晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
ダンカイ23さま、こんばんは。

>なにか意味があるのでしょうか

しばらくの間上に置いておきたい記事にこんな事をしました。
皆様に特にお読みいただきたい記事です。
ご不審ご容赦。
投稿者:ダンカイ23
このページ
2007/5/24?となっていますが
本日は5月12日です。
なにか意味があるのでしょうか
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さま、

>私は発想の仕方が異質なんでしょうね、

そうは思いません。
表現の仕方が独特ですが、発想自体はごくまともに思えます。
はしょらずに、前提になっている条件から説明していただければより理解しやすいとは思います。
投稿者:早雲
面白い発想だが さま、こんばんは。

>米国ブッシュ政権がここへきて、温暖化対策に乗り出したのは、そのまま素直には受け入れられないように思えます。

そうおもいます。
特に、バイオエネルギーに関しては、単に国内の農業政策でしかないと感じます。

>食料を大量に輸入している国は、アジアにあり、中国、日本、インドというところです。特に東アジアに騒乱を起こそうという陰謀なのではないかという気がしているのですが。

陰謀かどうかは別にしても、結果として困窮するのはそうなるでしょうね。
投稿者:面白い発想だが
はじめまして。

世界的に食料需給が逼迫する傾向にあるようです。
米国ブッシュ政権がここへきて、温暖化対策に乗り出したのは、そのまま素直には受け入れられないように思えます。

食料を大量に輸入している国は、アジアにあり、中国、日本、インドというところです。特に東アジアに騒乱を起こそうという陰謀なのではないかという気がしているのですが。
早雲さん早速の返信コメントありがとうございます。私は発想の仕方が異質なんでしょうね、ある時期まで賛同受けますが、その後難しく感じられるようです?ですが、早雲さんのようなコメントを書いてくれた人はいません。最近の知識人は統一した考え方にこだわりすぎて、異質な考え方を理解しようとしなくなってるようですね?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さま、こんばんは。

>はじめまして

以前何度かコメントいただいています。「関係性」さまでのやりとりも読ませていただきました。
おひさしぶりです。

>日本の農業、企業の経営規模が小さい規模の経営がなりたつようにしますと、オーストラリアの農業規模の小さい経営が成り立つようですよ?

そう思います。小規模といいますが、微気象、微環境に適した、無理のない農業を考えると大規模化は難しいと思います。

>世界中の経営規模を小さく成り立たせ失業者のない世の中を目指すべきと考えます。

極論になりますが、全ての人々が自給用の作物を作る事が出来ればほとんどの問題が解決します。
そこまで行かずとも、国内で食料を自給することを目指せばおっしゃるようになります。

>つまりは日本経済を循環経済へ早く転換させ、バランスある国際経済を目指すことではないでしょうか?

それには、近代の終焉が避けられないことを理解し、経済が成長しないなかで全ての人々が豊かに暮らしてゆく方策を見いだすという価値観の転換が必要です。
はじめまして、規模の大型経営による災害の一つですね。最近きずいたのですが、日本の農業、企業の経営規模が小さい規模の経営がなりたつようにしますと、オーストラリアの農業規模の
小さい経営が成り立つようですよ?そうなれば、今回のような農地灌漑の禁止などしなくとも良いと思いますがね?このことは世界中の経営規模を小さく成り立たせ失業者のない世の中を目指すべきと考えます。つまりは日本経済を循環経済へ早く転換させ、バランスある国際経済を目指すことではないでしょうか?

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ