晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
>結局「監視」が働かないとこうなるという典型例

やっぱり「監視」が必要となります。

一方的な監視では無く、国民と国家権力の相互監視が。
国民も悪い事をするし、国家権力も悪い事をする。が、国家権力の悪事は巨悪と呼ばれる。
政・官・財・宗主国が一体化した巨悪構造。

この巨悪構造が99%完成の域に達して、巨悪だけが監視と制御を逃れ、国民間の相互監視と密告(内部告発)制度を確立すると最悪のファシズム(=彼らの為のユートピア)誕生。

そして「神の怒りの日」、「彼らの終りの日」がやって来る。

ヨハネ黙示録第六章は六つの封印が開かれる場面。

ヨハネ黙示録6-10
彼らは大声でこう叫んだ。「真実で聖なる主よ、何時まで裁きを行わず、地に住む者にわたしたちの血の復讐をなさらないのですか・・・略・・・
11:自分達と同じように殺されようとしている兄弟であり、仲間の僕である者達の数が満ちるまで、なお、しばらく静かに待つようにと告げられた。

神の怒り(復讐)の日とは、過去の悪行の因が満期を迎えて莫大な負の利息付きで還って来る日。

無量義経十功徳品第三 抜粋

(法華経の行者は)即ち宿業の余罪重障、一時に滅尽することを得る。
投稿者:スバル
恐るべき小池百合子劇場の罠
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12199971230.html

豊洲市場の問題点については何年も前から共産党が指摘して
いたことです。

新市場 欠陥だらけ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-01/2016090104_03_1.html

そもそも豊洲市場の事業関連会社は、都議の内田が絡んだ業者だけ

じゃなくて小池百合子が絡んだ会社もあるんですよね。

つまり利権と利権の小競り合いみたいなものです。

だから最終的に豊洲を立て直すにしても、違う場所に移転するにしても、

築地から移動しなきゃならないわけですから、また莫大な金が動くわけで、

そのたびにゼネコンは儲かるのです。


以下、阿修羅より

小池百合子はジャパンハンドラーの操り人形。都知事選から始まったイメージカラー「グリーン」は、マイケル・グリーンの操り人形、という意味。
http://keibadameningen.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/csis-63b3.html

▼東京都知事の小池百合子が、築地の移転を延期したことで拍手喝采する人がいますが、それはとんでもない思い違いです。

白紙に戻すんじゃなく延期するところがミソですね。

5ヶ月先には移転するわけで、また都議会のドン内田と戦ってるように見えて、

実は内田は違約金でも賠償金でもとれるわけで、

築地でも、あるいは他所で立て直しとなっても、

また数千億円の利権が発生するという仕組みです。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ