晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
私が最近思えるのはどうも
この国の賃金は失業者0の時のエンゲル係数、
とこのときの農家一人当たりの労働報酬が
社会全体の賃金のベースに思えてならないのです。
このときの農家一人当たりの面積がいかほどか?
そして今自由化でこの面積の一人当たりが
いかほどの労働報酬になってるか?
そして社会全体の平均労働報酬をこれよりも下げ、
そのさがくでかえさなければならないようですよ?


食料の価値観を下げて解決した場合には、
何百年ものの年数をかけて解決しなければならないようです。
もうひとつの解決方法は食料の価値観を上げて解決します。
この場合は年数が少なく財政赤字を減らすことが出来るようですよ?。。。
以上の効果として外国へ出した産業が戻り、
起業率アップに繋がり雇用率のアップに繋がります。。。。
高い技術を持つてる内に早く転換すべきです。


















工業製品の開発は、一年に何度も繰り返し実験が出来ます。それゆえに、開発スピードは速くなりますが、農業製品の開発は一年に一度しか実験が出来ません、ですから開発スピードは遅れます。当然開発スピードの速い職業が価値観が出ます。
ここで、工業界の優秀な方々が農業界の開発に携わっても今のスピードと思います。ですから、人のやる仕事です、工業界の平均賃金と農業界の平均賃金は同じになってなければならないのではないでしょうか?(失業者0のとき)。。。。。


以上の観点から、割り出したものです。


http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さん、おはようございます。

>重農主義でも何主義でも良いんです。

何主義でもかまいませんが、くまさんの世界のとらえ方を知りたく思いました。

くまさんの世界観(大げさな物ではありませんが)が私には理解できていないので、これにちかくはないですか?という意味で示しました。
どの様な経済社会であるかによって対応策は有効であったり無効であったりします。
おはようございます、早雲さん!

重農主義でも何主義でも良いんです。財政赤字を減らすための観点から書き込ませていただきました。

http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さん、こんばんは。

お説は、重農主義の考え方に近い気がするのですが如何でしょうか?

「重農主義から見える産業主義近代」
http://sun.ap.teacup.com/souun/161.html

を覗いてみてください。
投稿者:早雲
きゃお さん、こんばんは。
今後ともよろしくお願いします。
投稿者:きゃお
早々の返事有り難う御座いました。更なる学習をいたすつもりです。
50過ぎてから、気づいた点を書き込んでおきます。


この国のいろんな制度の数字合わせができなくなってるのは、根本となる数字の間違いがあるからです(アメリカも同じようですね?)。

次の事を考てみてください。いろんな制度の数字合わせが可能になってくると思うのですがね?


私が最近思えるのはどうも
この国の賃金は失業者0の時のエンゲル係数、
とこのときの農家一人当たりの労働報酬が
社会全体の賃金のベースに思えてならないのです。
このときの農家一人当たりの面積がいかほどか?
そして今自由化でこの面積の一人当たりが
いかほどの労働報酬になってるか?
そして社会全体の平均労働報酬をこれよりも下げ、
そのさがくでかえさなければならないようですよ?


食料の価値観を下げて解決した場合には、
何百年ものの年数をかけて解決しなければならないようです。
もうひとつの解決方法は食料の価値観を上げて解決します。
この場合は年数が少なく財政赤字を減らすことが出来るようですよ?。。。
以上の効果として外国へ出した産業が戻り、
起業率アップに繋がり雇用率のアップに繋がります。。。。
高い技術を持つてる内に早く転換すべきです。


http://seiiti-syouji.at.webry.info/200612/article_1.html#trackback
投稿者:早雲
きゃお さま、こんばんは。
はじめまして。

>日銀の大蔵省つまり政治家からの独立を勝ち取るために

危機感を煽るために操作をするなどとは明らかな越権行為、国家に対する破壊工作そのものです。

>更に政治体制そのものの変革、戦時経済体制の廃止

これも政治の役割であり、日銀は与えられた目的を達成するために「技術的」な能力を発揮しさえすればよいのです。

当人達は「構造改革」を行うためには危機が必要と考え意図的にバブルを形成し破壊しました。
全てはアメリカ流の自由市場経済の導入への伏線です。
米国流が至上の価値と信じているだけなのでしょうが、国民経済にとってはとんでもないことであり、政治のコントロールもなくこの様なことがなされ何の検証も受けないことも「青年将校」の暴走を止められなかった過去を思い起こさせます。


>円を如何に崩壊させ世界通貨に結びつけるのか?何時行うのか?疑問が残ります。

円の信用の源泉は日本の産業力です。貿易収支黒字を維持できる力が有る限り円は崩壊しません。
つまりは貿易収支赤字になるときが危険な時です。
世界通貨に移行するのは「円」ではなく「ドル」が崩壊するときです。
投稿者:きゃお
 アンチロスから参りました。お初です。私も2年前に読んだ「円の支配者」レジュメから引用させてもらいます。素人なのでうまく言えませんが、福井さんの前の総裁たちは、日銀の大蔵省つまり政治家からの独立を勝ち取るために90年代バブルそして不況を演出したと思います。(銀行窓口による信用創造と信用償却による手法を用いて)。更に政治体制そのものの変革、戦時経済体制の廃止(終身雇用制は1920年代まで日本に無かった)、アメリカ流の自由市場経済の導入、この三点を成し遂げる事でインフレ無き、バブル無き、長続きする成長過程にいかに繋いでゆくか。これだ最大の目的であったと考えます。福井さんの目標は、かなりの期間かけてやる「構造調整」、国際的な不均衡の「是正」の二点。セントラルバンクのプリンスの一人である福井さんもFRBの指導の下、世界単一通貨の採用を願っていると思います。個人的な疑問として、円を如何に崩壊させ世界通貨に結びつけるのか?何時行うのか?疑問が残ります。お答え戴ければ幸いです。
投稿者:早雲
仙台のくまさんです さま、こんばんは。

>真犯人は平均賃金の数字の上げすぎから起こってることです。

中低所得層の実質的な所得の低下により国内の購買力が下がり、輸出向け以外の産業が成り立ちにくくなっています。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ