晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
スー氏さま、こんばんは。
ご紹介の記事一読いたしましたが、同意できる内容ではありません。
環境問題は、「CO2」に特化して語られていますが、問題は別のところにあると思っています。
「CO2」はその結果を示す指標にはなるかも知れませんが、大本は、大気水循環系の失調にあると考えます。
人為的なものだけはどうかは断定できませんが。
原発セールスに付き合わされるようなことにならないよう、注意が必要です。
投稿者:スー氏
環境問題とネット工作員の問題がホットです。
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/omnibus/environmentstrategy.html
日本政府もかなり大変ですね。温暖化ですが。。。工作員多すぎ。
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さま、こんばんは。

>農業情報研究所の論文に対しての私のコメント

それは良いのですが、どの部分に対してのコメントか分からなかったもので。
早雲さん!大変失礼しました?農業情報研究所の論文に対しての私のコメントのようですね!大変失礼しました早雲さん!。。。。

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さま、こんばんは。

>個人が所得格差をなくす場合は成り立ちますが?

樊綱氏の論文に対してのコメントでしょうか?
残念ながら、早雲さん!個人が所得格差をなくす場合は成り立ちますが?中国の場合人口当たりを考えますと、中国社会を維持するためには人口当たりの農地面積の経営が成り立つことが中国をささえることになると思います?。。。。

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:はなくそ
はなくそ
投稿者:早雲
愚樵さま、こんばんは
工業の農業化(持続可能な産業化)、農業の農業化がどうすれば達成できるのか。
ローカル化と熱力学的発想がキーになる様に感じています。
中国でも過剰農村人口の吸収、農村の活性化を目的に小城鎮(農村における商工業中心の小都市)建設なども研究されているようです。
これは、日本の農村でも参考になる考え方で、いずれ調べてエントリーを立てたいと思っています。
投稿者:早雲
エヌのブログさま、喜八さま
コメント有り難うございます。
さて、様々な国の農業問題を見てくると、全て日本での問題と無縁ではありません。日本だけを見ていては気づきにくい問題が拡大されて出てきていたりして、我が身のアラに気づいたりします。
投稿者:愚樵
早雲さん、こんにちは。
とうとう中国でも農業の工業化が始まりましたか。これは必然の流れですが、恐怖を感じます。
この流れの先に環境破壊→破滅というストーリーが待っているにしても、中国に農業近代化をやめさせる根拠が今の世界には見当たりません。まさか「核拡散防止条約」ならぬ「農業工業化拡散防止条約」を作るわけには行きますまいし、あったとしても中国は批准しないでしょうし。
戦争・平和の問題もそうですが、環境問題ももはや「権力による力の理論」ではどうにもならないところに来ているのではないでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/gushoukuuron/
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ