晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
banabunaさま、こんばんは、こちらで返事させていただきます。

>妄想部分が非常に気になります。

>孝明天皇暗殺、会津戦争の虐殺と過酷な戦後処理、無慈悲で無謀な西南戦争、国家神道にみる「伝統の否定・改ざん」、そして東宮御一家の問題、皇室典範改正、等々

>日本にも「悪魔崇拝者」と幕末に直接取引した人がいますね、きっと。
ぼうsy
>日本の差し迫った実状から、取引に「応ぜざる」を得なかった

坂本龍馬、西郷隆盛などはそうだったとおもっています。
しかし、元長州藩士達は少し違っていたように思えます。
その差異が、後の西南戦争に繋がることになったのでしょう。
天皇家も、御一新で一度絶えている可能性も有るとおもっています。
明治帝の南朝正当発言など、傍証もいくつかあります。

>問題はその取引上の契約が今も続いているように見えることです。

そうおもわれます。天皇家のオランダ、英国王室との絆の強さを見ると、天皇家も「彼ら」のお仲間かとも疑ってしまいます。真偽の確かめようも有りませんが。

>皇室とは、社会の「ケガレ」を昇華して「ハレ」にするためのスケープゴートである、

持斎と起源は共通かも知れません。
御一新前は八百万の神の中の最高神(地域連合の盟主)的存在でしたが、維新後百八十度転身しました。これは天皇を「玉」として担いだ、主として長州の意志です。
明治帝は伊藤の存命中は窮屈なご様子でしたが、死後解放されたかのように見えたという話もあります。その中での、「南朝正統」ご発言です。
あやしいでしょう?

>終戦後、田中清玄は「なぜあの戦争を止められなかったのですか」と昭和天皇に尋ねたそうです

「彼ら」の望む、米国参戦を止めることなど、不可能だったのでしょう。

>「悪魔崇拝者」が美しい世界を望むというのは、

単一の価値観で統一された世界を「美しく」感じるのが、「彼ら」の心性なのだと思います。
私のような好き勝手に生きている自堕落な人間には、「おぞましい」世界です。
投稿者:banabuna
いつも興味深く拝見させていただいております。

妄想部分が非常に気になります。

孝明天皇暗殺、会津戦争の虐殺と過酷な戦後処理、無慈悲で無謀な西南戦争、国家神道にみる「伝統の否定・改ざん」、そして東宮御一家の問題、皇室典範改正、等々

日本にも「悪魔崇拝者」と幕末に直接取引した人がいますね、きっと。ま、当人たちは本当に「悪魔崇拝者」になるつもりはなく、日本の差し迫った実状から、取引に「応ぜざる」を得なかったのかもしれませんが(だから、幸いにして他国よりは破壊が徹底されなかったのでしょう)。しかし、問題はその取引上の契約が今も続いているように見えることです。

またそう考えることで、昭和天皇が「親英リベラル」な態度を「取らざるを得なかった」ことに納得ができる気がします。

皇室とは、社会の「ケガレ」を昇華して「ハレ」にするためのスケープゴートである、と誰かが解析していましたが、そうだとすれば、昭和天皇は幕末の「ケガレ」をきっちりと意識して行動されていたのではないかと思います。

終戦後、田中清玄は「なぜあの戦争を止められなかったのですか」と昭和天皇に尋ねたそうですから、その時に何らかの答えをいただいたのではないかと妄想しています。

結局、昭和天皇のご一身では、「ケガレ」は清めきれず、現在に続いていますが、これは皇室だけに任せていい問題ではないですね。今後益々そうした「ケガレ」が社会を覆うとき、むしろそれを「晴らす」チャンスと考え、行動できる人間が必要なのだと思います(やることは地味ですけれど)。

「悪魔崇拝者」が美しい世界を望むというのは、「シムシティ」というゲームで、「希望の都市」ができるまで、何度も都市を壊し続ける行為に似ていると思います。彼らは現実とバーチャルの重要性が逆転しているんですね。まさにカルトだ。ま、それだけ「現実」がお嫌いなんでしょう(笑)
投稿者:早雲
寄稿人さま、こんにちは。
貴ブログ寄らせていただきました。

>此も悪魔崇拝か?

単なる「欲」でしょう。
「悪魔崇拝」は「信仰」にまで高まっています。日本人には理解できません。
投稿者:早雲
tatsujinさま、こんにちは。

>Scooter Libby陪審の結果次第では,ネオコンと奥の院の息の根を止めることになるかもしれませんね。

そうなれば結構ですが、どうでしょう?

投稿者:寄稿人
同じ事が元関取兄弟に有るとか亡いとか?
まあ男と女の世界のこと良くある事。知っても知らぬ振りをするのが男の器量とか?此も悪魔崇拝か?

http://blog.goo.ne.jp/kitaakari1948_1948/
投稿者:tatsujin
こんにちは。その悪魔崇拝も,Scooter Libby陪審の結果次第では,ネオコンと奥の院の息の根を止めることになるかもしれませんね。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/565.html


http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ