晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にいのり
『ブラック企業大賞』に正式に輝いた『電通』なる裏社会に相応しい薄気味の悪い異様な会社から聞こえてくる"対策"なるもの…ああいう裏社会の人間というのはホント何を考えているのか良く分からないのですが、"対策"と言いながら、ことごとく「強制」なんだよね。
裏社会に住んでいると「良かれ」と思ってすることですら全て「強制」になってしまうようで、しかも、その異常事態に自覚がともなっていないようだ。
誰か、直接教えてあげないんですか?
強制的に夜10時に消灯する…
強制的に年休を10回取らせる、とか…。
『鬼十則』でしたっけ?やけに10という数字にこだわりがあるようですが、それはそれとして、
「強制というのはね、管理とは言わないんだよ」と、
誰か無能…というか異常無能の社長以下経営陣に直接教えてあげないんですか。
「気をつけ!休め!!」の「休め」じゃないんだから、人間「それ、休め!」と号令されたって休まらないんだって。頭…大丈夫なんでしょうか?
知性とか知恵とかクリエイティビティとか、気配すら伝わって来ず、「経営」という仕事に携わるべき能力の欠落しか伝わって来ない。
「広告業」として実に画期的な事で、自己否定でしかないだろ、これ。
投稿者:にいのり
おっしゃる通り、自分たちの仲間や同僚、それどころか未来ある後続、後輩にあたるみんながただ働きさせられても、何ら社会的に有効な動きを示せない「連合」の無能さも目を見張るばかりですが、
『電通』なる巨大企業は、社員をただ働きさせまくっているのがバレて、いよいよ本年の『ブラック企業大賞』を受賞するという(反社会的勢力間では"こわもて企業"としての箔がつくのか何か知りませんが、まぁ一種の)栄誉に輝いたようです。まさに画期的な出来事ですよね。
不謹慎ながらも思わず吹き出してしまうのは、こうなる事は十分予想されていたのにも関わらず、何ら有効な対策も打てず手をこまねくばかりで、企業としての広報能力・宣伝能力・アピール能力・イメージ戦略等々、一切が欠落している事を自ら証明してしまった点にあり、他人事ながらもこれは会社組織として赤っ恥じも良いところではないでしょうか。
何を業務としている会社か知りませんが、今後も会社を存続させたいのなら、広告宣伝方面については能無しアピールをこれでもかとしてしまったのだから、思い切って全てアウトソーシングしてしまえば良いのでは?
その上で本業に集中すべきでしょう。何が本業か知りませんけど。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ