晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:早雲
興味深いことですね。さま、こんばんは。
省エネの件まさに仰るとおりだと思います。
その為に一番大切なことは、「もの」の移動距離を最小にする社会構造を模索することではないでしょうか?
輸出入依存から、内需中心へ、食料も、その他の消費財も。
輸送に消費される石油は莫大で代替えが難しい。
ここを減らすことが出来れば、他の省エネの工夫を加え危険な原子力を使用せずにエネルギーをまかなうことができないでしょうか?
投稿者:興味深いことですね。
早雲さま、なっとくさま
コメントさせていただきます。
一昨年、日本で開かれた国際原子力学会に参加してきました。そのとき、まさになっとくさまのおっしゃるようなことを議長国ブラジルが言っていました。省エネを考えた社会構造を世界が一丸となって目指すのが一番良いのですよね。発展途上国である中国やブラジル、インド、アルゼンチンなど、これから何倍ものエネルギー消費を強いられる国の協力を取り付けるのも重要なことであると思います。彼らともずいぶん議論しました。この先、日本が世界に先駆けて省エネ世界を実現していけば、それに追従する国も現れるはずですよね。ヨーロッパの省エネ先進国とは国情もことなり、もっとも厳しいと考えられますが。手を尽くす価値はありますよね。
投稿者:早雲
なっとくさま、こんばんは。
大事故など可能性のある「リスク」に対する「コスト」は私企業の到底払える物ではなく、政府が国民の税金から対応するか、被害者が泣き寝入りをするかでしょう。
>省エネルギー社会システムを作る方が重要だと思います。
私もこれを強く訴えたいと思います。
投稿者:なっとく
原子力発電のコストを正直に計算したら”法外なコスト”は、あたりまえでしょう。実際は、∞に近いと思います。ただ将来、技術進歩で放射性廃棄物の処理ができるようになる”期待”だけで運用しているだけでしょう。省エネルギー社会システムを作る方が重要だと思います。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~TwinRasen/

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ