晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うにょら〜
結局力関係と、まともな統治をする気のないものに一方的に振り回されてるってことなんでしょうね。本国統治があれでは望み薄かな。
それとは別に国内統治も滅茶苦茶。構造が物凄く悪くて先がない。まともな投資であれば明るい展望もありそうですが、首が絞まることに大金をつぎ込んでいる。問題山積みなのにそれに目をつぶって、ほれオリンピックだ、万博だ、リニアだと。

米兵にしても訳のわからん戦争に突っ込まれて、湾岸戦争以後、米国が手を突っ込んだところの統治はガタガタになってますが、あれ自体が目的だったのでしょうか。

巻いて共に栄えるなら分かるのですが病んでませんか。

誰の思惑に振り回されているのでしょうね。
駒は同じ。やったがままの結果しか出ませんが。

発狂しての連投失礼致しました。
投稿者:うにょら〜
某大手政党にしても自分の国の統治な割に雑でまともに安定発展を考えているように見えず、とにかく権力を保持することしか考えていないように見える。自国のことで、保守なんでしょ。色々なミステリーなんですよね。

質が落ちてるのは皆さんご存知の通り。数まで急速に落ちている。で、まともに本腰を入れて対策しているようにも見えない。一体どういう考えでそうなのか不思議で仕方ないです。

やはり頭破壊されてませんか?特に価値感覚がものすごくおかしくなってるように思うのですが。悪いウイルスにハックされたPCのような振る舞いをしてるような。表向きは取り繕って、裏でよろしくないことをやりまくるみたいな。

当人たちの意志がどうあれ、やっていることの意味が分からないことが多くなりました。説明責任とやらもあれですから。

だからまともに背負ってないのが力を持ってもろくでもなく使うだけなんですよね。価値観の捉え方が異様でプライオリティが滅茶苦茶になってませんか。
投稿者:うにょら〜
>筋悪を悪、筋のいいのを善と統治者側が決めているに過ぎない。

この統治者とは、民主主義国家では一応国民ということにはなってはいます。そうではなくなりつつあるようですが。
投稿者:うにょら〜
卑怯な手段、陰湿な手段で勝ち上がったものはそれが成功体験になっており、それを使い続ける。
しかし、何で卑怯や陰湿がよろしくないか?の考察が猿なので抜けている。それによって統治が崩壊していく。
悪や善なんてものは馬鹿向けの統治の筋教えであり、筋悪を悪、筋のいいのを善と統治者側が決めているに過ぎない。しかし、このセンスが悪いと大日本帝国やオウムみたいな形態になっていく。センスは重要。
また頭が良くないとまともな実装にならない。抜けだらけになる。それがろくでもなく使われる。人任せにしたいのは山々ですが努力して破っていく連中に内側からやられる。

壊せば壊れる、狂わせれば狂う、育てなければ教えなければ馬鹿のまま。おかしなことを教えればそれを使うろくでなしが出てくる。生命はダイナミックなものですので、うまく運営できないと人と人間社会の劣化が進んでいく。ましてやマウントのために壊したり、狂わせたり、ろくでもない構造を作れば猿山政治に戻っていく。
高度な人間社会なんてなりようがない。

要らんことやるくらいならすっ込んでたらいいんですよ。で、一生懸命考えてまともなことをやったらいい。賊と詐欺師に内側からやられてるからここまで高速に瓦解したのではないですかね。エリートがちゃんと背負って考えて実装してればもう少しマシになってるんじゃないですか。もっとも何人もエリートが潰されたり、おかしくなってる国ですが。エリートどころか一般国民までですが。内側からの裏切りは大変によく効きます。ましてや陰湿だとなかなか発覚しませんし、人のせいにまでしますし。
投稿者:うにょら〜
日本人って外人が接してくる時に狂うことが多くないですか?
南蛮人到来、江戸末期、戦後貧乏な時代はともかく、国際化を強化しだしたバブル期あたりとか。
簡単に暴走しますよね。複雑性に耐えられないとか、簡単に誘導されてしまうとか。
投稿者:うにょら〜
ポジティブ思考が良くてネガティブ思考が悪いと思われる風潮が有りますが、ポジティブは狂信を生み、そのまま突っ走ることがある。
ネガティブ思考はそうした狂信を抑えることもある。本当に完璧なネガなら身動き取れませんし。それがいいと思っているからそう動くのでそれは既にネガではなく変種のポジに過ぎない。本物のネガはただのブレーキであって、自殺にしてもそこに希望を見出さないとなかなか出来ないのではないでしょうか。
絶望からの逃避としてのポジ行為。が、我々は所詮そこらに居る虫やら動物やらとそれほど差のない、ただ脳みそが発達しただけの生き物に過ぎません。動物でさえ生きてるのにそれよりは大抵賢いはずの人間が生きれんのはなぜなんでしょうね。どういう背景があるのでしょう。おかしな背景を作らないことも重要だと思います。もちろん救いも重要ですが。偉そうなマウント要らんですし。
投稿者:うにょら〜
催眠術は自信のある人ほど掛けやすい。
一度信じたら突っ走るから。
私のように間違ってばかりの人間は自分を信用してませんので迷いばかりで全然進めませんし、石橋があったら叩き壊してやろうみたいなところまでやって、壊れて初めて安心できるみたいなところがあり、それが分かって石橋はこの程度の力を掛ければ壊れるからその範疇で使おうみたいな結論に至る。(ただし、これは現実社会に向けてやると酷く迷惑な話ですけどね。)
回りくどいし、よく間違うし、間違うことが前提になっている。人である以上、無謬性の貫徹など出来ない。
間違っていると思ったら立ち止まれないと前の大戦みたいなことになる。
投稿者:うにょら〜
不正確でした。

>わざわざ馬鹿を作って回ったんじゃないですかね。

わざわざまともな人たちをぶっ壊して回ったじゃないですかね。

に訂正してください。

まともな判断能力を奪ってから、もしくは真っ白な頭に書き込んで誘導。
またすぐに信じて誘導される「信じっぽい馬鹿」の量産。

ポッと出たものを容易に信じて駒として使われる。

原発みたいに管理しきれないものはやらないことですし、まともに管理しきれる範囲、やれる範囲のことをやるしかないですね。

やって嵌まる例がめちゃくちゃ多くないですか。

リニアにしても政治的に決まってしまっているので技術屋さんたちがやめとけと言ったものをやっている。
効率の悪さもさることながら、政治的にルートを決めたので断層とかなんも考えてないでしょ。ましてやほとんど直線でしか走れないのでやばい断層を回避できない。

技術屋さんたちの言ってることを汲まないから滅茶苦茶じゃないですか。
で、政治で技術的見地すらねじ曲がる。
技術屋さんが駄目と言ったら駄目な何かがあると考慮に入れなきゃまともに制御できない。
政治の質が悪いというのはそういうことにも現れます。

土木はあまり知らないのですがトンネルのルート選定は地質調査とかで相当考え抜かれてやっているものではないですか。
それを政治的に決定してしまった。

青崩峠 wikipedia
〜〜〜
当初計画では青崩峠の迂回のために兵越峠直下を通過するルートが選択され、草木トンネルが建設されたが、兵越峠の地盤も脆弱なことが判明し、地盤のやや硬い青崩峠西側を通るルート(青崩トンネル)に変更された経緯がある。
〜〜〜
トンネルに関してはこんな例もあります。

猿型統治過ぎてヤバいのではないですか。
まともに人の力を扱えない。

辺野古の軟弱地盤もそうですけど。そもそもあそこに基地を作る意味があるのかとか。お金の使い方が滅茶苦茶じゃないですか。
災害対策やら貧困対策に回すべきでは。

権力基盤のためだけに滅茶苦茶なことをやってつけを払わされるのは国民なんですよ。
勝てば官軍じゃねぇよ、猿が。内側から破壊しやがって。
要らんことするくらいならすっ込んでろ。
投稿者:うにょら〜
海鳥さんかわいそうで、イラク人が何人も殺され、某少女の流れで石炭産業や車の利用を控えよという流れまで形成される。
ちょろいって感じですかね。
だから考え抜いてやってるならともかく、感情動員で誘導するのはヤバいってことです。
人の心を弄んでるようで腹立たしいですがね。
だから頭がいいだけでは駄目で、色々背負ってなきゃ駄目で、背負ってもいないのがマウントしてくるときが最悪です。

「馬鹿騙しを有効に働かせるには馬鹿を作ればいいじゃない。」で、わざわざ馬鹿を作って回ったんじゃないですかね。

こういう見方ってのはどこか人間性が失われていて嫌なのですがだからそういうのをちゃんと分かっているそれぞれの分野のエリートにやってもらわないと無理なんじゃないですか。庶民とやらのあてにならなさや誘導暴走こそが恐怖なんですが。
投稿者:うにょら〜
>それを偉そうに肯定する時点で

それを偉そうに「勝手な口実をつけて」肯定する時点で

にしてください。
口実は神話ベースだったり、勝手に設定した道徳だったり、いろいろじゃないですか。

チンピラがつけ込んでくる時に使う口実とあまり変わらないですけど。
なんでてめぇに絡みつかれてなきゃならないのか、みたいなところから一度疑って見てください。「とてつもなく図々しい」ことがわかりますので。まともに世話になってりゃ別ですが、大抵が襲撃屑の口実ですし、まともな関係性なら普通に相思相愛で特に破綻してませんから。
それとまともな人は基本的に図々しくつけ込んできませんので。
1|2345

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ