晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:民が世
下のクリミア情勢やパレスチナ情勢を見れば分かるのは結局武力で紛争は解決しない、させても一時しのぎ、という事です。

国民の心情は武力では変えられません。それは数々の歴史が証明しております。

今のウクライナにアメリカが武力を派遣しないのもロシアが戦闘を避けているのも国際社会を敵に回さないようにしているのです。

日本は軍拡、核武装、の道を進まず、平和憲法を維持し国際社会での評価を上げてください。
投稿者:山崎
>銃を持てば、銃で撃たれても文句は言えない。
むしろ無防備(持たない)相手に倫理上は撃てない。

この議論だけはやたらとでてきますが、結局のところ相手側の良心やら国際社会の良心に期待する以上のことは何もしないという帰結になります。
しかし現状のところのクリミア情勢を見てどうでしょうか。どちらが悪とも判別つかず、また大国間の利益に翻弄される小国(ウクライナ)という形です。他にも今も続くシリアの内乱状態。中東のパレスチナでのイスラエルの空爆。

我々日本人が見なければならないのは、2011年の日本の大震災と災害はもちろん世界の同情を集めることもありましたが、それ以上に「日本の震災を嘲笑う韓国の大手報道期間やいくらかの一般市民」「フランスやドイツなどでなされた日本の原発事故への侮辱的で差別的な態度」「爆発した原発の製造元である米国GE社の責任は一切ないとしながら、同じ製造責任で日本のトヨタ社に懲罰的破格の賠償金を要求する米国」「日本人性犯罪被害者がでようが謝罪もなにもしない米軍関係」。

そして、震災によって日本国が大打撃を追ったことにより一気に「日本円」が買われ急激な円高減少が3月11日後に発生したこと。日本が対応不可能な状態で。これは日本が大被害を受けたため日本の保険会社が「支払いのため円を必要として円買」をするだろうとの見込みです。日本全体がストップしてた状態なので、これは海外投資家のマネーでしょう。市場やらの「経済事情」は「善意や博愛」では動いていないということです。これにより日本の保険会社(日本経済)はさらなる大打撃を受け、そしてその最悪のしわ寄せは「現実の被害者」にいったわけです。外国人たちは日本政府の対応等を攻撃することに注視し、それにより日本の一般民衆への攻撃はしていないとの態度をとりますが、現実に政府が攻撃され、社会に混乱を振りまかれれば一番被害を受けるのがその普通の一般民衆です。
投稿者:MH
藤田祐幸さんの「わが国の核政策史」とともに、槌田敦さんのこの議論は、影書房刊『隠して核武装する日本 増補新版』にまとめられていますね。
http://www.kageshobo.co.jp/main/books/kakushitekakubusousurunihon.html
それによると、RETFはいまだに出来ておらず、核燃サイクル計画の様子見のようです。どんなにカネがかかっても核燃サイクルをやめようとしない安倍政権の秘められた思惑は、やはり核武装ポテンシャルの保持ということでしょうか。
投稿者:高橋治行
燃料再処理を核開発と直結してアメリカ
核保有容認論にするのはあまりに短絡と
思います。単純に言えばアメリカが日本に核を持ち込む方が早いし、日本の手に
核を渡す事もない。アメリカが取る手はこちらの方が確率高いですよ。
投稿者:TS
なるほど
現下問題になっている汚染水から
トリチウムを抽出純化できれば
国内で完結して水爆を製造可能な条件ができたことになりますね
投稿者:ショボンヌ
>銃を持てば、銃で撃たれても文句は言えない。
むしろ無防備(持たない)相手に倫理上は撃てない。
「核開発」なんて本気でアメリカに勝てるとでも?

うーん、無防備の相手に嬉々として襲い掛かってくるであろう「虎狼の国」があるのが
当面の問題なのですが。
もちろん、外交や策略で封じ込めるのが得策なのは言うまでもないですが、

いきなり「空が落ちてくる」というのが
杞憂とは言いきれない昨今の状況ですね。
投稿者:四季風
”日本がアメリカの管理のもとに核兵器を作ることを許しています。”と有りましたが、
日本が核武装をしないのは、米国の反対かと思っていました。キッシンジャーが「たとえ北朝鮮や韓国が核武装しても、日本にだけは持たせない」と語ったといったと言われていますが、その後に変更されたのですね。
それが本当なら、すぐにでも核武装すべきです。危険なテロ国家とアジア征服の陰謀を持つ国家が近辺に居て、年中凄んでいるのでは全く安心出来ません。核武装して巡航ミサイルも持つべきです。日本が重武装すると戦争を始める、という輩は怪しいです。大東亜戦争も米国との戦争も、昭和天皇は元より陸海軍が反対していました。支那とソ連共産党コミンテルン、そして一番はユダヤ系偏見異常者ルーズベルトの陰謀です。ルーズベルトが居なかったら戦争は避けられたかも知れません。また、日本に有る朝日新聞は支那人系の新聞で、尾崎秀美などのコミンテルンが忍び込んで戦争をケシカケました。平成の今でも変わりません。支那朝鮮の手先です。そして毎日新聞・TBSテレビは朝鮮総連の手先の如しです。
日本の核武装を急ぐべきです。また、スパイ防止法、国家反逆罪なども、早く法制化すべきです。そうすれば、支那が尖閣・沖縄を侵略して来る事も防げるでしょう。

平成23年3月11日、菅内閣の無様で無能な政権の時、大地震と大津波で福島原発の内4基が破損しましたが、他の5号基、6号機は、正常に止まっています。
また、原因はハッキリ解っています。機械は、原因が解っていれば直すのは簡単です。また、放射線が漏れていますが、死んだ人は一人もいませんし、低線量放射線は無害だと複数の放射線専門家がTVでも発表しています。
日本の反日支那朝鮮マスコミが騒いでいるだけです。それらに騙されてはいけません。反対集会も有りますが、正体は反成田空港、反沖縄基地、などと同じ特種な反日の連中で、日本を蹴落とすのが目的です。我々国民の味方ではありません。

自分の意見だけを述べてしまいましたが、ブログに有ります一連の話しは、非常に勉強になりました。これからも真実の話しをお聞かせ下さい。
投稿者:北斗七星
法句経
137、140 手むかうことなく罪咎の無い人々に害を加えるならば、次に挙げる十種の場合のうちのどれかに速やかに出会うであろう、___(1)激しい(こころの)痛み、(2)老衰、(3)身体の傷害、(4)重い病い、(5)乱心、(6)国王からの災い、(7)恐ろしい告げ口、(8)親族の滅亡と、(9)財産の損失と、(10)その人の家を火が焼く。この愚かな者は、身やぶれてのちに、地獄に生まれる。

6、「われらは、ここにあって死ぬはずのものである。」と覚悟をしょう。−−−このことわりを他の人々は知ってはいない。しかし、このことわりを知る人々があれば、争いはしずまる。
(私注=愚者も死ぬという「ことわり」は知っているが、死なない「業」があることを知らない。)

71、悪事をしても、その業は、しぼり立ての牛乳のように、すぐに固まることはない。(徐々に固まって熟する)その業は、灰に覆われた火のように、(徐々に)燃えて悩ましながら、愚者につきまとう。
(私注=人類の歴史そのものではありませんか。)

224、 真実を語れ。怒るな。請われたならば、乏しいなかから与えよ。これらの三つの事によって(死後には天の)神々のもとに至り得るであろう。
(私注=領土問題にも通じるか。入会地にするも良い。棚上げは紛争の種となり忘れた頃にくすぶり出す。)

「ある物が人に役立つ間は、その人は略奪する。次いで、他の人々が彼から掠め取る時に、掠め取った人が、略奪されるのである。悪の報いが実らない間は、愚人はそれを当然のことだと考える。しかし、悪の報いの実ったときに、愚者は苦悩を受ける。
殺す者は殺され、怨む者は恨みを買う。また罵りわめく者は他の人から罵られ、怒りたける者は他の人から怒りを受ける。業の輪の廻転によって、掠め取られた者が掠め取る」
サンユッタニカーヤ
(私注=かつては琉球王国を掠め取った民族。南米北米大陸を掠め取った民族の運命やいかに。)
かつて栄華を誇った国王や国が、栄華のままに生き残ったためしは無い。これは誰もが知る事実である。
投稿者:農婦
核武装があっても、なくても日本は何も変わりません。日本人をいっきに殺すのは簡単。食料の輸出を止めれば、それで済むことですから。核は使えない武器です。読者の皆さんツユクサの会をネットでご覧になって御協力をお願い申し上げます。大間原発工事が再開されそうです。
投稿者:抑止力???
核を持てば抑止力・・ってのも甘い考えでは?
日本が核の一つ二つ持ったところで、大国の「数」には太刀打ちできませんよ。

銃を持てば、銃で撃たれても文句は言えない。
むしろ無防備(持たない)相手に倫理上は撃てない。
「核開発」なんて本気でアメリカに勝てるとでも?
12|3|45

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ