晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
>>憲法学者の #小林節 でございます。

#小林氏は、宗教については日蓮聖人に及ばないと思います。

日蓮聖人によれば、宗教には、「浅・深」、「大・小」、「権(仮の教え)・実(真実の教え)」、「正・邪」等があり、「邪」とは「永遠に続く因果律を説かない」教え、それぞれ深きを用い、大を用い、実を用い、正を用いることを推奨されている。

その上で、信・不信・取・捨は人の意に任される。たとえ人が冒涜したところで殺してしまうような事は無く、冒涜という形で正法に縁を結ぶ(逆縁の縁結び)ことを願う。

「縁なき衆生は度し難し」の深い意味がここに有ります。

妙法蓮華経常不軽菩薩品には
インド応誕の釈尊のお弟子達はみな、釈尊がその昔常不軽菩薩であった修業時代に常不軽菩薩をバカにし、冒涜した人達である事が説かれていて、仏教とは超遠大な気の遠くなる様な時を待つ思想なのだと気付く。

今回、自公勢力を制御できるに越したことはありませんが、ただそれだけでは解決しないことは確かなこと。

重要な事は、「正法=妙法」とはどの様なものか明らかにする事であり、それはそれぞれの宗教宗派の長が公場に於いて正邪を決することで諦らかになるハズです。必要な事はどんな宗教を信じても良いと言う様な「自由」ではないと思いますが・・・。
投稿者:北斗七星
>だから、安倍さんに、憲法論議を憲法学者として挑みたいんです。

憲法学者が憲法以外に「天皇」を必要とする理屈が私には理解できない。

天皇の何処が「象徴」たり得るのだろう?。

国民が等しく天皇のように豊かに生きられるのであれば、「象徴」としてふさわしいかも知れない。

国民が等しく天皇のように清く貧しく生きられるのであれば、「象徴」としてふさわしいかも知れない。

しかし、そんなことは憲法で規定すれば良い事。

天皇は明治以後、重大な失策を犯してしまった。その責任を取らなかった事が、今の無責任政治を生み出しているのではないか。

多くの人が、天皇を見習って「前へ倣い」している。
この意味で、まさに象徴だと言えるし、この無責任な国柄を守りたいのだろう。

矛盾する言い草ではありますが、今こそ天皇陛下にとっては正念場ではないだろうか。明治以後の失策の責任を取る為の。

私(=天皇陛下)は改憲にも戦争にも軍事同盟にも反対である。どうしても、「このいつか来た道」を行きたいのならば、私(=天皇陛下)を殺してからにしてもらいたい。
先の戦争では、この一言が言えず国民を耐えがたき辛酸を味わわせてしまった。その事実は万死に値する罪である。その天皇の地位を継ぐ身として、今度はこの身を国民の為に捧げたい、と。

投稿者:自・公政権で大丈夫?
小林節氏の、「憲法は我々主権者国民が権力を縛る物だ」と言う事実は、中学辺りの社会化科目を普通に勉強していれば知っている筈の内容でしょう。

押し付け憲法だとして欧米の近代的価値観を否定しながら、同様に押し付けられたままで「みっともない日米地位協定」には一切触れず、テロで日本人が犠牲になると、それ迄熱心に主張していた天皇親政・国家神道体制は無視して「価値観を同じくする国と共にテロと戦う」などと言う精神分裂状態を世界に広め、挙句の果ては中国・北朝鮮を挑発し戦争への道を進めながら「憲法を押し付けた相手に軍事依存」すると言う矛盾は華麗にスルーする統失内閣としか言い様が無い凄まじさです。

宗教的にも創○・神社本庁から、生長○家・立正佼○会などの新興宗教まで、ばらばらなのに支援を受けられる「○股交際」とも言える不届きさにも驚きですが、、、。

宗教者の方達は現世利益とは無縁で、他宗教を一切排除せず受け入れる慈悲深い方が多いのでしょうか?
それならば「国家神道」を目指したり、「廃仏毀釈」をした事等は宗教者として到底許されない事ではないかとも思うのですが。w

考えると、「縄文・弥生時代」は無視し、伊勢神宮で「式年遷宮」の制度が685年には出来ていたのに、「日本の伝統は明治から」だと言う宗教法人が「日本各地の神社のトップ」なのですから、「ホラッチョ・ガリガリ君総理」と同程度で、歴史・宗教・伝統・文化などが理解できず、物事を理論的に考証する能力も欠如しているのでしょう。

「類は友を呼ぶ」と言うのが実感できます。
投稿者:スバル
自民党の本音「国民に人権はいらない」憲法改正と緊急事態条項

http://antiglobalism.blog.fc2.com/blog-entry-201.html

【要拡散】知らなきゃまずい。自民・公明の争点隠しの憲法改正問題がヤバすぎ

http://matome.naver.jp/odai/2146641951586032401

【要拡散】知らなきゃまずい。自民・公明の争点隠しの憲法改正問題がヤバすぎ

http://matome.naver.jp/odai/2146641951586032401

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ