2009/4/29

白い春  テレビ

ビルの清掃会社で働きはじめた春男(阿部寛)は、泣いているさち(大橋のぞみ)と出会う、同級生の男の子達に取られた、亡き母親の写真が風に飛ばされ、木に引っ掛かったという、写真を取ってやった春男は、それが真理子(紺野まひる)の写真だったことに驚いた。さちは、真理子と康史(遠藤憲一)の娘で、佳奈子(白石美帆)は、真理子の妹だと、さちは告げる。そんなある日、春男は、さちが、男の子達に下校時、いじわるされているのを目撃、男の子達を脅して、もうさちに構わない事を約束させるが、親たちが、警察に通報してしまう。康史は、春男が実の父親であることを、ひた隠し、さちを春男から遠ざけようとする。インターネットでなんでも検索できる時代背景も考慮され、まわりの人物からも、真実が浮かび上がって来る。何より、大橋のぞみちゃんが、可愛いくて、春男を怖がらない演技もうまい。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ