晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
英雄さま、こんばんは。

>国際金融家と言う正体が認識されて宣伝されているのに、それが黒幕だと言うのもおかしくはないですか。思うに現実はもっと複雑であって、そんなに単純なものでは無いと思うのですが。

もう一度本文を読み返してください。
いわゆる「陰謀論」について
http://sun.ap.teacup.com/souun/655.html
もご参考に。
投稿者:英雄
今晩は、初めまして。何時も楽しみに読ませていただいていますよ。最近は陰謀論の本が多いですね。陰謀界も繁盛しているのかな。所詮作家も本が売れないといけないから根拠が無くても大げさにかきますね。陰謀も可能性の一つとして押さえていかないといけませんが、昔、歴史工学としてユダヤの陰謀論を書いていた大東?博士かな、あのころは陰謀論は一部の好事家しか読まなくて売れて無かったみたいでしたね。大田竜氏などは昔は確か赤で特に変わった人?ではなかったですか。今は陰謀論で食ってる。国際金融家と言う正体が認識されて宣伝されているのに、それが黒幕だと言うのもおかしくはないですか。思うに現実はもっと複雑であって、そんなに単純なものでは無いと思うのですが。
投稿者:早雲
ナルトさま、こんばんは。
>アメリカは彼らの手に落ち、国民を食い潰しながら、「焼き畑農業」を続けており

日本人には、米国が日本を浸食しているように見えるでしょうが、違うのですよね。
米国人は、多国籍企業に浸食されていると感じています。
農業分野なども、従来の米国家族農業はすっかり多国籍食料メジャーに蹂躙されています。
私の姿勢を「反米」ととる方もいるのですが、その様な次元で捕らえていては本質は見えてきません。
「恐るべき真実」はやや陰謀論に傾きすぎているように思っています。「国際金融家」を実体と捕らえるよりもそのような「価値観」と捕らえた方が建設的な対抗策が見いだせるのではないでしょうか?
投稿者:早雲
三介さま、こんばんは。
コメントありがとうございます。
>月面(宇宙)基地とかの難しさ、書かれてました。それこそ山のような多種多様な種と量の生き物が要るようで・・。箱庭を創るようなわけには行かないそうです。


だいぶ前にアリゾナの外れで、何と言ったか忘れましたが、ドームの中で完結した生態系を構築しその中で生活するというような実験をしていました。経緯は詳らかではありませんが、失敗に終わったようです。
自然の生態系は思った以上に微妙で複雑ですからね。

>税金の使い道同様、投資ファンドの行動も監視する、その種の民主主義が必要なんだと思います。

民主主義というよりは、公共の(国民経済の)福利のためには自由(欲望の勝手気ままな充足)の制限が必要なんでしょう。
善し悪しは別として、民主主義は国家がその様な規制を行う事を困難にします。


投稿者:ナルト
早雲さま、こんにちは。
私も、「晴耕雨読」のリンクにあった「日本人が知らない恐るべき真実」を読んでから、貴殿の書かれていることが理解できるようになりました。
「国際金融資本家」・・・怖ろしい相手だと思います。アメリカは彼らの手に落ち、国民を食い潰しながら、「焼き畑農業」を続けており、いまや日本にも深く食い込んできております。
憂慮すべき事態ながら、なかなか打つ手を見出せません。

http://dnalt.iza.ne.jp/
投稿者:三介
今晩は、早雲さん。TB有難うございます。
>戦争や戒厳令は、金儲けにとって、一時的メリットはありますが、長期的には好ましいものではありません。
これと同じことを、シュムペーターやウェブレンも、言っていましたね。
資本家は本来平和主義者だ、と。マルクスとは正反対です。
安定した儲けを続けるには今の中国もそうですが、戦争やハイパーインフレ、デフレスパイラルは、危険すぎます。安全地帯は昔以上に減っていますから、特に核エネルギーの時代には。皆が放射能に曝される暗黒時代ですから、たとえシェルターに入っても。それでノアの箱舟みたいな宇宙ステーションを開発しているのでしょうか?
ニャハハh、『有限の生態』か何か、、もと岩波新書で、今は同時代ライブラリーに入っている本で月面(宇宙)基地とかの難しさ、書かれてました。それこそ山のような多種多様な種と量の生き物が要るようで・・。箱庭を創るようなわけには行かないそうです。
国際金融、特に投機的な短期資金の動き。
この原資は、所謂年金とかが多いのではないでしょうか?厚生年金、医療保険等々。
この資金提供者たる正社員(官民)がある意味、自分の提供した資金で、G&Sとかシティバンクとかの、或いはもっと小さな投機家によって、公務員削減やM&Aとかをされているという悲喜劇、如何ですか?
しかも世界を掻き回すというオマケまで付けて・・。
自分の貯蓄した(積み立てた)資金を増やすことが、自分の生活基盤を食い潰すという悲喜劇。税金の使い道同様、投資ファンドの行動も監視する、その種の民主主義が必要なんだと思います。

その中心には、NPO等の民間市民組織も、これからもっと活躍の場は増えるでしょうが・。矢張り、主権国家を中心とした、国際組織しか頼れるものはないでしょう。
それが緩やかに、連邦化していくというのが理想かな?って思います。

ではまた。

http://blogs.dion.ne.jp/ivanat/archives/4945637.html

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ