晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
三介さま、
コメントありがとうございます。

>過剰生産力の問題は、どう扱ったものか、本当に、困った話です

困った話になってしまう、これが本当はおかしなはなしです。
もっとずっと少なく働いただけで、同じ生活が維持できると言うことですから。

世界が一続きになって、ほぼ全員が給与生活者になるという、外部経済の存在しない「定常状態」に限りなく近づいています。
過剰生産力=人々の活動力を生かして次なる社会体制に移行するしかないのではないでしょうか?
投稿者:三介
(続き)
実際、今の中国は庶民の生活水準を、ある程度上げるだけの大量の外貨をもっています。
が、それを消費産業に投資して、庶民の給与も上げて、一気に消費大国になったら、
(いえ、そういう方針を高く掲げるだけで)
今度は世界中の資源が今以上に高騰するであろうという思惑をいち早くキャッチした投機家が
先行投資して、あわよくば「大儲けしよう」と待ち構えていますからね〜。
運用益を出すためなら、どんなインサイダー情報でも買う連中が・・。
こんな風に、何が原因で何が結果かわからない状況ですからね〜。
しかも兵器や麻薬の密輸、人身売買といった地下経済化したマネーも
駆け回っていますからね。
ですから、ある意味「技術的な公式の」経済理論には、興味がもてません。
むしろ、芸術的な突破口をどう空けるかの方が大事な気がしています。

>近代経済論理で利害対立的に動く経済主体を調整できるのは
>政府(=官僚)だけだと考えている
>「官僚依存病」からの脱却を望んでいるだけ

これを担うのも、結局そういうことではないでしょうか?
ではまた。

http://blogs.dion.ne.jp/ivanat/archives/4967686.html
投稿者:三介
TB有難うございます。早雲さん。
>ベースに供給力>供給>需要という構造があるから、
>供給のデフレギャップ部分をより拡大
>経済主体の破綻=不良債権の増加を招く・・。
>このような経済状況を解消する方法は・・、
>財供給量=需要=供給を実現・・。端的には、給与の増大である。
>徳政令がハイパーインフレを誘発しかねない経済条件に移行しかねいと
>米国が経済的に行き詰まって先行的に実施すれば・・、対米徳政令も実施すべき

そうですね、この過剰生産力の問題は、どう扱ったものか、本当に、困った話ですね〜。
60−70年代にガルブレイスは、『豊かな社会』や『新しい産業国家』で、
「無駄の制度」(都留重人氏の言う「軍拡競」争」にせよ、
米国の「過剰な弁護士が生み出す訴訟」社会にせよ)を否定して、
古代ギリシアが、オリンピアの祭典を開いたように宇宙平和開発競争のような
「ビッグ・プロジェクト」で、吐き出せるのでは?と楽観的でしたからね〜。
マルクス「資本」に出て来る第U部門の生産財(サービス産業の生産手段となる、
例えばクルクル寿司の設備やタクシー等)への投資と、
それを消費できる庶民の懐(給与所得)の増加の恒等式等が満たされて始めて、
インフレもデフレもなく経済成長が出来ることを解明しています。
(続く)

http://blogs.dion.ne.jp/ivanat/archives/4958980.html

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

拍手ランキング

1位 今日の世界経済を理解するために
1拍手
3/26〜4/2までのランキング結果です。

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ