晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
かくまきさま、こんばんは。
「アマゾンの攻防」期待して観たのですが、少々がっかりです。ビジネス面の話題に偏りすぎて、環境問題としては訴えかけるものは有りませんでしたね。
中国の食用油の需要が大幅に増加し、その為に大豆農家の囲い込み合戦が熾烈になっているという印象だけが残りました。
投稿者:かくまき
早雲様 こんばんわ。もうご存じだと思いますが、今日、10時のNHKスペシャルは、「アマゾンの攻防」熱帯雨林が大豆畑に変わる 日米中・三つどもえの食糧争奪戦
だそうです。必見ですね。

http:// http://inakadehoel.cocolog-nifty.com/kenpouomamoru/
投稿者:早雲
mew-run7さま、こんばんは。
全くその通りです。サラリーマンだった頃に地球や人々の事など考えながら仕事をしたことはほとんど有りませんでした。
自然に触れるようになってから気になり出しましたが、仕事に追われている頃には季節や天候さえ意識の外でした。
投稿者:mew-run7
いつもTBを、有難うございます。

我が家と親しいお宅は、ご主人が商社勤務で、以前、
アマゾンの森林開発(農産物の開発)のために、何年も
ブラジルに駐留されていました。

そのご主人が「ブラジルに行っていた当時は、産業の開発で
現地の農民や日系人などにも喜ばれ、しかも日本の国や自分の会社
にも利益をもたらすことなので、よいことをしているという気持ち
を強く持って、どんどんと仕事を進めて行ったのだが、今、考えると
全く地球全体のことや、ブラジルの自然破壊のことを考えていなかった
ことを反省させられる」とおっしゃっていました。

他の事例でもしばしば感じることですが、産業開発と自然破壊は、
本当に表裏一体&紙一重なのだな〜と思わされたお話でした。



http://mewrun7.exblog.jp/
投稿者:souun
かくまきさま、こんばんは。
近場の食料主体の食生活が当たり前にならなければ解決に近づかないのでしょうが、難しいですね。
せめて、消費者にこの実態を知ってもらうことで何かが変わればと思います。
エビの話、私もです。
投稿者:souun
方城渉さま、はじめまして、こんばんは。
気が向いたときにはまたお越し下さい。
投稿者:souun
なっとくさま、こんばんは。
中国を始め砂漠化の進行は恐ろしいものがあります。地球の大気、水、物質の循環を真剣に考えなければ食料、エネルギー問題の先は見えないと思います。
投稿者:souun
愚樵さま、こんばんは。
全く仰るとおりですね。多国籍企業には背負うべき国も有りませんからやりたい放題です。
鎖国、廃県置藩による地産地消などと夢想したくなります。
投稿者:かくまき
 ゆたかになって肉を食う、そして動物の飼料として大豆が必要。どう折り合いをつけていくか難しい問題ですね。人口増だけでなく、伝統的食生活を破壊して食が企業に握られてしまってますから。
 10年以上前だったと思いますが、アマゾンの航空写真を見ました。森林が開拓されて櫛に歯のようになっていました。それ以降もまだ森林が破壊され続けているのですね。森林を破壊してしまう企業は、自分たちの利益のためなら(口を開けば、消費者の利益という)環境がどうなろうとかまわない、。無責任きわまりないですね。美しい自然を残すという意味だけでないですからね。そこの生態系を壊すことによって、命の連鎖が壊され、種の保存ができなくなり今後の影響は誰にも分からない、地球環境に確実に影響を与える、など浅はかな考えで取り返しのつかない失敗をしていますね。企業の言い訳<環境破壊との明確な因果関係は認められない>などはもう聞きたくないですね。
 エビの乱獲もマングローブの破壊と関係あると聞いてからエビもあんまり食べたくなくなりました。一人そんなコトしても、大勢には影響しないのが悲しい。
 関連情報も面白そうですね。

http:// http://inakadehoel.cocolog-nifty.com/kenpouomamoru/
投稿者:方城渉
宮沢賢治の風 の方城渉です。
http://kenjinokaze.livedoor.biz/

TBありがとうございます。
最近は知れば知るほどきついことばかりです。

管理人さんのせっかくのコメント削除しちゃいました。
わからないサイト(?)につながったので。
また来てください。

こちらのサイトならわたしもとても勉強になります。

みなさんのコメントも興味深いです。



http://kenjinokaze.livedoor.biz/archives/50459056.html
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ