晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:武尊
>北海道5区勝利も安倍首相は危機感露わ「相当引き締めねば…」「民進、共産がこんなにずぶずぶ
 参議院選挙後には、この阿比留に民主党政権誕生時に書かせた「我々の負けだ」の記事を書かせなければ、勝利とはいえない。そこまで進歩させなければいけないんだ!!!
 その時初めて安倍政権の終焉といえる!!!
投稿者:北斗七星
自公勢力の実質支持率

それはたかだか有権者の25%程度に過ぎない。
野党が結集すればどうなるかは自明であり、それを阻止しているのは夜盗地震、いや、野党自身ではなかろうか???。

そういう疑いは消えない。

実際のところ、政権交代すれば解決しなければならない難題は豊富にある。

積み重ねられた悪政の尻拭いを野党がやれるのか?、ヘドロ・糞尿かぶる覚悟があるのか?

という疑いはある。
投稿者:北斗七星
選挙に勝つ方法

何を望んでいるのか?、有権者に聞いて回るのが一番良いが、政治家は自分の言いたいことやりたいことばかりを言う。
投稿者:杉原シンドラー
通りすがり様と加藤貴史様の御意見に、私も賛成します。

内容がどうであれ、今年(2016年)一月の宜野湾市長選挙の時と同様に、 「晋三守れ! 自公を守れ!」の民意が野党連合を吹き飛ばし、又々安倍(あんばい)晋三政権を勝たせた事実は変わりません。正に日本の「民主主義」の勝利であり、今年夏の参院選でも日本国民の熱狂的支持を受けて 晋三は圧勝することでしょうね(棒)。衆愚!
投稿者:加藤 貴史
いや、選挙というのは勝てなければ駄目な事象でしょう。小沢議員も苦言を呈するように、今の自民公明政権の前には徹底して団結しないと。左派言論人のツイートを見ると、負けたことに対する反省があまり感じられない。自己反省の習慣を
つけないといけない。「前よりも支持が上がった。ああ良かった」的な態度は、いずれ反知性主義に転化する危険性を秘めている。
投稿者:北斗七星
時代の流れ

それでも、流れは質の高い民主制に向かっていると感じます。流れの速さはもどかしくとも確実に!。

苦労知らずの世襲二世三世より、人の痛みを自らも味わった人、痛みを味わいながらも歪まなかった人はすばらしいと思います。

しかしながら、権力には悪魔が棲んでいる。権力を手にした瞬間から悪魔が忍び寄る。多くの人がそれに負けてしまう。右であれ左であれ。

投稿者:野坂三蔵法師
TBSの出口調査は、あてにならない。
「当確〜?!」
投稿者:通りすがり
野党共闘に一定の成果があった事は事実です
だけど冷や水を浴びせる様で申し訳ないですが
選挙は結果が全てです

スポーツで2番目の選手や2位のチームを
誰1人覚えていないのと同じで
例え1票差でも相手の勝ちは勝ちですから

他の記事で私も書きましたが
終盤の民進党からの訳のわからない援軍なのか
足を引っ張るためだけに来たか判らない連中

ああいうのを次回から徹底排除しない限り
今回の成果を次に繋げるどころか
早晩瓦解させかねないと危惧します
投稿者:にいのり
まぁ、皆様に嫌われるのを覚悟の上でコメントしますが、戦いの後のねぎらいと、冷静な敗因分析とは別にしなければ、同じような事が反復されていくばかりだろうなという気がします。
今回の池田氏、これだけ野党にとって良い新人候補というのは、そうはいないだろうなと私は見ていました。
彼女だからこそ、ここまで得票できたのであり、そうでなかったらどうなったかという事に気付くべきです。
野党側の選対本部みたいな人々は、今回池田氏に投票した無党派層一人一人にあたってみれば良い。
そういう調査をしているメディアがあるのかどうか知りませんが、私のただの勘では「池田さんだから投票した」という人が結構多いと思いますね。
今度、京都で勝った候補は北海道出身との事ですが、彼個人には何の恨みもないものの、彼が北海道5区で立っていたら、と想像してみるのは無駄ではないでしょう。
池田氏ほどの新人が立ちながらこの投票率は、私が野党側の選対本部長なら震撼しますね。
棄権者の内訳をこれも根拠なき憶測で想像すれば2〜3割は投票させるのが難しい層だとしても、残りは情報リテラシーの高い層とみなすべきで、この層が動かない限り政治風景は変わらない。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ