晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
罵様

税金を泥の棒にする野党かな。

野党の存在が全く無意味だとは申しませんが、私たち国民が、あの人たちは本気で政権を担う気概を持っていると感じさせる具体的な行動とは何かを考えるとき、思い当たるのは野党共闘ではなくて野党統一です。

実際のところ、弱小野党に分裂しているという現実を証拠として、排他的な人物が多い政治家さん方は、党名を決めるにも、ああだこうだともめてしまうだろうとの予感はありますが、私の希望は野党統一です。

鬼に金棒を望みます。
投稿者:北斗七星
スウェーデンのコロナ戦略

狂気の「人体実験」か、世紀の「英断」か
北欧の福祉国家が進める異色のコロナ戦略に世界中の注目が集まっている。現地に暮らす日本人への取材で分かった知られざる実態とは。

抜粋引用

5/24日時点での感染者数は約3万3000人、死者は3998人。致死率は12%に迫り、人口当たりの死者率は世界6位。

「親が12歳未満の子供の看病で仕事を休んでも、給与の80%が保証されます。」

学校生活での変化は手洗いの推奨や、卒業式などの催しが縮小、もしくはオンライン化された程度。一方、「学校で発生したクラスターでコロナに感染して亡くなった教員もいます。しかし、それによって国の政策を批判する人は見当たりません。スウェーデンには、たとえコロナに罹らなくてもいつ交通事故で死ぬか分からないじゃないかという生死観を持つ人も少なくない。国を糾弾するよりも、個人の責任でやれることをやろうというわけです。(吉澤氏)

「致死率の高さは高齢者施設でのクラスターが原因と発表され、私も納得していましたからね」。
前出の矢野氏はこう話す。「コロナ対策で最も重要なのは、コロナによる死亡者と経済難による死亡者の総数を少なくすること」


こうしたスウェーデンの政策について、ノーベル財団のヘルディン会長ら2000人超の研究者は3月末、集団免疫の獲得を待つ戦略は科学的根拠に乏しい、と猛烈に批判し、厳格な措置を講じるよう求めた。

だが、スウェーデンのステファン・ロベーン首相は、
「私たちは個人として責任を負わなければならない。全てを立法化して禁止することはできない。常識の問題だ。大人である私たちは、まさに大人として行動する必要がある」
とブレない姿勢だ。

「今から3年後には、経済を止めなかったスウェーデンが“成功例”になっているかもしれません。


投稿者:北斗七星
コロナ専門家会議、議事録作らず

たぶん、誰がどんなことを言ったのかは個人に属する情報だから、秘密にしなければいけないという考えがあるのだろう。秘密にしておかなければ言いたいことも言えなくなることもあるにはある。
普段「同調圧力」にさらされていて、たとえ論争になっても良いから自分の考えを言うというような人は意外に少ないのではないか。
(経験から、宗教団体、疑似宗教団体などは典型的な例になる。)

そのような理由から、議事録を残さなければ本音を出しやすくなる。つまり、空気を読まなくても許されるのだ。これは伝統的に「和」を尊ぶ意識が強い民族、裏を返せば同調圧力の強い絆を尊ぶ民族の「悪知恵」なのかもしれない。

投稿者:
>北斗七星様 >野党が頼りない
同感です。野党も税金ド×ボーだと声が聞こえる⁇昨今です。
投稿者:北斗七星
キリスト教神学で読み解く共産主義-4

前々回、佐藤優氏が引用したアモス書9章以前の5章から

アモス書5章  悲しみの歌

1:イスラエルの家よ、この言葉を聞け。
わたしがお前たちについてうたう悲しみの歌を。
2:「おとめイスラエルは倒れて、再び起き上がらず
地に捨てられて、助け起こすものは居ない。」
3:まことに、主なる神はこう言われる。
「イスラエルの家では、千人の兵を出した町に、生き残るのは百人。
百人の兵を出した町に、生き残るのは十人。」
 
・・・・・
     
6:主を求めよ、そして生きよ。
さもないと主は火のように、ヨセフの家に襲いかかり
火が燃えさかっても ペテルのためにその火を消すものは居ない。
7:裁きを苦ヨモギに変え、正しいことを地に投げ捨てる者よ

・・・・・・・・

10:彼らは町の門で訴えを公平に扱う者を憎み
 真実を語る者を嫌う。

・・・・・・・

12:お前たちの咎がどれほど多いか
その罪がどれほど重いか、わたしは知っている。
お前たちは正しい者に敵対し、賄賂を取り
町の門で貧しい者の訴えを退けている。

14:善を求めよ、悪を求めるな
お前たちが生き残ることができるために。
そうすれば、お前たちが言うように
万軍の神なる主は
お前たちと共にいてくださるだろう。

・・・・・・・

18:災いだ、主の日を待ち望む者は。
主の日はお前たちとって何か(を解っているのか?)。
それは闇であって、光では無い。

・・・・・・・

20:主の日は闇であって、光では無い。
 暗闇であって、輝きでは無い。
21:わたしはお前たちの祭りを憎み、退ける。
 祭りの献げ物の香りも喜ばない。

18節の(を解っているのか?)は意味が良くわかるようにするために私が挿入しました。

これを読むと、イエスの再臨を待ち望んだり、メシアの到来を待ち望んだりする人達の気が知れない。
投稿者:北斗七星
罵様

>公明票(学会票)無ければ“行って来い”(票の動き)で
各選挙区で自民得票ガタ減りで落選者続出⁉と誰だかが書いていた。

私もそう思いますが、なんと言っても野党が頼りないですね。

私の観察では、当選できる程度に名が売れ、結果的に議員に成れて、国会で好きに与党の批判をしていれば食っていける職業っていう感じになっている。

実は、私が野党を見る目は冷ややかなのです。

立憲から出て行った人居ましたね。立憲なんて信じていませんよ。
それでも投票することも選択肢にはあります。消極的選択です。




投稿者:北斗七星
キリスト教神学で読み解く共産主義-3

キリスト教の場合は、天に昇っているキリストが再び地上に現れ(神学用語では再臨という)生きている人々と死んだ人々を復活させ、一人ひとり審判に付して、選ばれた人は「永遠の命」を得て、「神の国」に入る。

マルクス主義の場合、資本主義社会では、資本家階級と地主階級によって抑圧されているが、実は選ばれた階級であるプロレタリアート(労働者階級)が革命を起こして共産主義社会を建設する。
そこには支配する者も居なければ支配される者もいない。抑圧対被抑圧という二項対立の図式が脱構築される。

人間が本来の人間性を回復して生きることになる。そして、共産主義社会では、「人々は能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」という原則が実現される。
このような、疎外された階級社会の人間が、本来の姿に戻るという考え方が疎外論だ。

以上。

私見

「イエスの失われた17年」にあるように、
ヨハネによる福音書の書き出しが「ヴェーダ」の引用であるならば、そこに出てくる神は「ブラフマン」であり「梵天」である。
が、通常キリスト教徒はそれを否定する。

つづく。
投稿者:北斗七星
キリスト教神学で読み解く共産主義-2

前項のつづき
トランプ大統領は、キリスト教徒のみが聖典とする新約聖書ではなく、キリスト教徒、ユダヤ教徒の両者が聖典とする旧約聖書からあえて引用し、イスラエルと全世界のユダヤ人に向かって、「あなたたちと価値観を共有しています」というメッセージを送ったのだ。トランプ政権の外交は、親イスラエル政策を基調とすることになろう。

・・・中略・・・

マルクスは、ユダヤ教から改宗したプロテスタントのキリスト教徒だ。マルクスは20代前半でキリスト教と決別し、無神論者になった。しかし、マルクスには、ユダヤ教、キリスト教の終末論が唯物論的に転換して残った。終末論とは歴史に終わりがあるという思想だ。ギリシア語にテロス(teros)という言葉がある。この言葉は、「終わり」、「目的」、「完成」を意味する。テロスについて考察することが終末論の中心的課題になる。

ユダヤ教では、ユダヤ人が律法を守っていれば、破壊されてしまった神殿がいつか再建され、審判が行われ、そこで正しいとされた人々は、全く新しい秩序の中で幸せな生活を送ることができる。

旧約聖書にはこんな記述がある。

9:見よ、私は命令を下し
イスラエルの家を諸国民の間でふるいにかける。
ふるいにかけても、小石一つ地に落ちないように
10:我が民の中で罪ある者は皆、剣で死ぬ。
 彼らは、災いは我々に及ばず
 近づくことも無い、と言っている。
11:その日には、わたしはダビデの倒れた仮庵を復興し
 その破れを修復し、廃墟を復興して
 昔の日のように立て直す
(アモス書9章9-11)

つづく。
投稿者:北斗七星
キリスト教神学で読み解く共産主義 (佐藤 優  光文社新書)より

まえがき

日本人はユダヤ教の影響力をよく理解していない。2017年1月21日、米国のワシントンに於いて、ドナルド・トランプ新大統領は就任演説でこんなことを述べた。

【私たちは古い同盟関係を強化し、新たな同盟を作ります、そして、文明社会を結束させ、過激なイスラムのテロを地球から完全に根絶します。私たちの政治の根本にあるのは、アメリカ化に対する完全な忠誠心です。そして、国への忠誠心を通じて私たちはお互いに対する誠実さを再発見することになります。もし愛国心に心を開けば、偏見が生まれる余地はありません。聖書は「神の民が団結して生きていることが出来たら、どれほどすばらしいことでしょうか」と私たちに伝えています。私たちは心を開いて語り合い、意見が合わないことについては率直に議論をし、しかし、常に団結することを追い求めなければなりません。アメリカが団結すれば、誰も、アメリカが前に進むことを止めることは出来ないでしょう。そこに恐れがあってはなりません。私たちは守られ、そして守られつづけます。
私たちはすばらしい軍隊、そして、法の執行機関で働くすばらしい男性、女性に守られています。そして、最も大切なことですが、私たちは神によって守られています。】
(2017年1月21日 NHK NEWS WEB)

ここでトランプ大統領が引用した「神の民が団結して生きていることが出来たら、どれほどすばらしいことでしょうか」と言う聖書の言葉は、日本聖書協会の新共同訳では、
「見よ、兄弟が共に座っている。/なんという恵み、なんという喜び」と訳されている。旧約聖書の「詩編」133編-1節だ。短い詩なので全文を引用しておく。
詩編133
(都に上る歌。ダビデの詩)
1:見よ、兄弟が共に座っている。
なんという恵み、なんという喜び。
2:かぐわしい油が頭に注がれ、ひげに滴り、
 衣の襟に垂れるアロンのひげに滴り
3:ヘルモンにおく露のように
 シオンの山々に滴り落ちる。
4:シオンで、主は布告された
 祝福と、とこしえの命を

ヤーウェ(神)の教えに基づく世界支配は、シオン(イスラエル)から広められるという意味だ。ダビデ王を理想としたメシアニズムを典型的に示す内容である。

以上。

つづく。
投稿者:北斗七星
何が右翼で何が左翼なのか?

わたしの定義付け。

右翼=国家権力に属する翼、また、それに寄り添う群れ。その心は常に「我ら」のみが正義。
(但し、日本的右翼は常に天皇が付きまとう)

左翼=良識ある一般国民が属する翼、また、身は権力の側に属してはいるが、心は常に良識ある一般国民に寄り添う翼。

それにしても、超監視社会に向かっているような状況は、性善説とは真逆な思想に立脚しているとしか思えないし、現政権のメンバーは悪人ばかりに見えてしまう。その悪人達に監視される社会に「イイネ!」する人ってどんな人?。

「大計画」ではなく「神の怒り」は収まらないのではないか。

倶生天(神)=人が生まれると同時に生じる神で、薬師本願経では、全ての有情にあって、その者の行為についての善悪を記し、それを漏らさずに閻魔大王に報告する神であると説かれている。同生神とも言う。

実には、倶生天(神)と閻魔大王によって「どんな人でも常に監視されている」と言うことになる。
「子供だまし」の教えかも知れないが、ここには「空」の思想が込められている。「空」とは「因縁の法則」であり、「転生法則」であり、「目には目、歯には歯」を報いる因縁法則であり、「悪因には悪果を善因には善果」を誰にでも報いる因縁法則である。

このような「真理」をないがしろにする「人間」を「誹謗正法」の人という。亡国、亡全世界に向かう原因。
1|2345

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ