晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:a
日本の高い道徳心とは聞いてあきれる
現実から目をそらすな。日本は文明の発達が遅れた国だって認識は世界中にあるし
俺もそうとしか思えない。帝国が国民にしてきた事がお前の頭には無かった事になってるのか
(とか言うと半島にカエレーとか言うけど、帝国、天皇の被害を一番受けたのは紛れもなく日本国民だからね?どれだけ天皇がおかしかったのか理解できないアホウヨクが多すぎ。)
投稿者:北斗七星
>アメリカでは、訴訟がビジネスである。

その通りです。ですから、アメリカを偽キリスト教国と定義づけせざるを得ない訳です。
(アメリカだけではありませんが)
この道は「滅び」に繋がっている道です。ファティマ第三の秘密を持ち出すまでも無く、第三次大戦への道に繋がっています。多くののキリスト教徒は暴力団以下の存在です。
と書けば、神を冒涜した者とされ、殺されてしまう運命を負うことになります。ちょうどイエスがファリサイ派の律法学者を批難して殺されてしまったように。
投稿者:KA
アメリカでは、訴訟がビジネスである。
投稿者:北斗七星
>、PR活動や世論対策という認識しか持たない東電(に限らず日本企業)のあり方が問題なのだと思います。

確かにその通りだと思います。救いようのない悪人達ばかりだと;;;;;。

ただ、「友達」関係とは超法規的なものだと考える私には、法外な賠償金を要求する精神とはどんなものかが解らない。日本人なら、友達と言われれば、「有る時払いの催促無し」であり、「金を貸す時は遣ったものと思え」であって、そこに法律は介在しないのが「友達」関係であるという偏見を私は持っている訳です。まして、彼らが新約聖書の民であれば、イエスの言辞を知らないはずもないと思うからです。
投稿者:草加耕助
訴訟の論点は情報公開ではないんですか。だって報道によれば訴状は
1)東電だけが入手できた当時のデータによると、原告が活動していた地域における放射線被ばく量は、チェルノブイリ原発から同距離に住み、がんを発症した人々の被ばく量に達していた
2)にもかかわらず東電はこれを日米政府に隠して公表しなかったばかりか「健康に影響はないレベル」という虚偽の報告をした
3)米軍はこれを信じて自分たちを派遣したために被曝した
という構成になっています。

彼らは住民ではないのだから、東電が事故をおこして放射能を漏出させたことを問うているのではなく、情報を隠して「安全だ」という公式発表で騙したことが違法行為なのです。彼らが米軍首脳を訴えるなら、米軍もすでに事故の実態を熟知していながら派兵したことを立証しなくてはなりません。

一応報道によれば、ロナルド・レーガンが三陸沖に到着したのが13日、同日にルース駐日大使が枝野さんに「事故の正確な情報を教えろ」と迫っています。しかし、情報を報告しない東電に菅さんがぶち切れて、海江田さんと細野さんを東電に送り込んだのがやっと15日で、それ以前には東電は政府にも事態を隠してろくに情報をあげてなかったとされています。正確な情報を知った菅さんは首都機能の移転も覚悟するような状態だった。その翌16日には米政府から官邸に人が入る。そして本格的に米に情報が流れるようになったのは22日以降という流れです(公式には)。

米軍は既に知ってたに違いないという方向に議論が行くのも結構ですが、やはり原発についての情報、特にそのリスクや危険性に関することはすべて隠してバラ色の夢ばかりふりまき、事故があっても言い訳ばかりしてきた、要するに情報公開ではなく、PR活動や世論対策という認識しか持たない東電(に限らず日本企業)のあり方が問題なのだと思います。

http://bund.jp/modules/wordpress/?p=11126
投稿者:北斗七星
トモダチ作戦

やっぱり作戦だったわけだ。
友達でも「ともだち」でもなくて、「トモダチ」、とんだ「トモダチ」だ。こんな国民の国と同盟を結ぶのか?。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ