晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:豊岳正彦
【四つ足も鳥も虫魚もみな同じ鼻糞免疫便秘結毒】

【糞ふんは畑の宝です尿は腐れば薬です】
糞ふんは腐れど土宝です「糞宝尿薬」

万病退散家内幸福無花果浣腸朝夕七夜或又十夜

朝夕食後イチジク浣腸1日2回
朝2分きばる(トイレ混雑)夕5分きばる
7〜10日間連続することで

便秘結毒動物にはない人だけ腹にどっさり詰まった宿便が
毎日朝夕少しずつ出し続けることで10日めで清浄になろう。

その後は何もせずともわずか1〜2分で排便する早糞の技がこの修錬特訓で身につく。

されば常に小用の時間で大を済ませられるので誰にも気付かれず身体を解毒清浄にして、

みるみる熊を投げ飛ばす金太郎や鬼退治を独りでやってのける一寸法師や桃太郎が男の子、
月の世界のかぐや姫竜宮城の乙姫様十二単をつきぬけて肌が輝く衣通り姫小野小町が女の子、

に童男童女全員成るのが三つ子の魂親孝行で人に親切元服日本人である。

かぐや姫桃太郎とも仏様の美しい猫背と微笑でたとえようも無く美しい姿である。

身が美しいと書いて躾「しつけ」という言霊の日本語漢字一文字になる。

言霊とは慈悲仏心是なり。

猫背微笑の元気の背中
元気になれば何でもできる

BABYMETAL - Ijime,Dame,Zettai - Live at Sonisphere 2014,UK (OFFICIAL)
https://www.youtube.com/watch?v=Ro-_cbfdrYE
頭寒足熱躾平常心
万病消災解毒消厄
吉祥爽快拈華成仏

鼻くそ食べてうんこもりもり

四つ足は 嘘をつかない みなほとけ
 猫は水子の 生まれかわれり

本物の猫背のモデルを見て猫背を学ぼう

かわいい子猫を拾った。「ぽてと」と名付けて一緒に暮らすことに!
https://www.youtube.com/watch?v=HPYYm1bOd2g
南無三宝武勇父母無二佛 拈華微笑



https://hougakumasahiko.hatenablog.com/entry/2019/03/19/230935
投稿者:豊岳正彦

【無業息災仏様の教えは糞宝尿薬新元号は太平平安から採って太安】
https://gold.ap.teacup.com/toyamate/4022.html#comment

【四つ足も鳥も虫魚もみな同じ鼻糞免疫便秘結毒】

動物の親例えば猫がその子を抱いて慈悲仏心で躾るときどのようにしているか。
最も大事な躾すなわち子育ては、子の身体(母の身体の分身そのものである)のどの部分に母から施されるか。
それは肛門である。

すなわち常に結毒を体外に排出し続けることが動物の身体を健やかに保つための必須条件なのである。体外から食物を常に摂取らねば生きられず死んでしまうが、
食物には必ず毒が含まれており,
食べただけ消化吸収によって吸収残滓の便中に濃縮産生される毒を常に体外へ排泄排出しなければ、
腸管壁真皮下に最も多く集中する防御免疫自衛隊白血球が、
便が溜まって結晶した毒が逆流してきて白血球の機能が低下し損なわれればまたおなじ結果となり、
子の小さく弱い身体では少量の毒に容易に負けて生きられず死んでしまうから、
親は常に子の肛門を舐めて毒の体外排泄を促し,

毒を排便すれば便の毒で肛門の粘膜がかぶれて傷つかぬように,
きれいに舐めて粘膜に着いた便毒を親の舌で丁寧に拭き取ってやる。
粘膜が傷つけば防衛線が破れそこから侵入した細菌が体内で繁殖して産生した毒にも,
小さく弱い子の身体は容易に負けてやはり死んでしまうからである。
皮膚や粘膜は身体の中を身体の外の毒や攻撃から守る国境の最前線なので,
その最前線で子の未熟な白血球自衛隊防衛網が便や菌の毒で破られぬよう、
親が自分の舌を使って子の全身を舐めてきれいに保ってやることが母の悲恩となって、
限り無く子の身を守るのである。

これが最も大事な親が子に施す「躾」なのである。

動物の身体はみな同じ構造だから,人の躾も全く同じことである。
お釈迦様もお経の中で何度も親の恩の尊さを、
「何も聞かずとも常に赤子の湿ったものを何も云わず取り替えてきれいにして新しい布をあてがう」とおっしゃられているのである。
生きとし生ける全ての母なる大地が無我無心に母子両情一致してこの「躾」を子なる弥勒菩薩に、
施すとも思わずわが身の後生を思うこと無く子の身の前途をのみ思って微笑して黙々と施す。

噫呼母の悲恩天地無窮遍照金剛・




https://hougakumasahiko.hatenablog.com/entry/2019/03/19/230935
投稿者:うにょら〜
「統治問題は元から内なる活動的なキ○ガイと馬○が襲撃してくる問題」である。それがわからないのが馬○とか平和ボケという。判っていてわざわざやっているのは、もちろんキ○ガイ(積極的裏切り者)である。元凶が人のせいにしまくっていれば永久に解決することもない。

「元凶が人のせいにしまくるから」問題が生じ続ける。原発でもやらかしている連中の無能でああなっているのに国民につけを回してる。

大日本帝国でも戦国時代もこの国の祖先が襲撃をやらかしてた話である。「平和ボケが増えると」この手の連中が荒らし回って統治問題になる。

ベトナム人を140人が亡くなった問題でも条件が酷すぎたか、歯向かってきたのをごにょったケースがあるのではないか。

隠したり、矮小化する程に魔窟化が進む。ましてや陰湿に積極的に襲撃してくる連中の話だから症状の進行速度が速い。

陰湿な手段や卑怯な手段が使われると正常性バイアスが働いて、そうじゃないと思い込みたがるが、結果は操作に対し忠実に出てくる。火をつければ燃えるし、壊せば壊れるし、狂わせれば狂う。統治がおかしくなっているなら、積極的におかしな方向に引きずっているのがいるだけ。

ただの無能なら方向性がないか、勝手に衰退していくだけである。狂っているが有能だからこそ、卑怯な手段を使いまくっているからこそ加速度的にある種の方向性を持つことになる。

キ○ガイに刃物(手先としての馬○や知性なども含む)で効率的に内側から破壊される。力を持てば持つほど、まともに回す制御はシビアになる。能力があっても、性格が悪いだけで背負ってない奴の支配は国家と人を内部から破壊する。
投稿者:うにょら〜
「襲撃してこなければどうでもいい屑」による襲撃。襲撃でしか自分を表現できない出来損ない。屑を自分で証明。

出来損ないを救うためにある宗教を出来損ないが襲撃。
宗教は哲学研究とか文化的行事やらもやってくれる側面もありますが、結局屑を救うことが本来の目的の1つのはず。それを神の名のもとに戦争をやったりするのが逝かれた宗教指導者。

宗教のヤバさと効用。
認知と制御。
統治関係は元々ヤクザなもの。
賊やチンピラレベルでは統治の質が悪くなる。

きついことを書いてしまって、すみません。
しかし、本当にまずいと思っているから書いています。

制御を掛ける前にはどうしても認知が必要になると思いますので。
投稿者:うにょら〜
何故か買った馬○が捕まって、売ったやつが捕まらない薬物問題。
馬○を騙すのは簡単だよね。
日本は既にそういう国なんですが、おわかりですか?
国内で詐欺と陰湿な形での暴力が繰り返される国。素晴らしい愛国者様たちの国。
投稿者:うにょら〜
フクシマという言葉を使うなみたいな矮小化工作って誰が金を出してるのでしょうね。

チェルノブイリですら1基の爆発。こっちは世界初3基爆発。日本の福島から世界で名の知られた「フクシマ」になったのは事実でしょうに。

「ヤバいものはヤバいものとして扱うべき」なのに矮小化工作。ヤバいものを扱う資格がないように思います。

影で勝手に変な契約を結ぶから国民を騙す方向にエネルギーを割く。一体どういう契約を結んだのでしょうね。行動に出るわけですが。

トリチウムは薄めて出せば安心とか言ってた人も居るようですが体内に取り込まれてDNAの中にも入り、そこで崩壊すると水素(トリチウム)がヘリウムに変わって、DNA構造がおかしくなるそうですし、BWRよりPWRの方がトリチウム量が多く、PWRのそばではそれに伴う疾患が増えているデータがあるそうです。

参考動画
20190221 UPLAN 西尾正道・木村-黒田純「ネオニコチノイド(農薬)&トリチウム(放射性元素)複合汚染問題」
https://www.youtube.com/watch?v=bUgXNhfEj8k

「惜しまれる人は早く死ぬんですね。」とかが冗談にならない国。
最近は殺されずに何故か「以前言っていたことと噛み合わない矛盾だらけの馬鹿になったり」、180度転向する人もいるようですが。

トリチウムの話はこの動画の1時間5分50秒から観てください。

ぶっ殺して略奪して勝ち誇った国の末裔は半端ないですし、そういう人が当たり前にいる国だということを真剣に考えた方がいいかと思います。ましてや大将の国は戦争継続国ですし、この国は属国ですから。頭ゆるゆる過ぎなんじゃないですかね。内側から平気で破壊する連中とか存在自体が怖すぎなんですが。
投稿者:うにょら〜
自分の家に自分で火を着ける馬鹿ガキと同じで自分の国に火を着けまわって勝ち誇る屑だらけ。
無自覚の賊やチンピラ問題にしても国内で賊が荒らし回る統治問題。
やってることからして賊やチンピラなのにその自覚のない連中があまりに多いのではないでしょうか?

私は割とキ○ガイとか馬○という言葉を使いますが、すっ込んでる出来損ないに対して使ったらいよいよ潰れてしまうので彼らに対してはタブーですが、「積極的に仕掛けてくるキ○ガイや馬○」に対して使うのは護符みたいなもんじゃないですかね。そうした襲撃してくる魔物を封じる言葉を奪ってしまって魔窟化が進んでしまったのではないでしょうかね。要するにわかりやすいでしょ。複雑なことを複雑なまま伝えて分かる人ならちゃんと伝えればいいですが、意味がわかってない連中にタブーを簡単にタブーとして設定し教えるためにはそうするしかないような。ただし、「誰がタブーをタブーとして設定するのか問題」はあります。この質が肝と思います。
手段の適正化こそが統治の基本で、目的のために手段を選ばぬというならそいつこそが統治問題を引き起こしている元凶だと思うのですが。
投稿者:うにょら〜
ここまでおかしなことをわざわざ実行できるというのは「日本と日本人が嫌いな人が一杯居る」のかも知れませんね。呪いの国。

本当に好きなら、もう少しまともな形になりそうですし、そのようにしようと思うはずです。
投稿者:うにょら〜
背負わずに「お得を積極的に追求していると」賊とか、チンピラとか、詐欺師になれます。
彼らこそが「(自身の)お得を積極的に求道した者たち」ですので。
もちろん社会や人のことなんて知ったこっちゃないというスタンスがあってこその「お得の追求」なわけですが。
パッシブならまだマシですが、積極的にお得を追求すると当然侵略戦争や謀略などにつながります。
投稿者:うにょら〜
馬○を引っ掛けて利用する非情さから既に戦争は始まっているのかも知れませんね。
馬○を引っ掛けられるほど頭はいいのですが。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ