晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:北斗七星
「生かさず殺さず」久坂部 羊 著

読む人(東京新聞2020/8/1)より

書評 原口真智子 作家
日本には500万人の認知症患者がいる。今後更に増えていくだろう。治療も予防も未だ決め手がない現実の中で、私たちは当然のように長生きを目指す。
・・・中略・・・

本書の主人公は、様々な病気を抱えた認知症の患者を、まとめて収容する病棟の医長である。尿バックを吊したまま徘徊する前立腺ガンの患者、こっそり大福餅を食べようとする重度糖尿病持ち、暴力を振るう患者もいれば、排泄物を隠す患者もいる。むろん、誰もが立派に社会人としての過去を持つことは言うまでも無い。
さらに事情を抱えた背後の家族たちも絡んで繰り広げられる、医師や看護師たちの日常。
・・・中略・・・

どれほど悲惨な症例も、やがて患者の死によって集結する。難問も、矛盾も、不条理も、死とともに解決するのである解決するのである。
それは悲しい真実だが、また次の命の上に新しい難問が生まれるだろう。そうやって命の上にとめどなく降り積もっていく問いを前にしては、言葉も答えも見つかりそうにない。
以上

もう一冊、富士本由紀 著 「愛するいのち、いらないいのち」(光文社)。介護に伴う家族の惑い。

これは優生思想なのだろうか?。

日本で、トランス脂肪酸はどうなっているのか?。

投稿者:北斗七星
尊厳死と安楽死

論文(自殺を是認する仏教の立場)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jabedit/18/1/18_KJ00006485545/_pdf
投稿者:ロシナンテ
グチャグチャ書かれてますが『死ぬ自由』が欲しいですねえ。
国家は決して健常者への『死ぬ自由』を与えては来なかった。
今じゃ誰にも迷惑かけずに『自ら死ぬ』術すら選択困難になってますわ。

健常者にも『死ぬ自由』を認めたなら、
まあ、今までの適者生存を標榜してきた国家は破綻しますわな。
脳死でも生きてる限り消費は伴いGDPの貢献にはなる。
苦痛と恐怖を取り去った『死ぬ自由』を市民が獲得した時が、
真の民主制に変われるのだと考えております。
投稿者:北斗七星
「臓器移植によって生き延びたい」。という思いは、すさまじい「生への執着」のように感じます。すさまじい「死への執着」と同様に捨てるべき「執着」ではないかと思っています。私は来世思想を少しだけ信じるようになってからというもの、「すさまじい執着」から離れることを願うようになりました。
取捨は人に任すべきだとは思いますが、臓器移植は商業主義の強い匂いがするのです。
投稿者:通りすがり0-0
大変興味深いエントリーをありがとうございます。
日本で脳死が導入されたときに、十分な議論も国民の理解もなく、いつのまにか導入されてしまったと思っています。今からでも論議が尽くされるとしたら大歓迎です。でも、もともと日本には真の意味での民主主義は存在せず、論議が尽くされるなどということはいまだかつて見たこと無いような気もしますが(あるのはマスゴミといわれるテレビのワイドショーと、一方的な新聞だけ。ブログだけが頼りかもしれませんね)。
個人的には脳死は科学的に死だと思います。司令塔である脳組織の壊死であり、精神活動が無いばかりか、どれほど手を尽くしても、心臓、肝臓、肺等々首から下の臓器は刻々腐って行っている状態です。このように腐りつつある身体を呼吸器、点滴等で拘束するさまは、私の目にはかえってむごいように映ります。どれほど手を尽くしても、2週間以内に確実に心臓死に達します。その間の処置は、お一人様数千万円に達します。こんなことに大枚を注ぐのは、誠に愚か者のすることだと思います。
私自身に関しましては、脳死に達したら、どうか延命機器を止めて頂きたい。この処置でほとんどの場合、1時間以内(普通は20分以内)に息を引き取ります。ですから心停止の前に、臓器がまだ新鮮であれば、これで重い病に苦しむ人に意義ある人生を与えることができるのです。私は誠に心から喜んで提供して差し上げたいと思います。死んでも人様のお役に立てるのならば、人としてこれ以上の素晴らしい生を恵まれたことは無い、と満足して大往生できるでしょう。
現在国外居住ですが、私が脳死を迎えた場合、角膜、皮膚、心臓、腎臓、肺、腸、使える部分は臓器移植に提供することになっています。どうせこんなところでケチったところで、荼毘にふされるて焼かれるか、地面の下で蝕まれて腐って行くんですよ(これなら他の生き物を養って大地に帰りますけどね)。日本人の場合、親からもらったからだが五体満足でないと三途の川を渡れない、という考えが臓器移植を阻んでいるのでしょうね。
投稿者:猫
私は脳死状態に限らず、強度の認知症やアルツハイマーでも、
正直、生きて居たいとは思わないです。

まして、自殺を「した」人を否定するようなのは
「傲慢」なのではないかと問い直して欲しいとも思います。

知り合いから、友人の女性が自殺を図ったと言われました。
理由は彼氏の事故死です。
既に何年か経っているそうです。
周囲(両親・友人)は生きるように言っており、
本人も彼氏の事を忘れようと思っているそうですが…。
(どちらかと言うと家の事情の様に聞こえました、
 良家のご令嬢だそうです)

私は…彼女の死ぬ意志の否定は、彼女の心の否定ではないかと思います。
彼女の感情の否定ではないかと思います。
人の心は移ろい変わる物です。
現在の形ですら、本質がある物とは言えません。

しかし、今の感情を、意志を肯定しないと言うのは…。
結局、「社会の都合」でしかない様に思うのです。
人は生まれた以上、いつか死にます。
ならば、「生」自体にそこまで重い価値を置くのであれば、
世界を憎め、神を憎め、糾弾しろと言うのと同じだと思うのです。

「死ね」と言う事ではありません。
「死にたい」と言う人に「なんで?」と問い掛け、
それがどうしようもない時に「そう。頑張ったね。お疲れ様。」と微笑んでそれを許してあげる方が、
余程、その人の事を「認めてあげた」態度ではないかと、そう思うのです。

ラブロマンスや少女漫画を見た事があるなら、問いたいのです。
「変われない」ではなく「変わりたくない」「変えたくない」。
そんな思いもこの世には存在しませんか?
自分の「思い」を「永遠」としたい、「真実」としたい。
そんな風な思いも存在しては居ませんか?と…。

友情も愛情も幻として、執着として切捨て、
ただ理性と博愛のみで生きる事が、どれだけの人にとって、
「幸せ」と思われますかと。
投稿者:ぎったんばったん
『死ぬ権利』!!
お上が喉から手が出るほど欲しがってる権利じゃないんですか?
国民が生涯使う保健費用の一番掛かる時は、終末医療です。

ただ、ちなみに私は賛成です。
病院が『いらっしゃいませ!!』と言う日もそう遠くはないようですね。


投稿者:早雲
@bohさま、こんばんは、はじめまして。
貴サイト、ちょっと覗かせていただきました。中学生と言うこと、びっくりしています。
ご希望がかなって立派な作家になれると良いですね。
またのぞきに来てください。よろしくお願いします。
投稿者:@boh
 はじめまして。今日和。
 今日、"Under the sun"に参加表明させていただいたばかりの@boh(Kyuichiro Akimoto)といいます。
 作家志望の中学生です。
 小泉総理の小恥ずかしい英語を全世界に披露した訪米や、軍事危機を煽るテポドン発射まで、この一週間激動の世界情勢でしたが、あなた方のしている活動がすこしでも世界にとって、そしてこの日本にとって光明となる事を祈っています。
 私は小説で、統一教会の霊感商法・政治癒着問題、731部隊問題、薬害問題、などについて扱っています。
 何かご存知のことありましたら、また現在書いている小説に間違いなどありましたら、私のサイトにコメントしていただけるとうれしいです。
 同志的連帯の挨拶を送ります。

 ---
 「正しい人のままで死なせてください」 
 http://d.hatena.ne.jp/beanguy/
投稿者:早雲
かくまきさま、こんばんは。
「脳死」者はいずれ亡くなる可能性が非常に高いとはいえますが、亡くなってしまった訳ではないのです。臓器を欲しいあまりに他人の死を願うようなことが許されて良いものかということがあります。
もう一つは臓器移植を受けても必ずしも健康な生活を取り戻せるわけではない事があります。
一見善意の臓器提供に因ってかえって患者の命を縮めてしまうことも有るようです。
この話題についてはもう少し考察してみたいと思っています。
1|23

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ