2009/11/18

きみの友だち  

新潮社文庫、重松清著「きみの友だち」を読んでいる。短編が連なってゆるやかな長編を形作っているお話で、短編ごとにきみという主人公が入れ替わってゆく、小学校4年生から、中学校3年生まで親友だった、恵美と由香、小学校6年から中学校まで、ライバルで友達の、ブンとモト、思春期の微妙な心の動きが主人公の目を通して、生き生きと描かれていて、自分の小学校や中学校の時のことを、重ね合わせながら読み進んでいる。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ