晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:
三重尾鷲漁船・赤道直下カツオ一本釣り
http://www.youtube.com/watch?v=ibRXFXtRuEE
投稿者:北斗七星
にいのり様

話題がそれますがアイデンティティー関連でしばらくご容赦願います。

三省堂辞書サイト
アイデンティティー(identity)は、広義には、「同一性」「個性」「国・民族・組織などある特定集団への帰属意識」「特定のある人・ものであること」などの意味で用いられます。
と有りました。

あまり良くは分からない言葉ですが、わたしは「先ず自己を確立してその自己を表現し実現する。」と言う意味に飛躍させて捉えています。

それが人生。

簡単に言って「ドリーム」を持ち、その実現を目指して努力するということでしょうか。

随分昔の事ですが、会社社会でも「自己実現」と言う言葉が使われました。

その頃、原始仏教(中村 元 NHKブックス)を読んでいまして、こう書いてあります。

初期仏教における修行とは、見失われた自己を実現することであると考えられていた。これをわれわれの表現をもっていうならば、真実の自己、本来の自己に復帰することであると言えるであろう。ひとは真の自己を把握せねばならぬ、と考えた。

後世の大乗仏教においては、やがて大我を説くに至るが、この様な思想もある意味では、既にその萌芽が最初期の仏教説の内に内包されていたと解釈されるのである。
そして、この自己の実現ということが、実は利他主義的な実践倫理を可能ならしめる基礎なのである。
すでに紹介したように、パセーナディ王とマッリカー妃との対話の結論は「わたしにとっては自己よりも愛しい他のいかなるものも存在しない」と言う事であったが、そこから次の結論が導き出された。

『心の中であらゆる方角をめぐってみても、どこでも、自分より愛しいものにめぐり会わなかった。それ故に自己を愛する人は、他人を害してはならぬ。』(SN.T,p.75)

非常に難しい問題は、
「愛しい自己」と、もう一人の「真我を知らない愛しい自己」とが対立する場面に出会ったときどうするかですね。

自分にとっては、たとえ最悪の結果を生むことになっても、菩薩的な思考を実践することなのだと思うのです。

国防も又同じであると思いますが、あの人達から見れば、こんな思想は完全な左翼「危険思想」でしかないですね。

「蟹は自分の甲らに合わせて穴を掘る」と言われますが、自分達が野蛮で卑劣だから天誅が怖いだけでしょう。


投稿者:にいのり
北斗七星さま

返信ありがとうございました。

元スレッドの内容から、一見、遠い内容になっているようにも見えますが、元スレッドにおいても、国のアイデンティティの問題、あるいは我が国の政治指導者のアイデンティティの問題から、政治的、人格的に歪み切った問題が派生しているという事に、ここを読まれた方がお気付き下されば、いろいろと時間を費やしながらコメントをする意味もあるかなぁ、などと考えています。
現代社会というのは、やはり、一旦それなりのアイデンティティを確立しても、成人して以降、それに対する問い直し/問い返しの時期を多くの人が迎えずにはいられない困難な時代だと思うのです。
その際に、安易に権威や権力に頼ろうとするのか、それとも変わり行く自己に誠実に向かい合い続けようとするのかで、人の格の違いも生まれると考えています。
日本会議の幹部に名を連ねているような連中、彼らの安易な再統合化…ちょっとした想像力さえあれば、連中の卑しい安易なやり方というのは丸見えだ。
一方にあっては、北斗七星さまのように厳しく自己に対峙し続ける方もいる。
腐っり切ったライトノベルのようなインスタント右翼がデカイ面出来るほど我が国は落ちぶれてしまったのです。
投稿者:北斗七星
にいのり様

まったくの所、同感です。

じつは私、まだIC回路が走りの頃からIC工場で働いておりました。いわゆる多国籍企業で、やがて賃金が高騰すれば日本から出て行くだろうと予想しながら、それでも31年程勤めました。エンジニアではなくオペレーター(作業員)としてです。

と言う訳で、にいのり様が指摘される『今や「分業化」「専門化」の孕む矛盾が抜き差しならぬところまで来ているという認識』を嫌という程持つようになったのです。

その昔、ほとんどの人は百姓(百品作る)でした。半農半漁もありますが、言い換えれば
等身大の技術を拠り所に大自然の恵みを全身に受けて生きていたのだと考えています。

晴耕雨読様のお言葉
「淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、・・・」、こう言う生き方から乖離して行く生き様にいら立ち、不安を感じながらも、どうしようもなくこの矛盾した社会に埋没して生きるしか能がない自分を見つめ続けながらも「identity」を確立しようと暗中模索を続けてきた様に思います。
投稿者:にいのり
北斗七星さま

率直な助言、ありがとうございます。
…というか、実際には、北斗七星さまは私を傷つけることなく私に助言することに成功されており、
内向的な政治対立の言葉ばかりを眺めていると、本当に新鮮に響くのです。
この北斗七星さまの言葉によってインスパイア(示唆)された事を紡ぐなら、次のようになります。
「近代社会」というのは「分業化」によって成立しており、それは非常に"合理的"なシステムである反面、近代思想が最も重んじる「個人」が、各々自立するにあたって「生の全体性」を獲得する上で「分業化」「専門化」というのが矛盾として作用する場合がある…というか、今や「分業化」「専門化」の孕む矛盾が抜き差しならぬところまで来ているという認識が必要なのではないかと。
そして、そのような認識を持っている(感性的には鋭敏な若者らが)新興カルト宗教に引き寄せられるなどという事が未だに生じている。
日本の「右翼問題」(若者の右傾化問題や自称右派・保守派のカルト化等)も、背景にはそのような「生や心」の問題が潜んでいる。
伝統宗教の側が超越論的に社会に関わるのではなく、生の全体性を考える社会的なきっかけとして機能してほしいと改めて思います。
投稿者:武尊
安倍のオリンピックでの雨にまで打たれてのピエロは日本だけの問題じゃないんだけど。JOCはIOCと綿密に練ったと自慢してるんだよね。それじゃあIOC自身が憲章を破ったということ。まァ、IOCも裏で操ってる組織がある訳で、逆らえないんですよね。
>天皇の玄孫
3回血が入れ替わったのを、知っていて喋らない奴(笑)日本陸軍中野学校で、スパイ養成時にこれを教えてたそうだ。そういう事を知っていて諜報に向かったんだよな。
北斗七星とかも知ってるだろうに、、。
投稿者:北斗七星
にいのり様

>人様のお気持ちをなるべく傷つけることのないよう細心の注意を払いながら、・・・。

・・・の部分のことですが、難しいというより不可能に近いですね。

以下のような考えがあります。

佐渡御書 〔C6・文永九年三月二〇日・富木常忍・はじめ弟子檀那〕抜粋

鉄は炎(ほむら)打てば剣となる。賢聖は罵詈して試みるなるべし。我今度の御勘気は世間の失一分もなし。偏に先業の重罪を今生に消して、後生の三悪を脱れんずるなるべし。

「鉄は炎(ほむら)打てば剣となる。賢聖は罵詈して試みるなるべし。」

立派な人になるには試練が必要なのであり、批判やきつい言葉を受けて、名誉毀損だ、悪口だと騒ぐ人は小人なのでしょうね。

「偏に先業の重罪を今生に消して・・・」

これが菩薩と呼ばれる人の思考方法のようです。なかなか出来ることではありませんが、なるほど!、そうなのか!という思いは有ります。

訴訟を起こせば、法律家のふところを温めることにはなりますが・・・、これもこの世のカラクリなのでしょうか?。

何処までも、世の中に対してへそ曲がりなわたしです。
投稿者:北斗七星
>天皇というのは血統の原理なんです。

わたしもそう思います。
血統=Y遺伝子です。遺伝子も変化(進化)するということですが、変化したとしても元の遺伝子が変化しただけですから、血統は続いて行く。

Y遺伝子の継承は男系でしか出来ないので、女系にすると終わってしまうが、皇系の親族が居るので血統が途絶える可能性は少ない。

すこし考えると、人(の血統)に依っているのが天皇制であると言う事が出来る。

法治制、民主制とは対立する制度と言える。

象徴天皇制がお好みであるならば、『象徴天皇陛下』と刻んだ石塔を立てて象徴とする方法もある。
石塔は死なないし、何も語らないから問題を起こさないで済むが、壊す人が現れるかもしれないので、問題なしとは言えない。

しかし、壊す人が現れる原因を探れば、どちらが悪いと言えるのか?。考える必要がある。
しかし、思考を停止させることで、体制は安泰となるので、思考を進める人は敵と見られる。
神々はどちらに味方するだろうか?。
投稿者:にいのり
北斗七星さま

ありがとうございます。
というか、それは、北斗七星さまの姿勢にこそ言えることで。
私の書くものなど、はったりレトリックが、7割8割のお粗末なものであるのは、自分でも承知しているのですが、何か気のきいたことを言ってみたいという欲望からは、なかなか逃れられないですね(~_~;)

さて、このような場所を私信のように使ってしまって恐縮なのですが、私、何とか退院にいたる事ができました。
職業柄、不摂生は避けられず、今もこんな時間の投稿になりますが、何とか今しばらく生き長らえたいと思っております。
皆様方には、お気遣いのお言葉をたまわりまして、誠にありがとうございました。
今後も、意見の相違や齟齬等が生じるのも恐れず、かといって出来得れば人様のお気持ちをなるべく傷つけることのないよう細心の注意を払いながら、率直に…(って、そんな事が可能なのだろうかと記しながら思いつつ)考えを綴って行きたいと思っておりますので、時に煩わしい存在になるかも知れませんが、またよろしくお願いいたします。
投稿者:北斗七星
にいのり様

知的ということ

知性で語る時は「解る」物でないといけないと言うのが私の信条でして、にいのり様はその点でとても解りやすいものを書いてくださいました。格調が高い文章と言う事では無くて、読んでみて「解る」ということ、これは非常に大事な事のように思います。

そこにこそ本当の「知性」が有ると。

なかなか難しい事ですが・・・。


1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ