晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
山川草木、全て自己と一体という感覚ですかね。
古代はどこの民族も持っていた感覚のようです。
「母性原理」などといわれて、一神教の「父性原理」に比し一段原始的な印象を与えられていますが、本来自然の一部である人間としては当たり前の感覚だろうと思います。
投稿者:kaetzchen
早雲さん,こんにちは。
うーん,社会人類学 (例えば E.Leach)とか読んでいると,日本だけが近代国家で animism が残っているとは考えにくいです。寧ろ,アメリカの福音教会など,animism が復活している所もありますよ。その辺は恐らく用いている jargon の違いから,結果的に意見の相違として表出しているだけで,早雲さんも私も最終的に目指している「明治から敗戦までは西欧に対する免疫反応」という所は一致しているんじゃないでしょうか。柳田國男に言わせると,性善説は性悪説を拒否したという所でしょうけれど……。


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:早雲
kaetzchenさん、こんばんは。
私は「近代」の視点からのみ歴史を見ることは賛成できないだけです。
世界で唯一の「アニミズム」の息づいている「近代国家」日本です。縄文の生きた化石がなぜ残ってこられたのか、御一新で随分破壊されましたが、それでも絶滅には至っていない。
御一新から大東亜戦争までの歴史は日本にとっては西欧に対する「免疫反応」のようなものだと思っています。
投稿者:kaetzchen
早雲さん,こんにちは。また寒くなりましたね。

史観が異なるのは「別にいーじゃん」と,「新人類」世代の私は思っています。(^^;)

私は科学史・科学思想史の訓練を受けたので,一般的な史観が前提としている jargon を全く無視して,まさしく1から考え直す癖がついています。そういう意味では同じ技術屋の早雲さんと比べるとかなりラジカルな視点でモノを見てしまう傾向は否めませんね。

もう老人ボケが始まってますけど,旧制中学で終戦を迎え,工学部の学生の時には50年安保で暴れた親父に,70年安保が終結したあとの中学生の頃,こんな質問をしたことがあります。「親父は50年安保ではなぜ「性善説」の元凶である「国体護持」を受け入れたのか。共和制へ移行するためには皇族の追放または処刑が前提だろう」と。さすがに親父は答えられませんでした。そう,50年安保は所詮,「反米ナショナリズム」に過ぎなかったことを私は中学生の時に見抜いていたのです。

私の史観の原点は実はここから始まっています。だから,早雲さんが拒否反応を示すのは致し方ないかな,と思っています。ただ,お互いに知恵を出し合って,何とかこの国を良い方向へ向けていこうという気持ちは同じだと思います。これからも宜しくおつきあい下さい。


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:早雲
kaetzchenさん、こんばんは。
たまに覗いてください。
そちらの記事見てきました。
相変わらず過激ですね。
私とはだいぶ史観が違いますが。
投稿者:kaetzchen
早雲さん,こんにちは。仕事が忙しくなって,なかなかこちらへの書き込みが時間的にできなくなり,すみませんでした。

# 先ほど,気分転換に過激な記事を4つほどアップしたら,トラックバックの山が(笑)
 ひまな人がいるんですねー。


http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/
投稿者:早雲
kaetzchenさん、久しぶりですね、こんばんは。おげんきでしたか?コメントありがとうございます。
投稿者:kaetzchen
ユダヤ教の経典である旧約聖書の創世記〜歴代誌のうち,最後の歴代誌を白人系ユダヤ人たちは「歴史的事実」として一種の原理主義へと走っているようです。もっとも,クリスチャンとして旧約聖書のこれらの文書をこまかく読んでいくと,歴代誌にはあちらこちらに誇張された表現があったりします。数字なんかケタが違ってたり(笑) 要するに「神話」を作るための道具になっていることが分かるんです。それを鵜呑みにしてるから,ダビデ王は偉い,エルサレムに城を再建しようなんて言い出す。結果として,ムスリムとキリスト教徒との三つ巴のケンカになる。

原理主義というと「摂理」が日本人の女性を6500人も拉致して韓国の農村の嫁にしたなんて悲劇はなぜか日本では伝えられてなかったりします。北朝鮮拉致なんて暴力団と統一協会によるでっちあげだし,そもそも人数のケタが違う。先日の沖縄知事選でも自民得票34万票のうち,期日前投票による創価学会票が11万票だなんて話も出てます(選挙違反やんけ)。原理主義というのはまさに諍いの元!

http://blog.goo.ne.jp/kaetzchen/

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ