晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よしお
非常に良記事のため「日本の核兵器製造能力」「わが国の核政策史1・2」を転載させていただきました。
不都合ございましたら御連絡くださいませ。

http://keifugaku.blog110.fc2.com/
投稿者:最近のニュース.com
高速炉「もんじゅ」で作ったプルトニウムは、濃縮度が97%以上であり、
日本は「簡単に核兵器が作れる国」だという。

しかし、東日本大震災がきっかけとなって、
今や日本は「脱原発」の大合唱であり、
実際、平和的な再生可能エネルギー(太陽光、水力、風力など)へと
シフトしていくのだろう。

しかし、それは、
「日本の核技術」を失うことに、つながりはしないだろうか。

「日本の核武装」が遠のけば、
「中露などの核大国」の日本に対する外交姿勢が、
ある時、さらに強硬なものになるかもしれない。

また「北朝鮮の核問題」も、まったく解決していない。

「再生可能エネルギーの推進」は、たしかに重要だとは思う。
しかし「核武装の選択」を放棄してよいのか、国民的な議論が必要だろう。

http://www.the-globalnews.com
投稿者:想定内
元 内閣調査室主幹 志垣民郎 氏は
2010年10月NHKが放映した"核を求める日本"で
"核兵器開発に日本の原発が深くかかわっていたが
特に外交 軍事等については裏があるという事を
 国は公表しないので
 国民はわかってもらいたい
 その事がわからない国民が悪いんであって
もっと国民は国家の外交や軍事のことを
 もっと知るべきですよ"・・と語る

現在日本が核弾頭の材料として即利用できる
プルトニューム総量は約45トン
アメリカの保有量の約半分で有る

日本の高速増殖炉"もんじゅ や ふげん"は
プルトニュームを増産する増殖炉です
また
ウラン専用の原発炉へ
中性子による圧力隔壁の劣化がより
早いプルトニュームを無理に10%混入(Mox燃料)して発電を行う 
プルサーマル事業です
核拡散防止条例違反を避けるために平和利用の名目で
行っている事業です
要するに・・
核燃料リサイクル計画は核拡散防止条例に違反しない為の隠れ蓑対策です
核燃料リサイクル計画は1975年にアメリカを始め
諸外国が危険で中止したこの計画を日本は現在も行ってます

国民に不都合な情報を隠したり削除する総務省の電気通信部門
はフィンランドの核埋設施設"オンカロ"も削除されましたが
必ず NHKの"核を求めた日本"を削除するでしょう
削除されない内に各人で早めに録画されて下さい
http://www.youtube.com/watch?v=3BAExnrO0mQ&feature=related

この日本を統治している者は
政治家や総理では有りません
代々受け継がれた政策を行う上級官僚です
霞ヶ関の一部の官僚による統治が現在も進行中です
「依らしむべし、知らしむべからず」(よらしむべし、しらしむべからず)

最後に・・
霞ヶ関の解体は困難ですが最も最重要な課題です
日本が本当の国民の為の民主主義と平和を得る為には
投稿者:カン
そのとおりです!抑止力は必要です
投稿者:頭痛い
論外、爆縮技術のハードルを甘く見すぎ
なによりプロトニウムを得るのであれば、重水炉で天然ウランに中性子を当てるのが一番効率がよい。
高速増殖炉はあくまで発電手段として優れているだけであって、兵器級プロトニウムを取り出すには不向き
そして、日本の「もんじゅ」などはそこまでPu239の含有率を上げることはできない構造になっている。
根本的に当たる資料が間違っている。
投稿者:来雨草
プルトニウム型原爆の核物質の純度は経年劣化するので性能確認のため核実験をする必要があると思いますがどうでしょうか?外国で最近臨界前核実験のニュースすら無くなりましたが実験は行なわれているのでしょうか?
投稿者:おなか一杯
『北朝鮮と台湾の関係』 核廃棄物

核開発などで何かと話題に上る北朝鮮と台湾の以外な関係をまとめてみましたので
ご参考まで。

 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm

 http://72.14.203.104/search?q=cache:Dgo-61n9W8sJ:nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
 
  日本財団 図書館
  1997/06/10 世界週報

  必ずしも足並みがそろわぬ米側の対応

  加えて、四月一二日、李登輝総統は、イギリスの賓客との会見の中で、
  北朝鮮問題とそれに関する台湾の対応策に言及したといわれる。
  だが、かねてから話題となっていた台湾の核廃棄物を北朝鮮で処理する問題については、
  既述のギングリッチ米下院議長ですら李登輝総統との会見で抑制を促したもようである。

 http://ritouki-aichi.sblo.jp/article/31540733.html?reload=2009-08-27T15:15:16
  愛知李登輝友の会ブログ
   2009年08月23日
    のコメント欄をご覧ください
投稿者:山川蔵之介
日本も核ミサイル30基有り北朝鮮に向けて配備済み万歳万歳した

@.vodafone.ne.jp
投稿者:もえおじ
すでにアメリカの管理のもとに日本に核兵器を作ることを許す方針なのかどうかは不明ですが、非核三原則が崩されてきているのは確かでしょう。おそらく、日本もアメリカも日本が核開発を行なえる可能性は閉ざさないでおこうという合意はされていると考えられます。

一つの可能性として、将来アメリカが軍事支出を抑えるために在日米軍を大幅に縮小しようとした時に、日本国内に核弾道ミサイルの配備を奨励することはありえます。
投稿者:ケトウに水爆を投下する会
やはりやね、反米保守の私からするとやね!! 非核三原則・憲法(健忘(笑))九条・村山河野談話とかふざけた事、亡国の妄言を看過しているようではアカンねムカッ
村山河野を筆頭とする君側の奸は即座に排除し、極刑(斬首・寸刻み)を与え阪神大虐殺に報いるべきだ!!

更に、臣民の血税を何の音沙汰無しにケトウ・チャン殺に流し込むような事を許容しとったらアカンぞ!!

アホな国会議員・政治家・閣僚を5・15事件、血盟団事件、2・26事件のように在庫一掃セールで掃き清めドクロピストル

原爆資料館の館長をムスリム・トルコ・インド・インドネシアの何れかに就任して戴き、幹事クラスのポストを歴任して戴き、一生浮ついた事が言えないように広島・長崎を復讐の街にし、核兵器を大量保有し、ケトウに水爆(ミサイルロケット)で復讐しよう爆弾炎ドクロ
123|4|5

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ