晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:海風
はじめまして。昔何かで、マウンテン・ロックに、4人か5人の米国大統領の顔の彫刻を観たのですが。確かに、観光用でもありました。その中で、ワシントンとリンカーンはすぐわかりましたが、あとジェファーソンの顔も、説明書きであり、どうしてこの人がと、いまひつと合点が行きませんでしたが、やっと、彼の発言から、その理由がわかったような気がします。片手に聖書をおいても、法治国家、社会構造はもうひとつの手で、汚さずに監視して運用維持しないと、負のスパイラルに引きずり込む輩どもも出てくるのですから。

http://d.hatena.ne.jp/kaihuuinternet/
投稿者:sizimi
アメリカの「子供達は気がつけば、父親達が征服した大陸で宿無しになっているということになるだろう。」し、日本人も其の流れで賃金奴隷に堕ちている。働けば働くだけ貧乏になるという構造的のセッティングの下でこうなるということは誰もが実感していることだ。少なくとも数千万人現在いるとされる月収10万程度の人々は。自分の希望しないのに、こういう状況に落とされ、ある意味では絶望の淵で生きている人を現実に沢山知っています。彼らを家族にして苦境を跳ね除けたい。
チュニジア、エジプトの奴隷状況におかれた人達も立ち上がった。彼らのこの20年の窮状と、彼らの怒りとを共有するものです。

http://.
投稿者:北斗七星
この世界が「理想社会を夢見る」人の思いどうりになるなどと夢見ることは、「夢のまた夢の夢」を見ることだと思いつつも、こみ上げてくるどうしようもない情念に突き動かされて、そのどうしようもない夢を追う。そのような人の周囲には、すでに実現された夢が有る、と思いたい。
しかしながら、ユダヤにはユダヤの夢が有り、イスラムにはイスラムの夢、共産主義には共産の夢、国王には国王の夢、キリスト教にはキリスト教の夢、仏教徒には仏教徒の夢があり、しかもそれらは無数に分裂をしている。一体どれほどの夢がこの世にはあるのでしょうか?夢の色を誰も見たことがない。
日本の昔話「塩ふき臼のはなし」は、人の生き方をやさしく教えてくれているような気がします。
投稿者:早雲
確信犯の冤罪主張さま、こんばんは。

>ご理解も共感も得られないのです

前のコメントに書きましたが、やはり何も知らない人々に丁寧に解りやすく説明するところから始めるしかないと思います。
早雲様 ありがとうございます
過去の出来事は現在に都合がよい方向で多分に修飾してしまい勝ちです
事件当時は五里霧中でしたが敵の正体を知ってからは・・ 強大な相手との闘争はゲリラ戦術と遊びの精神がなければ長続きしません
今春は裁判所を嵌めるべく囮訴訟を提起 これも見事に罹り「訴訟指揮国賠」に繫がりました これも見ものです 公示送達で敗訴・・裁判例は見当たりません
番外なこれらの瑣事は社会参加アートなのです ご理解も共感も得られないのです
芸術には常に傲岸の気概と 現在 確立されている権威に対する侮蔑の態度がつきものである  ベン・シャーン




http://suihanmuzai.hp.infoseek.co.jp
投稿者:早雲
確信犯の冤罪主張さま、こんばんは。

HP 拝見しました。
ご苦労されている気配は伝わりますが、 事情はよく分かりませんでした。
冷静にとは他人事のようで恐縮ですが、他人はあなたにとって当たり前のことでも、分からないものです。
出来るだけ感情を交えず、経緯を子細に渉って記述されてみては如何でしょう。

>運動(支援活動)や外圧(マスコミ・政治力)がなければ 公正な裁判が受けられず被害者弁償もされない 拉致事件ばかりが人権問題ではない 人権は経済的に保障されて始めて人権になる

同意します。
御身御大切にお過ごし下さい。
圧倒的強者に立ち向かう高揚で立ち上げたものの 賞讃も非難も嫌がらせすらもない気味の悪さに閉鎖を宣言した 期待したカーテンコールもない 巨悪への告発は燎原の烽火の如く拡がり 一挙解決と甘い予断は大外れでした
この背景にはお粗末名損事件の公益性云々があるが 私的な怒りを伴わない公憤なぞなく
 冤罪・誤判主張には定型化されたパターンはない
自分なりの矜持と被害者意識が裏表になり 当方の語り(報復)に流れが生まれた
警察・検察・裁判所の鉄のトライアングルに迷い込んで 奴らの敵愾心を挑発した謀叛は自負している
悪辣司法の流れを変える公益性という正義性の他に わが法則の「幸運」という絶対的な価値が加わった これが粗暴犯や恐喝犯の場合は話が全く変わってくる 名損での投獄は人権侵害提起として最上だ 言い古された表現ですが 世の中のさまざまな矛盾を解決する為の根底的な指針は人権であり 他者への想像力にあるのではないでしょうか 当方が如き浮浪者にも尊厳はあり 運動(支援活動)や外圧(マスコミ・政治力)がなければ 公正な裁判が受けられず被害者弁償もされない 拉致事件ばかりが人権問題ではない 人権は経済的に保障されて始めて人権になる

http://suihanmuzai.hp.infoseek.co.jp

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ