晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:武尊
それにしても鳥越氏クラスの政治思想じゃないと「野党連合」として擁立できない世の中になってしまった方に、危惧を感じている次第です。何故ならそこには民進党を野党として仲間にしないと「野党」が成り立たない、という悲惨な時代になってしまっているという現実が横たわっているんですよね、、。
日本という国の政治が終わった感イッパイの参議院選挙と都知事選ですな。
投稿者:スバル
この通りのことが起こりました。


■都知事選出馬・鳥越俊太郎の“女性問題”を内調が安倍官邸の指示で内偵開始!?
既に週刊誌にリークの動きも

http://lite-ra.com/2016/07/post-2415.html 2016.07.13.

そして、文春が鳥越さんスキャンダルを
(14年前のしかも、本人以外の証言で)

■阿修羅2
≪素早い≫鳥越事務所が週刊文春を刑事告訴へ!「こうした手法で有権者に事実と異なる印象を与えようとする行為は明確な選挙妨害

ネトウヨや、ネトサポがデマや、誹謗中傷をしていたら、このURLを貼り反論して下さい。
最近は、野党支持のふりして、鳥越さんを誹謗中傷する人がいます。


【要拡散】
■ 鳥越俊太郎事務所 文春を刑事告訴へ
http://blog.goo.ne.jp/yoroshiku109/e/09abf9dd5e7b8c634844db5a27a171f8

弁護団から【事実無根】であると文書で明確に否定する回答をするとともに、

無責任に記事化すれば『選挙妨害』になると強く警告した。

明確な選挙妨害であり、公職選挙法148条1項但書によって禁止される

「虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害」する
投稿者:にいのり
いやぁ、ホント、悲しくなってきましたね。

「文春」の記事の話題、門外漢が(肯定/否定どちらにせよ)話題にすればするほど「文春」側(情報操作側)の思惑通りなんだろうな思いながら、一言言いたくなってしまったのですが、
スキャンダル報道もここまで来ると、政治的思惑丸出しであり、「株式会社文藝春秋」としても鳥越氏に都知事になられたら余程都合が悪いんだろうなと、逆に詮索したくなるところがある。
「週刊誌」報道の手の内を知り尽くした人物に、東京の首長になられたら、余程困る事でもあるんでしょう。
やり口が、完全に選挙妨害を意図しているとしか思えないもので、確かに「刑事告訴」相当だろうなと思います。
一種の「脅迫行為」に近似しているのではないでしょうか。
検察や司法がどのような判断をするか、安倍政権下ですから覚束ないとはいえ、「脅迫に近い記事だね」という現時点の感想を忘れずに持ち続けたいと思います。
橋下氏vs「週刊朝日+ノンフィクション作家」のケースでは、記述内容は確か事実に反してはいなかったものの、報道側の完全敗北に終わりましたね。
人格攻撃を主目的として選挙公示期間中にこんな記事を出したという意味では、より悪質なのでは?

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ