SUN RA生活

だらだらサン・ラ道楽日記

 

著者近影

ジャズ部外者による勝手気儘なサン・ラ感想文、その他諸々。基本的にロック野郎っス。押忍。

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かんざわ
おお!貴重な資料をありがとうございます!
非常に参考になります。

『チェイシン・ザ・トレーン』の話は良く聞きますね。逆に、ColtraneからのGilmoreへの影響も気になります。
その辺は、同じテナーマンとしてどうお思いでしょうか?

Gilmoreの参加作も集めなきゃいけませんなあ。取り敢えずラロッカからですかね。

しかし、御大の後輩へのあけすけな妬み振り、素敵ですねえ。「土星から来た大音楽家」にもAEOCが先に欧州で売れてしまった事への恨み言が載ってましたっけ。
投稿者:高良俊礼
こんにちは!早速(ではないですね。遅くなってすいません)やってきました!「大コルトレーン祭」のことまで採り上げていただいてありがとうございます。

サン・ラとコルトレーンの関係性、非常に興味深いですね。コルトレーンは実際にサン・ラ的なことを自分の演奏に取り入れようとしていたフシが伺えます。証拠としてコルトレーンとフランク・コフスキーとのインタビューで、サン・ラからの影響をあっさり認めている発言と、ジョン・ギルモアについて触れている箇所を引用致します。

コフスキー:「(中略)彼(サン・ラ)は、あなたのアイディアの全てを彼から盗んでるし、実際には誰もが彼からアイディアを盗んでいるのだ、と言い張っている(笑)」

コルトレーン:「それも一理はある。私は彼を聴いたことがあるし、私がやりたかったことのいくつかを彼がやっているのを知っている。」

(中略)

コルトレーン:「『チェイシン・ザ・トレーン』のちょっと前の頃には、私はジョン・ギルモアのプレイを聴いていた。だからあの中にはその直接的な影響がある。もっとも、私は彼が誰のプレイを聴いていたが分からないが・・・」




http://www3.synapse.ne.jp/soundspal
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ