晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
「メディアリテラシー」という語を辞書で引くと、次のようになっていました。
「メディアを利用する技術や、伝えられた内容を分析する能力のこと」
通常、「リテラシー」とは、読み書き能力を指すようですから、まぁ妥当な説明ではないかと思います。
だが、下記のコメント投稿者のお二方が、期せずして「隠された、あるいは伝えられない情報」について言及されている事に着目したい。
「啓蒙」という言葉は、ポリティカルコレクトネス的には、差別語に該当し「啓発」と言い換えよなどとも言われる時代になりましたが、それはそれとして、「啓蒙」を訓読すれば「蒙を啓く」すなわち「見えなかったものを見えるようにする」の意ですから、ポイントは、「見えていないもの、あるいは隠されているもの」にあるでしょう。
今度の参院選で典型的だったように、「伝えられて然るべき情報が隠されている時」に「メディアリテラシー」を発揮しろというのは酷な話ではないでしょうか。
リテラシーというのは「受け手」の側の問題であり、「出し手」が出すべきものを出さないのに、何故「受け手」に問題があるかのように言うのか。
「給料が上がらなくても幸福になる技術を磨け」と言われて、「ハイ、そうですね」とはなりがたい。
投稿者:コスモス
【まず、啓蒙活動がなければ、国民には何も伝わらない!真実の情報を知らないから、国民が目覚めない。憲法を読んだこともない人は、憲法の大切さを理解できない!】

73歳の老爺の私でも、諦めていない。『急がば回れ』の格言がある。『真実の情報を理解させる・憲法の大切さを理解させる・税金の仕組みを理解させる・まず、啓蒙活動がなければ、国民には何も伝わらない!』これこそ、先ず第一にやるべき政治活動である。これがなければ、まず、啓蒙活動がなければ、国民には何も伝わらない!真実の情報を知らないから、国民が目覚めない。憲法を読んだこともない人は、憲法の大切さを理解できない!

三宅洋平は次のように言い切った。
ーたとえ負けたとしても、『若い世代を政治に参加させる活動=真実の情報を理解させる・憲法の大切さを理解させる・税金の仕組みを理解させる活動』を続けたいと。

山本太郎や三宅洋平には、メッセージを解りやすく伝える才能がある。彼らを有効に活用して、『真実の情報を理解させる・憲法の大切さを理解させる・税金の仕組みを理解させる』啓蒙活動こそ、先ず第一にやるべき政治活動である。これがなければ、まず、啓蒙活動がなければ、国民には何も伝わらない!真実の情報を知らないから、国民が目覚めない。憲法を読んだこともない人は、憲法の大切さを理解できない!
投稿者:スバル
【要拡散】知らなきゃまずい。自民・公明の争点隠しの憲法改正問題がヤバすぎ
http://matome.naver.jp/odai/2146641951586032401

“憲法は、国民のために、国民の権利・自由を国家権力から守るためにあるのです。”

“濱田邦夫元最高裁判事が断言。自民党改憲草案の緊急事態条項、「正気の人が書いた条文とは思えない」”

“<現行憲法> 第97条
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、

これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、
侵すことのできない【永久の権利】として信託されたものである。
↑↑↑
<自民党改正案> [削除]”

さらに、憲法前文の “戦争を永久に放棄するから「永久に」が削除されています。”

21条:財産権は、(国家が)保障する。 安倍がその気になれば全部没収できるように”

“緊急事態中は、基本的人権の「保障」は解除され、「尊重」に止まることになる。
つまり、内閣は「人権侵害をしてはいけない」という義務から解かれ、
内閣が「どうしても必要だ」と判断しさえすれば、人権侵害が許されることになる。”

“百二条 「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。」

この条文一つで、憲法であることすら、なくなった。”
(憲法は、権力者が守るもの)
つまり、ファシスト国家に!

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ