晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:匿名希望
給付型奨学金制度は、貸与型同様に「過去には存在した制度」の筈ですし、財源については「パナマ文書」で判明した様に、国の一般会計予算の歳入を超える租税回避を「違法」にする立法を政府与党が行えば直ぐに可能に成る話です。

共産党を除き、各党は「政党助成金」を受け取る代わりに「政治献金を禁止した」ので、当時に戻るだけです。

「桝添追求」をするのならば、同様に「地球儀外交」と称して世界各国に国民の血税をバラ撒き、「国民の社会保障を大幅削減」しながら、「米国製高額兵器」を購入する「安部政権」も批判されるべきですが、マスコミは安倍政権が「300年位は続く」と勘違いしている様にすら思えています。w

しかし「五輪協賛企業」は、それに「見合う利益」をきちんと確保出来ているのか、「株主」は注視すべきでしょう。
「少子高齢化」と「低賃金・不安定雇用化」では、「実質賃金・可処分所得低下」が続く為に「国内」での販売増は期待できず、「国外」での広告効果なども「放送国内での広告主」が居るので期待外れに終わり、利益の持ち出しに成りそうですが。
投稿者:通りすがり
奨学金の件本当にお恥ずかしい話です
でも防衛大学の進路の件を思い起こせば
これが給付型になったとて同様の問題が起こる気がします

いわく税金使って養ってやってんのに
手前ぇが好き勝手な事するんじゃないと
生保に対するのと同じような攻撃がなされそうで

教育はこの国の未来への投資ですし
社会保障は皆のセーフティラインです
でもこの国ではそういう概念そのものが受け入れられていないのです

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ