晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
下記の方へ
まず、私が、割りと挑発的言辞を好むゆえか、私に話し掛けて下さる方が結構多いのですが、私は、管理主様のピックアップされた論者の意見に対してコメントするのを基本としています。
コメント者の方に話し掛ける場合は、基本的には肯定的な方向で。後は、話し掛けられた場合。
やはり議論というのは、中心となる議題の提出があり、その論旨・論点を巡ってなされるべきではないかなと思っていますし、管理主様も、そういう論者をツイッター言論よりピックアップされているのが、このサイトでは?
ですから、コメント者というのは、まず中心にある議題なり論旨に対して、並行的・並列的に意見を述べておいて、その上で「ああでもない、こうでもない」と始めるべきではないのかな、といつも話し掛けられるたびに思って来ました。
まぁ、その上で返信しますと、私も親戚にも友人関係にも(今はもう顔を合わす事もなくなってしまいましたが)東大出て、変な(?)国家中枢みたいな所で役を持っているらしい者もいますよ。彼らに"優秀な側面"があるのは確かでしょう。だが人様の為にもならないのなら、ポテンシャルがそこにあり、生き、死んだという事が現象する以外、とりたてて意味は見出だせない訳です。
投稿者:武尊
にいのりさんへ。
案外内調とか公安って頭良いですからね。官僚という事務屋の奴らは、頭だけはイイ。自分たちの為になることへなら、幾らでもその頭を使う。あの東大法学部の奴らの記憶力などを侮ってはいけません。色んな事を組み合わせて仕掛ける為に集まっている連中です。知り合いに東大法卒前に司法試験合格しいた奴がいまして、現在はJAXAにいる筈です。そいつの記憶力といったら、半端じゃなかった。とてもじゃないが、普通の人間は絶対に勝てない。但し、その中身の思想信条がどうのこうのじゃないんですよ。だって結構洗脳されてましたから(笑)
投稿者:にいのり
いやはや、左右どちらの極にもいらっしゃいますが、この手の妙な文体遊びだけには力こぶが入りまくりで、我慢しながら良く読んでみると、論旨としては妄想力全開になってしまっているという…こういう左の極にも右の極にも良くいらっしゃる方というのは、失礼ながら、正直何なんですか。
「内調」だの「官邸」だの、まるで見てきたかのように。
新聞記者の連中というのも、ここぞという時には、まるで全てを目撃したかのようにストーリー仕立ての暴露調記事を書いたりするが、
何か一方の極に寄り掛かりながら、物事を活劇仕立てにして面白がっている感性の人々を私は信用したくない。
「内調」だか「官邸」だか「公安」だか何だか良く知りませんけど、そういう所に勤務する方々が、本当に超優秀な油断のならないスゴい人々だったなら、そもそもこの国はこんなにだらしない事にはなっていないでしょう。
(私、いつも、あぁ自分も同類項だ同類項だと、自戒と内省の念を込めながら投稿しているつもりなのですが、《レンホーが野田を指名してもなお論調を変えない》といった《取っ付き所なき頑なさ》を眼前にしてしまうと、コミュニケーションの不可能性とか、そちらに思いを馳せざるを得なくなる。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ