籍企業のレポート番組を仕事をしながらチラチラと見たていたところ、連中は「国家とは古臭いもので、したがってその古臭いものに税金など納める必要はない、国家が徴税して再分配するというのは古臭い考え方だ」との考えを無邪気にも披瀝していた。
なるほど、日本のように官僚と一部の支配者が三権を独占しているかのような国に住んでいれば、魅力的に響かないでもない考えではある。
無税国家というのは、かの松下翁も経済が発展した究極の姿として夢想していたようだが、夢想は夢想に過ぎない。
IT企業家連中は、恥ずかしげもなく、「カリフォルニア州の独立」だの「優秀なITエンジニアだけが住む海洋移動国家」(要するに豪華客船の巨大化したようなものを国家にして住むのだそうだ)構想などを語っていたが、恥ずかしげもなくそこまで考えているのなら、早く独立してしてもらった方が良いだろう。
(つづく)
投稿者:【自由貿易だのITだの、誰にとって、何にとって、それほど画期的なのか、中庸(中道)の精神を失えば、滅びの道に入るだけなのでは?】byにいのり
(前からのつづき)

彼らが独立してくれたら、彼らがおいしいワインを飲みたいと言ったら、一瓶一億ドルで売ってあげれば良いし、おいしい料理の食材もそうなら、それを載せる陶器も一億ドルの値をつけてやれば良い。
彼らが独立してくれたら、適正で公正な管理貿易によってそれは可能となるだろう。
「自分たちは優秀なのだから、自分たちには特別な権利がある。税金など国家に納める謂れはないはずだ」というのは、憎悪に満ちた差別主義と同等であり、極度のコンプレックスが彼らに未熟な夢想を現実化しようとさせている。
米国はどこまでおかしな連中に支配されようとしているのか。
日本型の「お上」の連中もどうしようもないが、米国型の「エリート」の連中もどうしようもなく(どちらも病的な領域に入っている)、やはり、サンダースやトランプの出現は必然としか思えない面はある。
「国家」の発生は「世界宗教」の発生より古い。「国家機能」を全面的に肯定するナショナリストではないが、しかし、その「国家」が長い時を経て「民主主義」を採用したという歴史的重大さは、「ITバカ、ITキ○ガイ」どもが、どうこう出来るものでもない事は確かだ。
(つづく)
投稿者:【自由貿易だのITだの、誰にとって、何にとって、それほど画期的なのか、中庸(中道)の精神を失えば、滅びの道に入るだけなのでは?】1byにいのり
(「国家」をめぐる双方向の極端な考え方に、破壊的なものを感じざるを得ず、長い文章を書いてしまいました。よろしければお読みください)

(前項より)
こんな…などと現在の自分の趣味を貶めてみせるのも何だが…こんな、電子お手紙などなくても、人は十分崇高な人生を生き得るのであり、どうITを駆使しようと、では例えば釈迦を超える人生を誰か生き得るのかと問うてみれば、ITなど、うたかたの泡…玩具として使えるのならあえて拒否するほどのものでもない、その程度のものだ。
「ITがマネーに変換される」という無邪気な現実に耽溺してしまって我を忘れている人を見るのは正直辛い。
番組の最後に、ミルトン・フリードマンの孫が登場するにいたって、クレジットは見損ねたが、制作者は良くお分かりでと思いながら、世界一豊かで世界一不幸な地に生きる人々の生きがたさというものに思いを馳せざるを得なかった。
(終わり)

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ