起承転結 文章構成 因果関係 助動詞とは 意味から解説しています 正解だけ ずっと考えていても それだけ見ていても わからない部分を見出してもらえるように 全然 関係のない文章を入れています そうした文章を見ながら 意味についてから初めて 起承転結 文章構成 因果関係がよくわからない文章を見て 間違いを理解してください そして そうした学習によって 生み出した結果を 当方に出してもらえたら 報酬を渡せる制度も考えています
基礎講座 下線をクリックしていただきますと 基礎の講座の項目へいきます

0・文章構成 起承転結とは何 その意味

1.基本の基本 文章の書き方 起承転結とは その意味を解説

2.基本の基本 文章の書き方 一文の構成 文章構成 起承転結も含む

3.起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと  これも文章構成かも

4、起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと2因果関係編

5,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因 (他人の因果関係を崩壊させるもの)

6,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因を防ぐために (他人の因果関係を崩壊させるもの)

7.無理やり推測してもらうためには 起承転結のミス  因果関係のミスのカバー





3.起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと これも文章構成かも

2009/6/27 | 投稿者: fyi0007






言いたいこと テーマはひとつにして
文章を書く事です。

脱線するときには 関連とか
コラムとか 違う話とか という具合にしっかり示すこと

また 時系列を抑えることができれば良いです。
読者の頭が順序立てて、考えれるようにわざと 時計の時間を入れるのも効果的かもしれません。
但し、やりすぎるうざい感じになります。

コラム こうしたことも起承転結を作る文章の上では必要かもしれません。
=前にした動作を入れること=

例 睡眠の我慢という行動が人生を変えていった気がします。 
変えた人生は幸せと感じれるものでした。

こんな感じです。
















コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ