起承転結 文章構成 因果関係 助動詞とは 意味から解説しています 正解だけ ずっと考えていても それだけ見ていても わからない部分を見出してもらえるように 全然 関係のない文章を入れています そうした文章を見ながら 意味についてから初めて 起承転結 文章構成 因果関係がよくわからない文章を見て 間違いを理解してください そして そうした学習によって 生み出した結果を 当方に出してもらえたら 報酬を渡せる制度も考えています
基礎講座 下線をクリックしていただきますと 基礎の講座の項目へいきます

0・文章構成 起承転結とは何 その意味

1.基本の基本 文章の書き方 起承転結とは その意味を解説

2.基本の基本 文章の書き方 一文の構成 文章構成 起承転結も含む

3.起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと  これも文章構成かも

4、起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと2因果関係編

5,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因 (他人の因果関係を崩壊させるもの)

6,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因を防ぐために (他人の因果関係を崩壊させるもの)

7.無理やり推測してもらうためには 起承転結のミス  因果関係のミスのカバー





6,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因を防ぐために(他人の因果関係を崩壊させるもの)

2013/6/23 | 投稿者: fyi0007










6,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因を防ぐために(他人の因果関係を崩壊させるもの)

自分にとって 当たり前、
でも 他人にとっては全く意味がわからないことを説明しないために こんなことが必要です。
そのためには
何ら前触れもなく
あなたが聞き手の経験したことのない話をしないこと
説明
何ら前触れもなく
あなたが聞き手の経験したことのない
話をしたら、聞き手は今までの経験から推測が立てれなくなります。
よって 聞き手はそういった話を文からしか考えれません。
あなたが仮に論理的にまずい文章になれば 、全く不明な文章になります。
あなたも僕も 文章の改善は出来るかもしれませんが、完璧は無理です。

よって 他人に推測をしてもらって、わかってもらうしかない という現実を受け入れてください。

ちょうど 携帯電話で電話をする行為を一から十まで話すくらいの勢いで、
すべての出来事を文章にしていたら、 逆に 読み手はその文章を読むのが難しいと感じます 
大変だから やーめたになります。


















コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ