晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うにょら〜
こんな狭い国の中でさえ裏切る○鹿が統治なんて出来るわけがない。
年金も国債も酷い状態ですが、これって内向きの裏切りなんじゃないですかね。
何で国家が国民を裏切ってるのでしょうね。誰が人の頭をぶっ壊して狂わせたのでしょうね。

正気になって考えたらわかりそうなものですがやはり頭ぶっ壊されて狂わされてるんじゃないでしょうかね。で、そのまま突っ走った結果が現在じゃないでしょうかね。

エリート潰された時点でまともに分析も出来ず、対策も出来なくなってたわけですが。
流石に内側から裏切る国では統治以前ですね。
投稿者:北斗七星
三猿・四猿

2019/6/2東京新聞『生きる』より全文引用
今週のことば   松本章男
「世の常には三の猿をたもつ。道人は四猿をたもつべし。」 無住

禅宗寺院などで、目耳口を両手でおおう三匹の猿の像に出会うことがある。三猿は「見ざる・聞かざる・言わざる」の三態を表している。これに「思わざる」を加えれば四猿となる。無住は鎌倉後期の禅僧。その著『沙石集』より。

こころの中に偽りを秘めて外見のみを真実らしく装うことを仏教では虚仮と言う。世の中には虚仮不実の善が充ちる。わたしたちはその世の中を実在と思うところに分別をはたらかせるから、対象を正しく知覚することが出来ず、虚仮の海に溺れて、妄念の泥まみれになりがちなのだ。
無住は「有念は迷い、無念は悟り」とも教える。
果てしない有念の境地は思念を超えたところに現れてくる。なるほど、「思わざる」という猿を養えば、「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿をも、容易に操ることが出来そうだ。
(随筆家) 以上。

次に2018/11/18東京新聞『生きる』より抜粋引用。
自己の確立と欲望の制御――現代の仏教――立川武蔵 下

一般的に言って大乗仏教は「外的世界は心が作り出したもの、あるいは言語そのものであって、実在しないと」主張してきた。もっとも、大乗仏教以前に成立していたアビダルマ仏教は外界が実在すると考えていたが、大乗仏教の祖、龍樹(二〜三世紀)や確立者世親(四〜五世紀)は外界が実在するとは考えなかった。今日外的世界は実在すると考えざるを得ない。人類が生まれる前に地球は存在したし、人類の消滅後にも宇宙は存在し続けるのである。現代思想としての仏教は外的世界の実在性を認めるべきだと思う。
以上。

私見
「実在」と言う言葉の持つ意味について考えてみた。
水=H2Oであることが現代では解っている。ビッグバン理論によれば、ビッグバン以前には天体物質としての宇宙も、水素=Hすら存在していなかったが、ビッグバン以後に原初的元素としての水素が現れた。つまり、水素という物質は存在はしているが実在はしていない。どういうことかと言うと、永久不変的存在ではないという意味で実在ではないのである。これが「空」の思想の骨格だと思う。この様に考えて行くと、悪人と言われる人も存在はしているが実在はしていない。変化する存在なのだ。目覚めることが出来る存在なのだ。
投稿者:うにょら〜
人の人生に対して何の責任も取らん屑が
勝手に取り憑いてきてぶっ壊して狂わせて
利用する。
だから魔物とか賊と呼ばれる人たちの性質
に振り回されとるわけです。

戦争をやらかすのも、謀略をやらかすのも
普通にサイコだが、そうしたのが当たり前に
居るだけだし、それに粛々と従う連中こそが
下支えする。

わずか80年程度前には、人体実験はやるわ、無差別爆撃はやるわ、投降してきた連中までぶっ殺すわ。

最近では爆発させておいて飛び散った核汚染物を無主物と言ってみたり、作業者の安全性を確保することも含めて対策すべきなのに、何故か補償金も払わずに食べて応援の宣伝工作をやってみたり。安全性がきっちり確保されているならそれこそ風評被害ですが、何で宣伝工作の方に予算を回してるのでしょうね。

宣伝より、まともに回すことにお金を使いましょうよ。事実が酷いのにまともに育てず馬鹿だらけにして訳を分からなくしたり、意識操作で身勝手な方向に誘導してるなら魔物とか賊じゃないですかね。

某国の属国運営にしても確実に属国潰しになってますし、某国自体にしてもゲートの外の世界は植民地みたいになってませんかね。

失敗すべくして失敗しているとしか言いようがなく、やったがままの結果が導かれているとしか言いようがない。

性格悪過ぎ、頭悪過ぎで自滅してませんか?
それも勝手に潰れるのではなく、積極的に
人を巻き込む形で。

国家(帝国)をうまく回すことよりマウント
の方が軸になってませんかね。
グリホサートや遺伝子組み換えやホルモン剤
の使用など某国の基準自体がおかしくない
ですか?自国民に対して厳しすぎるのでは
ないですか。属国はその煽りを食うわけ
ですが。
マウント大好きな猿の国より人の国の方が
いいと思いませんか?
投稿者:うにょら〜
賢くないやつは死ねというなら、最新式のAIが人の能力を超えたらみんな死ぬべきですよね。
もっともそんなけ優秀なAIなら人を適切に活かしておいてくれるかもしれませんが。突き詰めれば活動的な出来損ないの問題しかない。消極的な出来損ないは潰れていってしまう。

「ミミズだって オケラだって
アメンボだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ」

ミミズやオケラやアメンボが生きていく環境も重要でしょう。
まともにこぼせるエリートでなければ、難癖つけては潰しながら利用。庶民を名乗りながらマウントしてくる屑とか最悪なんですが。背負って立つなら零せるエリートの能力が必要で、襲撃しながら糞教条を吐いて依存してくる賊やチンピラは要らんのですが。

まともに回らない理屈を現実社会に適用するなら害にしかならない。
屑の要らんことしいの害悪。

おまけ:「何で人を殺してはいけないのか?」馬鹿ガキが偉そうに語ることですが、
「お前、何でこれまで生きてこれたか?」
「誰もお前を殺さなかったから。」
という糞みたいな解答が何で分からないのでしょうね。
投稿者:うにょら〜
可能になってしまったが故の怖さ。

「ごめ~ん、核ミサイルのボタン間違って押しちゃった。」(本当は承認ボタンなんでしょうけどね。)

「ごめ~ん、操作誤って原発爆発させちゃった。」

「ごめ~ん、ちょっと実験室から人類滅亡させるウイルス出しちゃった。」

悪意がなくても間違いレベルでも力があるってことは恐ろしいことを招く。

ましてや糞欲で人を巻き込む屑は人災の源になる。「キ○ガイに刃物」の害がとてつもなく大きくなった時代だからこそ、力の扱いには慎重にならなければならない。わざわざ○鹿やキ○ガイを量産する国が暴走自滅するのは当たり前のことでやったがままの結果を招いただけ。怖いのは力を持った屑の欲。

何のためにまともに育成するのか。
何のために安定化させようとするのか。
ただ性格が悪いのも致命的ですし、キ○ガイの刃物になる○鹿も問題。

力が着いた現代だからこそ、性格や運用が余計肝になる。
人の頭ぶっ壊して狂わせてりゃ破滅的な結果を招くのは当たり前で、やったがままの成果を導いただけ。人のせいにすんなよ、内側から陰湿に積極的に裏切りやがった屑共。大体100m走でもそうですが、足の速い人は元々速いのであり、努力で埋まるものではない。元々足の速い人が適切に訓練することで世界レベルの選手に成長するだけ。ないものはない、あるものはある。
では、あるものをどう運用するかだし、ないものねだりは意味がない。ないものを作れる場合はあるにしても。

壊せば壊れる、狂わせれば狂う。やったがままの結果を導くだけ。人の頭ぶっ壊せば馬鹿になり、狂わせれば狂うだけ。ぶっ壊して弱らせたところに糞認識を植え込めばスルスルとすがるが如くに糞認識が植え込まれていく。
投稿者:うにょら〜
誰とは言いませんが「論破」が仕事の1つの学者が論破を否定する。論破がなかったら未だに天動説のままなんじゃないですかね。論破になってない論破を論破と言い張る屑の問題があっても、論破自体は問題ではない。ただし、同じ過ちを繰り返すのは○鹿と言うんじゃないですかね。温故知新をやるにはある程度の器が必要で整合性合わせにしてもそれなりに大きな器がなければ出来ない。小物がマウントしてくることが最悪なんですが。小物は小物の領分をわきまえるべきなんじゃないですかね。
投稿者:北斗七星
人新世

人類による新たな地質年代
人類の活動は、もはや後戻りができない一線を超えて地球を変えてしまった。完新世につづく、我々の新たな生存の条件<人新世>とは何か。その全貌を明らかにする。
http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3146

人新世とはなにか
人間の活動が地球に地質学的なレベルの影響を与えていることを示す人新世のアイデアは、たしかに生来思い上がりの激しい性質をもつ生物種であるわれわれ人間には直感的に理解しやすい。この呼称があっという間に他分野にまで広がったのも、そのわかりやすさゆえと思われる。では、人新世はいつ始まったと考えるのが妥当なのだろうか。 専門家たちのあいだでもさまざまな意見があるにせよ、現在のところ、人新世は1950年前後に始まったという説が有力視されている。産業革命でもなければ新石器時代でもなく、はたまた農業の開始でもない。ずいぶん最近のことではないかと違和感を覚えるかもしれない。
では、なぜ1950年なのだろうか。それはもちろん、実際に1950年前後を境にして、完新世と明確に区別できるだけの地質学的証拠が豊富に存在すると考えられているからだ。いわゆる「グレート・アクセラレーション」(Great Acceleration)による大変化である[fig.2]。 グレート・アクセラレーションとは、20世紀後半における人間活動の爆発的増大を指す言葉である★5。第二次世界大戦後に急速に進んだ人口の増加、グローバリゼーション、工業における大量生産、農業の大規模化、大規模ダムの建設、都市の巨大化、テクノロジーの進歩といった社会経済における大変化は、二酸化炭素やメタンガスの大気中濃度、成層圏のオゾン濃度、地球の表面温度や海洋の酸性化、海の資源や熱帯林の減少といったかたちで地球環境に甚大な影響を及ぼしている。
http://10plus1.jp/monthly/2017/01/issue-09.php

グレート・アクセラレーション
アクセルとブレーキを踏み間違えるボケ老人ドライバーの出現は象徴的とも言えるが,象徴XXという存在も気になる。大丈夫か?。
投稿者:
ネットから拾った記事「磁気嵐」
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/032000006/
投稿者:北斗七星
地磁気の減少

『極』2018冬号より抜粋引用
「極の先端研究」

(江戸時代の書物に残されていた巨大オーロラの出現。その謎が科学の目ではじめて解き明かされました。)

江戸時代の歴史を研究している岩橋清美さん(国文学研究資料館特任准教授)は、『星(せい)解(かい)』という書物に描かれているオーロラの写生図を広げて、オーロラの研究者・片岡龍峰さん(極地研准教授)に次々と質問しました。
そのオーロラが出現したのは江戸時代中期の明和7年7月28日(1770年9月17日)のことで、日本各地で目撃され、数十もの記録が残されています。
・・・中略・・・
磁気嵐というのは、太陽外層の爆発で飛ばされたプラズマの塊が地球磁場と衝突して、地球磁場を弱める現象です。大きな磁気嵐ほど、極地でのオーロラの活動が活発になるだけでなく、日本のような低緯度でもオーロラが見えるようになるのです。
これまでに記録されている最大の磁気嵐は1859年9月に発生した「キャリントン・イべント」と呼ばれる磁気嵐です。
・・・以下略・・・

以下要約
地球磁場は1770年から1859年までの約90年間で1割ほど弱くなっていたのですが、今のように電気に大きく頼る文明時代と違って実生活上の被害は無かった。しかし、電気に依存している現代では、大規模な磁気嵐は脅威です。
「いつか必ず、このような大きな磁気嵐は起こります。ニッポンのような緯度の低い国でも、磁気嵐への対策を実施する必要があります」。片岡さんは研究者ならではの提言をしています。
投稿者:
↓「地磁気極の反転・・・世界的大惨事に警鐘」

http://jp.sputniknews.com/science/201808255263365/
1|2|345

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ