晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うにょら〜
ミイラ取りがミイラになって帰ってくる現象が多発している理由はなぜなんでしょうね。
誰がミイラに作りかえているのでしょうね。

人間なんて物なんだから壊せば壊れるし、狂わせれば狂います。
投稿者:うにょら〜
結局お人好しやら無関心が小悪を支えて地獄を作る。もちろん小悪同士の煮詰めあいもありますが。屑だらけであることを知ってそれで統治することはできるが、実行されていることさえ見てない連中に民主主義的な統治なんぞできるわけがない。
大悪になるにはちゃんとした土台が必要でそうでなけば大悪にはならない。小悪は社会をぶっ壊しながら狂わせて依存するので社会も人も持たない。
出来がいい連中だらけなら「ハイハイ」従ってればそれなりにうまく行くが、卑怯な手段を覚えた出来損ないのマウントだから地獄を作る。

「手段が腐ってる時点で裏切り」だが、「それすら理解しない連中もまた裏切り者」である。

屑を軸にしてるなら、あなたも共犯者ですから。ちゃんと社会を組める大悪はいいが、小悪や、小悪に従うお人好しは裏切り者である。

無能ですっ込んでる連中まではまだいいが、積極的に人のせいにしながら裏切る連中には殺意さえ覚えます。やってんのお前らだろ。人のせいにすんなよ。内側から裏切りやがって。
投稿者:うにょら〜
高速バスなんてのは50〜60人運ぶのに運転手が1〜2人、タイヤの転がり抵抗も大きいので本来は鉄道の方が安くないとおかしい気がします。鉄道は本来省エネで安い輸送手段のはずなのになぜか高止まり。どうしてなんでしょうね。
投稿者:うにょら〜
原発は発生した熱の1/3しか使っておらず、残りは海水や大気を暖める装置と機能する。また本来なら元々なかった熱をここまで高速に一気に発生させる装置もない。
所詮石炭は古代の植物の成れの果て。
熱収支がとんとんになるような省エネを目指すべきでガンガンエネルギーを使っていいわけがない。リニアなんてもってのほか。時速500kmと300kmでは速度は1.67倍だが、使うエネルギはこれだけの差では済まない。
狭い枠で考えるから矛盾を調整できない。

頭のいい連中が本気で馬鹿騙しをしてきた場合、まともに頭のいい連中のほうが駆逐されてしまう。自分が馬鹿だと思うならすっ込んでおくのも社会奉仕である。少なくとも人の足を引っ張らない。もちろんまともに役に立ってくれる人はとてもありがたいです。
投稿者:うにょら〜
GHQのお仕着せを否定すると農地改革も否定され、戦後の与えられた民主主義の文脈も否定になる。なんとも皮肉な話ですが。
戦中は特権階級以外散々だったわけですから。
憲法9条だって魔物抑えみたいなもの。
投稿者:うにょら〜
すみません。言葉が間違ってました。
専門外の領域を扱うと駄目ですね。

×小作農
○小農

小作農と言ってしまうと所謂小作人ということになってしまいますね。

政治の領域は広すぎてとてもじゃないですが追いきれませんね。
それこそ専門外の領域を扱って自分ではまってしまいました。
農業関係の皆様申し訳ありません。
投稿者:うにょら〜
恩赦にしてもちゃんと受け皿を作ってから恩赦するのはいいですが、そこまで手配してます?
やっとることが滅茶苦茶。エリート潰すから整合性が合わない。思い込みだけで突っ走る。
投稿者:うにょら〜
神話の国で原発とかを扱っているのがそもそも無理。神風が吹いて解決とかの精神構造でヤバいものが扱えるわけがない。
ヤバいものを扱える精神構造になっていないのにヤバいものを扱うので統治が滅茶苦茶である。軍備にしてもそう。
手垢のついた下種い神を殺さないと、また人間の限界を知った上で制御しないとヤバいものを扱っていい訳がない。
人を生かしたいのか、殺したり痛めつけてマウントしたいのか。
どういう軸を支持するかはとても重要ではないでしょうか。

一つ気づいたのですが、ブッダの生まれ変わりとか、他所の宗教のイメージだけの乗っ取り(キリスト教系のカルトなど)とかやってるところは結局盗賊根性でなければ出来ない。自分からシステムを一から作り上げるのは大変なので、イメージを略奪してるのでないですかね。
投稿者:うにょら〜
小作農でちゃんと食べられるようにしておけば、過疎化が進むこともなく、変な公共事業で食わす必要もなく、余剰人員は都市部へ向かい工場などに就職する構造になる。外国人奴隷労働に頼らなくても回ってたんじゃないですかね。統治が滅茶苦茶なんですよね。そりゃ数も質も落ちるべくして落ちます。
また株式会社な農林水産業は人の育成より利潤目的なので環境破壊の元凶になりかねない。自然の回復力には限界があるが人の欲望はきりがありませんので。

CO2と地球温暖化の関係はきちんと証明されておらず、古代地球の方が遥かにCO2濃度は高かった。日本の場合、石炭もある程度生かしておかないと天然ガスや石油は偏在していて紛争で入ってこなくなることもある。やるなら徹底的に突っ込まないと感情を煽るのがうまい詐欺師に持っていかれますよ。

オーランチなんちゃらみたいなのがあったように可能でも採算が全然合わないとか、事業者向け太陽光発電の異様な高値買取による業者利益と利用者負担の付替えなど結構理系のあれも多く、コロッと騙されるところがありますし、理系の人も分かっていても研究していることでないと中々喋れないところがありますし、正式に研究していても利害が絡むと政治的理由でまともに発言できなくなったりします。だから隣接分野の存在は重要で幅がないとそういうこともできなくなる。

それぞれの分野で質を保ってくれる人はとても重要で、出来損ないが要らんこと口を出すと都合よく利用されてしまう。だから偉そうにマウントするより、ちゃんと背負って立ってくれる人になっていただきたいのです。

偉そうに、または陰湿に襲撃してくる賢い猿は要らんのです。まともに背負ってくれる人は必要ですが。
弱者保護の文脈も必要ですし、社会問題ってのはものすごく厄介でまともに抱えながらやってる人を非難する気は毛頭ありませんが、馬鹿だましでマウントしてくる連中は呪いに呪ってますので。
投稿者:うにょら〜
屑と屑を争わせてどっちに行ってもろくでもない結果を招くレールを敷く。
半端でなく頭はいいですが、誰が責任を負わされるのでしょうね。
1|2345

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ