2009/3/30

横溝正史  

マイ・ベスト・ミステリーY(文春文庫)に収録されている、横溝正史の昭和21年の作品「神楽太夫」を読んだ。後の「本陣殺人事件」の下書きのような小品だが、じわじわと怖さが伝わって来る。ありそうにないことを、いかにもにもありそうに書く手法は、谷崎潤一郎から学んだと、彼は結んでいる。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ