晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
イスラエル問題

この問題は根が深い。殺されて死んだ者が恨みを懐いたまま輪廻するという思想を無視するならば、ユダヤ人ホロコーストも支持されるかも知れない。そうすればネオナチはノーベル平和賞の筆頭候補に挙げられる。

ナチス、ネオナチ万歳!だろう。

しかし、残念ながら人は輪廻する。それも怨念を懐いたままに何度でも輪廻する。
殲滅は出来ない。戦争は次の戦争を生み出すことになり、戦争も輪廻する。そして、軍事技術の知恵が増殖する。(25メガワットの電力を必要とするレールガンが実用間近だそうだ。原発をやめられない主な理由だろう。)

この理(ことわり)を知らない人を愚者と言うのだろう。
愚者は馬鹿よりもひどく劣る存在だ。
投稿者:にいのり
国連安保理で、イスラエルの入植活動非難及び即時停止勧告が、14ヵ国賛成1ヵ国欠席(アメリカ)という形で採択されたとのこと。
この結果にイスラエルのネタニヤフが激怒、決議に賛成した中国やフランス、ロシア、そして日本等の大使らを呼びつけて抗議した由。
近年、国連の場で嘲笑の対象になることが多かった日本ですが、この件については、なんとか面目を保った形と言って良いのでは?
恐らく米国欠席の情報を予め入手した上での賛成票投票でしょうが、国連憲章の理念、そしてその理念を憲法において共有する日本であってみれば、この種の決議でイスラエルを非難すべき責任を負っているのは当然であり、そのような積み重ねを地道にこなしていくことが、いかに愚昧な安倍政権下といえど、国内外から日本政府に対して膨らむ不信感を少しでも払拭していく上で必要なことになるはずです。
この件に関して問題なのは、イスラエル政府については言うまでもないながら、次期大統領トランプでしょう。ゴールドマン・サックスの関係者を露骨な形で政権中枢に入れるやり方やシオニストみたいな発言等、この人物についてはポピュリズムではない所の方が波乱含みのようではないか。
秘密保護法・自民党改憲草案・日本会議などに共通しているのは、如何に「戦争が出来る国」にするのかと言う事と、背後には経団連などの「財界」、それらと大戦では「戦争を聖戦として正当化」した謀略組織としての過去を持つ「利害を共にする」電通などの広告代理店、政治家を政策立案で従わせ財界には各種規制を加えたり保護出来る官僚組織、それらの金銭・情報などでの三重支配を受けるマスコミが有ります。

公共放送の筈の「NHK」・国民全体の奉仕者の筈の「官僚」・「法の支配」を維持する為に独立した組織として「三権分立」が果たされる筈の最高裁を頂点にした「司法」などが、総て「予算・人事」により内閣のコントロール下に有り、独裁化に拍車を掛けています。

これらは、国民多数が望む様な商品作りが出来ないJR○海の葛西の様な人物が「戦争でも起きなければ経済成長出来ない」と自らの無能さを棚に上げ居座っているのと同様に、アホノミクスで経済減速を引き起こし続けている無能な総理が居座り、「自分達の正当な存在理由」を世界各地で戦争を続ける事でしか示せない「米国の職業軍人・諜報組織員や軍産複合体」と結託しているのでしょう。

往々にして無能なトップは、能力が高い者は潰したり追放し、自らの権力基盤を確かにする為に「同程度の低レベルなイエスマン」を重用し、最終的には組織そのものを破壊して行きます。

日本と言う「国家組織形態」が破壊されたとしても、個々人が生存可能ならば良いのですが、大企業などの組織・権威にしがみ付く方達は、「個人通報制度」などが出来なければそのまま共に沈没して行きそうです。

東京電力原発事故に伴う放射性物質による外・内部被爆がこれに加わり、「国家崩壊」を加速させ2020年を迎えられるのか甚だ疑問です。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ