晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うにょら〜
このコメント欄は管理人様の承認制になっているので訂正コメントを載せていただくにしても時間が掛かります。間違いだらけで質を維持できないこともあり、引退致します。屑にマウントされるのに腹が立って発狂して書いていたので文章が荒れており大変ご迷惑をおかけしました。こんな発狂したコメント群を載せて下さったお心の広い管理人様ありがとうございました。

元々ぶっ殺して略奪して偉そうにマウントしてきたヤバい民族であることは確かですし(他国も似たようなものではありますが)、凶器を持てば、糞手法を知れば平気で内に向かって使ってマウントしやがるキチガイだらけの国であることは確かですし、私以外にもそれを味わった人たちも居ますよね。映画監督や国会議員さえ殺される国ですし、最近では優秀だった人が何故かとてもお馬鹿になったり、狂信家になってたりして、ヤバい連中が蠢くヤバい国ですから。お花畑では巻かれて使われるだけでしょう。力を持てることは素晴らしいのですが、性格の悪いのと組み合わさるのが最悪ですから。本当に気持ち悪い。気持ち悪いのに限ってしつこく人や社会に張り付いてくるのですよね。襲撃や詐欺に味をしめてるから。
投稿者:うにょら〜
表現の自由にしても表現の段階(認知のレベル)で質を上げることで実害を減らす試み。表現の段階で質を担保できないと実際の動きにつながった時に壊滅的な結果を招きかねない。質の高い議論を行うことで穴を埋めつつ、穴を認識しつつ質を確保する。表現の質自体を下げてしまえばその結果として出てくる動き自体がひどくなる。表現のレベルで質を保つことで現実レベルでの質を担保する仕組み。
キチガイ(センスレスや糞欲持ち)に刃物(力)とか言葉は汚いかも知れませんが事実でしょ。
投稿者:うにょら〜
人の視点は必ずと言っていいほどに穴がある。特に社会問題は、様々な立場の人たちの利害調整をせねばならないので「(勝手に)決められる政治」なんてのは民主主義でもなんでもない。
立場が違えば、利害が変わるのは当たり前。狭い視点で席巻してくるのであれば社会の癌みたいなもの。ただ、私の農業分野に対する浅はかさの露見のように縁遠い分野に口出しすると背景が分かっていなくて、切り取り部分だけで判断するのでろくなことにならない。
高度社会はそれだけ人に負担が掛かってきて、きちんと認識できなかったり、それを利用して強引にことを推し進めようとする活動的な出来損ないにやられることになる。複雑性を担保しているのは結局人間なので人間の質や調整能力が落ちると高度さを維持できず、暴走さえすることになる。
キチガイに刃物で自国民300万、他国民2000万の害を既に出した国がこの国であり、また絶対に爆発しないことになっていた原発を爆発させた国にもなった。力を持ってもまともに認知と制御ができなきゃ他殺に自刃になる。
だからキチガイに刃物(凶器、知識、人なども含む)が至言である。
言葉は汚いかも知れませんが、実際に正気じゃないでしょ。賢かろうとうまく運営していくセンスがないのが仕切ろうとするのはキチガイなんですよ。
ましてや背負うのではなくマウントが軸とか猿のレベルの問題で人のレベルに達していない。
投稿者:うにょら〜
自分に対しての自戒も込めて書きますが
「活動的で人や社会に働き掛けてくる馬鹿やキチガイは罪」です。
もちろん分かっていて了解済みでやっている制御付きの馬鹿騒ぎとかは好きにしたらいいのですが、人や社会を巻き込んでの馬鹿やキチガイの結果が大日本帝国やオウムだった。戦国時代でもいいでしょう。まともに始末のつけられない原発でも。

なんでもいいからやればいい、なんて話ではなく、屑が要らんことやったせいで酷いことになっている。キチガイの刃物は最悪ですから。
「背負う能力もない屑が仕掛けてくること自体が裏切り行為」です。無能や病気などですっ込んでる人に文句をつけても仕方ないし、ヤバい系の精神障害者に無理矢理あのような仕事をさせた結果が障害者施設での殺害事件につながったのではないか。(これもひょっとしたら害になる邪推かも知れませんが。)変なお花畑な思想はかえって害にさえなる。

無責任な癖に影響を与えようと仕掛けてくる活動的な屑の問題が深刻なんじゃないですか。
ましてや人の頭は原資であり、馬鹿やキチガイをわざわざ作る行為は人と社会を破壊しているのと同じことです。
投稿者:うにょら〜
業界に突っ込んで深く知らない限りはわからないものですね。
また切り取った情報では確実に背景が不足している。ある程度物を書こうとするとかなり調べこまないと抜けや矛盾だらけになる。
後はちゃんと裏を取ってから文章を構成するプロの物書きさんたち頼みのところがあります。
お金を取っておかしな文章を書く人も居ますけどね。フィクションと事実をごちゃごちゃにされると迷惑です。史実は史実、事実を公文書できちんと記録することで、経緯を参照できるようになる。恥ずべきことを避けようとする動機づけにもなる。

程度を下げるのは簡単。上げるのは難しい。出来の悪いのが勝とうとする時が最悪で、壊しながら狂わせて人のせいにしながら依存するので質も数も落ちる。

屑にマウントされるのが本当に嫌というだけ。
本当に背負って立っている人間を潰したらこっちが結局損になるが、ぶっ壊しながら狂わせてマウントしてくるのが弱体化するのは良いことしかありませんからね。
投稿者:うにょら〜
どうも農業関係は弱いので、この分野に関しては

「語りえないことについては人は沈黙せねばならない」

を守ることにします。
投稿者:うにょら〜
元衆議院議員の笹山登生さんのHPに豚熱についての解説が載ってました。

http://www.sasayama.or.jp/blog/?p=1059

(追記)(2019年11月12日記載)

どうして、「豚コレラ」と名付けられてきたのか? その興味深い歴史

(引用)
その後も、「豚コレラ」の用語は使われつづけられた

しかし、その後も、「Hog Cholera」の名称は「CSF(Classical swine fever)」の名称とともに、アメリカではいまだに使われつづけられている。
(引用終了)

"swine fever"=「豚熱」ということなので、用語としてはあってました。
というわけで変な疑いを掛けてしまい申し訳ありませんでした。
例によってまたあれなのかと思ってしまいました。
投稿者:うにょら〜
活動的な屑に対しては疫病神や貧乏神として機能し、まともにやっている連中には協力する。こうした姿勢になるだけでもかなり変わってくる。

活動的な屑に協力してどうなる。そうであるならお前も元凶だろ。まともな軸になるのは支えればいいが、襲撃してくる賊や陰湿に騙して使う詐欺師を軸にすれば自分もだが社会の首も絞まる。

おかしなことを積極的にやらかしている屑に協力してる時点で「狂信」である。
やればいいってもんじゃない。

疫病神や貧乏神も取り憑く相手次第では、ってことだが、こんなのばかり増えてもまともにたちいきませんので、もちろんまともな方向に努力出来る人こそ重要です。
投稿者:うにょら〜
例によって間違えました。
転身ではなく、転進、転戦ですね。

身近で動機づけしてくれる連中に付きまとわれるお陰でつい書いてしまいますが、やはりミスが多い。付きまといが居なけりゃ書いてないですし。単に活動的な屑(チンピラ)が嫌いなだけですが。「チンピラが活発=統治問題そのもの」なんですよね。陰湿に襲撃しながら偉そうに張り付いてきますし。チンピラとはそういう生き物ですから。

上客ならそれなりの対応。
偉そうに陰湿に襲撃してきたり、慇懃無礼に馬鹿騙しをしてくる屑にしてもチンピラの一種ですから。ノーサンキューな屑の押し売りばかりですから。基本的に極端に図々しいからぶっ殺して略奪して正義なんぞ語れたわけでその末裔が山ほどいる国ですから。
それが分かっていない時点でお花畑なんですよ。お花畑が多いからこいつらが力を持ってしまった。
投稿者:うにょら〜
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122400927&g=eco

>農林水産省は24日、家畜伝染病「豚コレラ(CSF)」の法律上の名称を「豚熱(ぶたねつ)」に変更すると発表した。

敗北を転身と言い換えるみたいな。

これを大真面目に会議して決めたのでしょうか。

「やった結果」が出てこれなんでしょうね。

内側から陰湿で卑怯な手段を使いまくる国は質も数も保てなくなりますよね。それでも体面だけは保とうとする。

もはやまともに対処する力を失ってしまい、適当に誤魔化すことがお仕事。

出来の悪いのが勝とうとした結果、出来のいい連中が潰されてしまったのでしょうね。そりゃ出来のいいのを潰せば、質が低いのでも勝てるようになりますが、世界相対ではどうなのでしょうね。陰湿で卑怯な手段を使った文革万歳。

なんちゃらに刃物の結果、出来のいいはずの人たちまで…。出来のいい人が適切に使う刃物(道具や知恵や人)は素晴らしい効果を発揮しますが屑が勝とうとすると、出来のいい連中を潰したり、劣化させてマウントしようとする。

やったがままの結果が出てきただけ。内側からの陰湿な裏切りはよく効くということで。彼らも被害者なのかも知れませんね。

出来るはずの人たちがそうでなくなるのはどうしてなんでしょうね。
人の皮を被った猿が刃物を持って内側から荒らして回って人のせい。
猿としては本望でしょうが、人の世界は保てませんね。
1|2345

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ