晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:都民が一番悪いじゃね?
以前石原がマスコミでつつかれたときも文春様の手厚い加護のせいか誰も文句言ってなかったんだから自業自得の都民。もうね福島の原発より怖い豊洲でいいじゃん、ハッキリ言って殆んどの都民にはベッキーに比べたらどうでもいい事だから炎上もしないし、家の周りでデモすればぁ?
投稿者:北斗七星
張三李四さま

何処がひどいのか解りませんが、わたしは、彼女は敵方であるという認識です。
敵であっても、やる事為す事全てが悪いという事は無くて良い事もすると言う事です。

それが人気取りになる。手品師が左手を見せている時は右手の動きに注意を!。

是をば是と認め、非をば非認めることに敵も味方も有りません。

敵ながらアッパレと言う事です。そこにどんな深謀遠慮が隠されているとしても、そうであれば尚更「ウマイ!」なのです。

「ウマイ!」ことには拍手を送り、返す刀で原発は?、核武装は?、資金疑惑は?、アベノミクスは?、東京湾の核汚染は?、このところの度重なる世界的な自然災害の原因は?とやれば良いのです。

敵のやる事は何でも間違い、味方のやる事は何でも正しいと言う態度では世論に見放されていくでしょう。
投稿者:張三李四
にいのりさん。北斗七星さん。
これはひどい。小池は日本版サッチャーですよ。核武装論者であり、原発大賛成なのですよ。後でひどい目に遭いますよ。
投稿者:北斗七星
>兵頭氏も金子氏も・・・

にいのり様

ご意見に賛成です。
敵方であれ、誰であれ、良い事と思われる事は良いと言える。

この態度は大切だと思います。そして時には敵方にすら塩を送る。

互いに恨みを残さない為に。

問注得意抄 〔C0・文永六年五月九日・富木常忍・以下三人〕 抜粋

 設ひ敵人等悪口を吐くと雖も、各々当身の事、一二度までは聞かざるが如くすべし。三度に及ぶの時、顔貌を変ぜず、麁言を出ださず、軟語を以て申すべし。各々は一処の同輩なり。私に於ては全く違恨無きの由、之れを申さるべきか。又御共の雑人等に能く能く禁止を加へ、喧嘩を出だすべからざるか。是の如き事、書札に尽くし難し。心を以て御斟酌有るべきか。此等の矯言を出だす事、恐れを存すと雖も、仏経と行者と檀那と三事相応して一事を成さんが為に、愚言を出だす処なり。恐々謹言。
 五月九日  日蓮(花押)
 三人御中


いつも説教めいてしまい申し訳ありません。
投稿者:にいのり
兵頭氏も金子氏も、好きな方々なんですが、何で、今この局面で、小池氏を悪し様に言うのか分かりませんね。
勿論、小池氏は自民党員の都知事ですから、最終的には自民党の権力中枢と何らかの妥協案を探るかも知れません。
だが、では枡添氏が都知事のままだったら、この問題はここまでオープンになったでしょうか?まさか。当然、都連推薦だった某氏が知事になっていたら、やはり闇の中だったことでしょう。
今、この時点で小池氏を政治的に誹謗してみても、説得力に大いに欠ける。
いったい「政治」とは何ですか?
イデオロギーの実現ですか?
そういう側面もあるかも知れない。
だが、それよりも何よりも、宮澤賢治じゃないですが、北に災害があれば飛んで行って陣頭指揮し、東に不正があれば乗り込んで一喝し、西に停滞があれば行って旗を振り、南にアイデアがあれば行って学んで津々浦々に広げんとする…そういう事が原点なのでは…。(勿論、これはあくまでも比喩というかイメージあるいは志の問題を言っているつもりですが)
正直、私、左派側のポジショントーク(というよりもポジション固執トークとでも言うべきか)は、説得力がないばかりか、むしろマイナスに働いていると大いに危惧します。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ