起承転結 文章構成 因果関係 助動詞とは 意味から解説しています 正解だけ ずっと考えていても それだけ見ていても わからない部分を見出してもらえるように 全然 関係のない文章を入れています そうした文章を見ながら 意味についてから初めて 起承転結 文章構成 因果関係がよくわからない文章を見て 間違いを理解してください そして そうした学習によって 生み出した結果を 当方に出してもらえたら 報酬を渡せる制度も考えています
基礎講座 下線をクリックしていただきますと 基礎の講座の項目へいきます

0・文章構成 起承転結とは何 その意味

1.基本の基本 文章の書き方 起承転結とは その意味を解説

2.基本の基本 文章の書き方 一文の構成 文章構成 起承転結も含む

3.起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと  これも文章構成かも

4、起承転結で文章を構成するために押さえておくべきこと2因果関係編

5,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因 (他人の因果関係を崩壊させるもの)

6,起承転結がきっちりかけない もうひとつの要因を防ぐために (他人の因果関係を崩壊させるもの)

7.無理やり推測してもらうためには 起承転結のミス  因果関係のミスのカバー





2.助動詞とは その意味も解説 基本の基本 文章の書き方 一文の構成 文章構成 起承転結も含む

2009/5/10 | 投稿者: fyi0007




助動詞とは その意味を開設します
能動態 ーーする
受動態 ーーされる ーーられるで構成されています
その使い方の例です
ーーだ ーーです ーーらしいも 助動詞ですが
今回は 能動態 受動態という 文章の分かりやすさを左右するものを
ピックアップします
基本の基本 文章の書き方 一文の構成 文章構成 起承転結も含むについて
構成1 
主語   目的語  述語 動詞
ーーは  −−を  する
例 ぽちは公園の遊び場を歩いている
構成2
ーーが  −−に  ーーさせる
          −−られる
例 みかちゃんがポチに吼えられる
  とか
  みかちゃんがぽちにお座りさせる

というぐあいです

構成1は 主体者が実際に実施するので 能動
構成2は 主体者が第三者に何かをさせる 受動

という概念で呼ばれています。

こうした要素を組み合わせて 校正した結果 起承転結になれば、
そうした文章は起承転結のしっかりした文章とみなされます。



ねじが合わないから 組みあがらない そうってしまっています。
起承転結のない文章は起承転結を理解できないから、
起承転結がない文章が作られた。それだけが原因とは一概に言えません。

なぜなら 構成する単文字体が破綻しているからかもしれないからです。


















TEACUPブログにて初めての書き方を考える上で新しくわかった事を記載します。
「デザイン変更」にて
「トップページ編集」のボタンを押すとタイトルの次の文章の
形で文字が打てます。




コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ