2007/5/6

EM・ONE にQMAIL3を入れ、Gmailの送受信をする〜メール設定編  イー・モバイルとEM・ONE (S01SH)

ということで、メール受信の為の設定編である。Gmailは既にブラウザやOulook等で、送受信が出来ている人向けだ。

まずは、QMAIL3を立ち上げ、ツールメニューからアカウントを選ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
次に、「アカウントの追加」をクリック。

クリックすると元のサイズで表示します
一番上の「名前」に好きな名前(GMAILなど)を入力し、下のOKを押す。

クリックすると元のサイズで表示します
最初に出てくる「一般」タブの、サーバ情報の「受信」には「pop.gmail.com」「送信」には「smtp.gmail.com」を入力。ユーザー情報の「名前」には自分の好きな名前を、アドレスにはGmailのアドレスを入れる。

クリックすると元のサイズで表示します
次の「ユーザ」タブの「受信」の「ユーザー名」にはGmailのメールアドレス、「パスワード」にはGmailアカウントのログインするパスワードを入れる。下の「送信」にも入力が必要。「認証」にチェックを入れた上で、上記「受信」と同じアドレスとパスワードを入れる。

クリックすると元のサイズで表示します
次の「詳細」タブでは、まず上の「受信」のポートの欄に995と入力。その下の「安全」は「SSL」のボタンをクリックする。なお、OpenSSLのインストールが上手く行ってない場合、ここでSSLが選べないので、もう一度確認して欲しい。そして、下の「送信」の「ポート」には465と入力。同様に「安全」はSSLをクリックして完了。

クリックすると元のサイズで表示します
次の「POP3」タブは、「サーバ上のメッセージを削除しない」にチェックすればOKだろう。Gmailでは自宅のPCと同期ができないので、ここで「削除する」にすると、プロバイダのサーバからメールが削除されてしまい、モバイル端末でしかメールが読めなくなってしまう。まあ、ここは利用スタイルによるので、一概には言えないが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
次の「SMTP」タブでは「ローカルホスト」の所に「smtp.gmail.com」と入力。

クリックすると元のサイズで表示します
次の「ダイアルアップ」タブは、上から2番目の「ネットワーク接続していないときにダイアルアップ接続をする」をクリックしておけばOK。無線LANに繋がっている時はその回線を利用し、何も繋がっていない時は自動的にダイアルアップ接続してくれる。下の「エントリ」名で接続先を選ぶ。イー・モバイルの回線に繋ぐ時は「EMモバイルブロードバンド」にしておけばOK。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の「高度」タブは、そのまま何もしないでOKだ。後でメールの振り分け設定をする場合は「自動で振り分ける」にチェックを入れておこう。これで全て完了だ。

あとは、最初の画面に戻り、一番下に並んでいるアイコンの一番右をクリックすれば、設定してあるアカウント(他のプロバイダのものも設定していれば、だが)全ての送受信が自動で行われる。特にエラーがなければ、受信(或いは送信)して終わりだろう。

以上だが、Gmailの設定自体は普通のプロバイダの設定の応用なので、特に面倒ではない。PocketOutlookで読むのもいいが、自動振り分けが出来、動作速度も速いQMAILも一度試してみてはいかがであろうか。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ