晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うにょら〜
人や社会に積極的に取り憑いて利用することばかり考える連中のことを別名「魔物」といいます。これは能力以前に性質の問題です。それに最適化した連中がいるだけ。

どこかの宗教は信者の募集といいながら実質舎弟を集めてる賊集団でしかない。
まともな宗教とそうでない宗教の違いはどこにあるのでしょうね?

屑を分析しても屑であることが分かるだけ。うんざりします。結局屑は荒らしながら依存するだけで解決者になりえない。

例えば社会問題でも、力がないなりにどうにかしようと頑張っている人を偉そうにぶっ叩いて回る屑とかも魔物じゃないですか。

要らんことするならすっ込んでろ、魔物。
偉そうに足を引くな、とか。

もちろん魔物が魔物であることを指摘するところまでは構いませんが、むやみに火を着けまわるならお前が火付け魔だという話です。

基本的に社会ネタは背負いながら解決していくもので、背負う気もないのが偉そうに火を着けて回っているのは、ただの魔物ですから。
投稿者:うにょら〜
wikiで権威主義を調べると
「政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。」
と書いてあります。

しかし、例えば
「安倍首相は政治の権威である」と書くと妙に違和感がありませんか。
「安倍首相は権力者である」と書くとしっくりくるのですが。

日本語で権威と言った場合、その分野での名前の知れた発言力のある専門家という意味があると思います。

どうもしっくり来ないので辞書を引くと
goo辞書
~~~~~
けん‐い〔‐ヰ〕【権威】の意味
1 他の者を服従させる威力。「行政の権威が失墜する」「親の権威を示す」

2 ある分野において優れたものとして信頼されていること。その分野で、知識や技術が抜きんでて優れていると一般に認められていること。また、その人。オーソリティー。「権威ある賞を受賞する」「心臓外科の権威」
~~~~~

続いて権力
~~~~~
けん‐りょく【権力】の意味
他人を強制し服従させる力。特に国家や政府などがもつ、国民に対する強制力。「権力を振るう」「権力者」
~~~~~

民主主義の反対概念として権威主義というのはどうにも違和感があります。辞書の1の項目からすれば確かに合ってます。権力主義、強権主義、忖度主義というならしっくりきますが、そもそも民衆が強権を望めば強権の政権が立ってくるのが民主主義なので、民主主義の反対概念が権威主義というのはどうにも違和感があります。

辞書の1の意味であれば確かに立場からの「権能」やら「威力」や「威圧」があれば意味は通りますが、2の意味だと、まともな意味での実力があったり、質がなければ通りません。日本語のこの曖昧さが混乱を招いているように思います。またそれを意図的に悪用されている気もします。
投稿者:うにょら〜
時のエリートたちが考え抜いて実装した仕組みを変える場合、それ以上のエリートが考えて実装しているケースなら結構ですが、そうでない場合は大抵が改悪ですので。
投稿者:うにょら〜
1つ前の投稿でも誤字だらけですが、発狂して書いてますのでお許しください。
私が文章を人に向けて書く時はたいてい発狂してます。書きたいという意欲を持って書いているというより、「おかしいだろ!」的な感じで発狂して書いてます。

エリートが適切に仕切ってくれている世の中であればどんなに楽か。出来損ないが軸になったら地獄ですよ。またエリートを潰したら確実にその分レベルが下がりますから。人や社会の面倒をまともにみれない出来損ないが勝とうとするな。まともに背負う気がないなら偉そうにしてくんな。賊やチンピラにやられとる統治問題そのものです。

「酷いことをやっても捕まらない賊は賢い」ですが決してエリートでないです。背負わずに壊して略奪、責任転嫁。
投稿者:うにょら〜
なんか世の中におかしな論調があるようなので
この場でお借りして書かせていただきます。

「権威主義=マウンティング」ではありません。

権威主義は質を維持するために必要です。
権威主義でないなら東大全入でもいいですよね。結果的に講義が崩壊しそうですが。

質を担保するためにも質の高い権威が必要です。まともに社会に資する実力や方向性もない癖に暴力や詐欺でマウントしてくるのは権威主義ではなくて、ただのマウンティングです。権威が権威であるためにはそれなりの実力が必要で、権威主義を否定したら質的になし崩しになります。

民主主義で権威主義が成立するのも当たり前で対抗概念ではない。
質が低いのに偉そうしている人こそが質の悪い権威主義(マウンター)です。

国民の質が悪ければ民主主義の内実が悪くなるというだけで民主主義でファシズムが成立しても何ら不思議ではありません。
投稿者:うにょら〜
国内で陰湿な形で襲撃が行われている。
人や社会をぶっ壊して狂わせて略奪して君臨する。
まともに与え背負う能力もないのが仕掛けてくる。陰湿に襲撃してくる。
社会認知範囲の狭い猿だからセクト化して包括的な統治ができない。
また世界との関係をまともに築くことができない。
人型の活動的な猿にはうんざりしています。
投稿者:うにょら〜
日本凄い幻想も馬鹿に馬鹿と自覚させないようにするテクニックなんでしょうね。
日本じゃなくて、その会社やその個人が凄いだけでそれを全体に還元する意識操作詐欺ですわな。
それによって、本当は荒らし回る屑なのに自分は凄いと錯覚する。

どこかの宗教もそうですが「選民思想」というのは基本お猿のマウント志向を強化するために使われるテクニックです。
その真逆で「被害者思想」も「我々は迫害されている」みたいな形でお猿のマウント志向を強化するために使われるテクニックなんでしょうね。いや~頭いいですわ。馬○は引っかかってしまいますよね。
投稿者:うにょら〜
国家とか言う言葉も大抵の人には虚像です。
実際にはその人の周りのボスや雰囲気的なものに従っているだけで国家なんて巨視的なものなんて大抵の人には虚飾に過ぎない。本当に国家を背負っているなら別ですが、それには相当頭が良くて概要的なものがきちんと理解されてなければならない。

大抵の国家主義者は虎の威を借る下種い連中で、本当に背負っているなら下種くなるわけがない。(国家という巨大な共同体への冒涜になりますから。)
ただのマウンティングの軸として国家を使っていることがほとんどではないかと。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ